ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

形式番号RMSN-008
頭頂高18.5m
重量7.2t
武装ビームサーベル、内蔵型ビームライフル、マシンキャノン、ビット
パイロットカリス・ノーティラス ランスロー・ダーウェル ジャミル・ニート

概要

第7次宇宙戦争時に宇宙革命軍が投入したニュータイプ専用モビルスーツ
フラッシュシステムを介して脳波コントロールされるビットを12基搭載する。
コロニー落とし作戦が行われる数か月前に宇宙革命軍が計画した地球降下作戦「ライラック作戦」に投入された。ライラック作戦はベルティゴ5機とパトゥーリアを地球へ降下させ、先に地球に降下していたナーダ・エル将軍率いる潜入部隊と合流、連携して地球連邦中枢部を殲滅すると言う段取りであった。
しかし作戦開始の地球降下直前に連邦軍に察知され、連邦軍の襲撃でベルティゴ部隊は壊滅し、パトゥーリアも軌道を外れて北米に落下した。もし作戦が無事に成功していれば戦争は革命軍勝利で終わっていたと言われている。
尚、ライラック作戦に参加したランスローが当機に搭乗し、ジャミルの乗るガンダムXと交戦している。

カリス・ノーティラスが乗る機体は、ライラック作戦時にMAパトゥーリアと共に降下した予備パーツから組み上げた機体である。

劇中では、ビットによるオールレンジ攻撃により、一度はガンダムXを圧倒して、機体のサテライトシステムやシールドバスターライフルを破壊した。しかし、ガンダムXディバイダーとの戦闘ではビットを全機撃破され、敗北を喫している。
ジャミルが使用した際や物語後半で再登場した際は、ビットを一度も使用してはいないが、基本性能はガンダムタイプのMSに匹敵するものを持っている。

ゲーム作品では

スーパーロボット大戦

α外伝』・『R』・(無印の)『Z』で参戦。後半において仲間になるカリスの機体として味方機として使える他、一部作品では革命軍兵も乗ってくる。

ガンダムVSシリーズ

エクバ2の全国大会が近い時期である2019年8月末より参戦。中コストの2000。パイロットはカリスなのだが、担当声優である水谷優子が2016年に逝去したことから、今作から遠藤綾が後任を担当することになっている。
ニュータイプ専用機らしくビットを自身の周囲→順次発射orオールレンジ攻撃が可能。
最大の特長として格闘不可になる代わりにビット単体射出や照射ビームといった専用の射撃武装が使えるようになるホバーモード。移行時に誘導切り効果があるので隙が少なく、この状態からのビットは(本作においてオールレンジ兵装が強化された機体らと比べても)取り付き性能がとても優秀で、ホバーモードになるチャンスを与えると避け辛い弾を撃ち込んでくる。
その遠距離から厄介な攻撃を仕掛けてくる様から、前作の時代で全国大会に近い時期に参戦し猛威を振るったAGE-2ダークハウンドよろしく、早々に多くのプレーヤーらから要警戒機体として認識されてしまい、9月5日アップデートでホバーモード移行時の誘導切り効果削除及び同モード中のファンネル弱体化と下方修正されてしまった。また、機体参戦から1週間で緊急修正を受けたのは同じく新機体として参戦したライトニングガンダムフルバーニアンに並ぶ最速タイである。

関連項目

機動新世紀ガンダムX カリス・ノーティラス ビット

関連記事

親記事

宇宙革命軍 うちゅうかくめいぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルティゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46081

コメント