ピクシブ百科事典

パトゥーリア

ぱとぅーりあ

「機動新世紀ガンダムX」に登場するモビルアーマーである。
目次[非表示]

概要

型式番号はMAN-03。宇宙革命軍が開発したニュータイプ専用決戦兵器で、戦艦のような通常形態から下部の艦船状の部分が中央から2つに開いた攻撃形態に移行する。

全長617m、全高だけでも105mとガンダムシリーズに出てくるモビルアーマーでは最大サイズである。戦艦すらも上回る巨体にもかかわらず、各所に内蔵したフィールドジェネレーターのおかげで浮遊が可能になっている。更にこのフィールドジェネレーターはビーム兵器を無効化するバリアとしても機能する。

武装は地上でもオールレンジ攻撃が可能な30基の有線ビーム砲と機体各所に装備された荷粒子砲により圧倒的な火力を誇る。制御にはニュータイプ一人を生体部品としてサイコミュ・ダクトと呼ばれるカプセルに組み込まなければならず、しかも組み込まれた人間の精神とパトゥーリアのシステムが同化してしまう危険性がある。また巨体故に近接戦闘には無防備なため、ベルティゴが護衛として随伴するのが本来の運用法であった。

地球侵攻用に開発された超弩級兵器であり、本来は少数で対処できるような存在ではない怪物MAであるが、劇中では無理矢理カリスを生体ユニットに組み込んだ事により拒否反応が起こり、更にガロード達の呼びかけで動きが停止した所を内部から制御ユニットを引き抜かれ、本来のスペックを発揮する事無く崩壊するフォートセバーン市に沈んでいった。

劇中の活躍

コロニー落としが行われる数ヶ月前、ニュータイプ部隊を地球に派遣して各主要都市を制圧する「ライラック作戦」の切り札として投入されたが、事前に情報を察知した連邦軍に阻まれて損傷(この時参加していたのは若き日のジャミル・ニートであった)。ドーラット博士が墜落地点にフォートセバーンを築き、表向きは有能な市長を装いつつ裏では修復作業を進めていた。それから15年後、自身の最高傑作と称するカリス・ノーティラスを生体部品として組み込むことで起動。フォートセバーンを焼き払い、フリーデンのガンダムチームを追い詰めたが、ティファ・アディールの説得によってカリスが心を取り戻したことで攻撃が一瞬停止した隙を突いてガロード・ランが内部に突入する。カリスを取り戻され、追い詰められたドーラット博士が自殺したことで制御を失い、完全に沈黙した。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX モビルアーマー ベルティゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「パトゥーリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5127

コメント