ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

型式番号はMAN-003。宇宙革命軍が開発したニュータイプ専用決戦兵器で、戦艦のような通常形態から下部の艦船状の部分が中央から2つに開いた攻撃形態に移行する。


パトゥーリア

全長617m(完全に「艦体」を開いた場合1㎞を超える可能性あり)、全高だけでも105m、重量は3万8800tと、本作どころか全てのガンダムシリーズに出てくる機動兵器(コロニーレーザーデビルガンダムコロニーのような、要塞そのものが兵器となっているものは除いた)中では文句なしに最大の機体。戦艦すらも上回る巨体にもかかわらず、各所に内蔵したフィールドジェネレーターのおかげで浮遊が可能であり、更にビーム兵器を無効化するバリアとしても機能する。


機体制御にはニュータイプ1人を制御ユニット内の生体部品として『サイコミュ・ダクト』と呼ばれるカプセル(人工ニュータイプのカリスが後遺症の発作を起こした際に入れられた治療カプセルによく似ている。生体部品としての際は治療時と同じく全裸にされてカプセルに入れられているため、投薬等の処理が共通している可能性がある)に組み込まなければならず、時間が経ち過ぎると組み込まれた人間の精神とパトゥーリアのシステムが同化してしまい、生体部品にされた人間の自我が失われる=精神崩壊を起こす危険性がある(要はガンダムシリーズ恒例と化したパイロット道具としか考えていない機体)。また武装は地上でもオールレンジ攻撃が可能な30基の有線ビーム砲と、機体各所に装備された4門の荷粒子砲のみで巨体故に近接戦闘には無防備な為、ベルティゴが護衛として随伴するのが本来の運用法であった。


破格の性能を誇る超弩級兵器であるものの、同じ宇宙革命軍が開発・保有したサイコミュ武装搭載のフェブラルと比較すると、無線攻撃端末を有していない上にそれ以外の通常武装が4門の荷電粒子砲のみと明らかにローテクなのは否めず、しかも希少な存在であるニュータイプを消耗品にしている実態も合わせると、運用上のコストパフォーマンスも極めて悪く、シリーズ歴代のサイコミュ搭載機甲兵器では「最も劣悪」と酷評できてしまう有様である。事実上、その巨体のリソースの大半は浮遊・防御用のフィールドジェネレーターの出力の方に廻されていると断言しても過言ではない。


劇中の活躍

コロニー落としが行われる数ヶ月前、ニュータイプ部隊を地球に派遣して、当時の南米にあった連邦軍本拠地を強襲・制圧する電撃作戦『ライラック作戦』の要として投入されたが、事前に情報を察知した連邦軍に阻まれて地球に墜落(この時、阻止に出た旧連邦部隊に参加していたのは若き日のジャミル・ニート、パトゥーリア護衛を務めていたのがランスロー・ダーウェルであった)。作戦に参加しパトゥーリアと共に地球に降りたドーラット博士は、隠れ蓑として墜落地点にフォートセバーンを築き、表向きは有能な市長を装いつつ、本機の修復作業を進めていた(南米に向かうも大気圏突入前に敵に攻撃・妨害されて北米に落ちてしまった点は初代ガンダムホワイトベースがジオンに嵌められた時のオマージュであろう)。


そして墜落から15年後、ドーラット博士は「自身の最高傑作」と称するカリス・ノーティラスを生体部品として組み込んで遂に起動。

パトゥーリア

悲願であったライラック作戦の第一歩として、もはや用済みとなったフォートセバーンを焼き払う。凶行を止めるべく出撃したフリーデンのガンダムチームを有線ビーム砲で追い詰めたが、ティファ・アディール説得と呼びかけによってカリスが心を取り戻すと、一時的に攻撃が止んだ隙を突いてガロード・ランが内部に突入。カリスの組み込まれた制御ユニットを引き抜かれた上に同乗していたドーラット博士の狂気についていけなくなったエニル・エルも逃走し、追い詰められたドーラット博士が自殺して完全に制御を失い、崩壊するフォートセバーン市に沈んでいった。


関連動画


余談

スーパーロボット大戦』シリーズにおいては、量産化されて最後の方のマップでゾロゾロ出てくることがある。


SDガンダム聖伝

魔王軍の率いる巨大貝獣として登場。幹部を除けば間違いなく魔界最強の怪物。

昼間は殻を閉じて寝ているが、夜になると殻を開き、1つ目のヤドカリとなってリオン・カージを襲う。戦士マルハチの故郷であるコジマ村も滅ぼした。

最後は剣士エックスにより葬り去られた。


漫画版ではウィッチガーベラに操られ、剣士エックスに倒されたウィッチガーベラが死に際に全ての魔力を注ぎ込まれて暴走を開始。討伐軍を吸い込んで魔界送りにしようとした。


関連タグ

機動新世紀ガンダムX モビルアーマー ベルティゴ ノモア・ロング


ガンダムシリーズ

ブラウ・ブロ機動戦士ガンダム):おそらく元ネタ。ただしブラウ・ブロには目立った防御機構はない上、大きさにも差が有り過ぎるので、ビグ・ザムとの複合もあり得るかも知れない。


アプサラス(ガンダム):『ライラック作戦』の概要(=宇宙から直接降下し敵本陣を奇襲)から考えると、こちらも元ネタの一端と思われる。


ゾディ・アック戦艦を思わせる超弩級MA」「有線式サイコミュ兵器大型光学兵器の両方を備える」などの類似点があり、こちらも元ネタの可能性がある。


ラフレシア(MA):ゾディ・アックと同様の類似点が複数見られる兵器。


RFグロムリンⅡ:後に登場した類似点のある大型MA。

関連記事

親記事

宇宙革命軍 うちゅうかくめいぐん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25674

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました