ピクシブ百科事典

ジェニス(ガンダムシリーズ)

じぇにす

「機動新世紀ガンダムX」に登場する量産型モビルスーツ。
目次[非表示]

概要

第七次宇宙戦争時代に宇宙革命軍が開発し運用した量産型モビルスーツ
肩部にはスパイクがあり、頭部には2本のカメラ用スリットが入っている。旧連邦軍のドートレスと同様に大戦後の地球には多くの陸戦用機体が流出しており、バルチャーなどのMS乗りによって運用された。劇中では地球に残存した非正規かつ粗雑な整備しかされてないケースの機体が多いとはいえ、15年経っても稼働し続けるあたり本機の優秀性が伺える。宇宙革命軍本国では大半の機体が引退し警備用などに回されているがもちろん正規の整備がされている純正革命軍仕様機体は地上に残された非正規機体より基本的な性能は勝っていると思われる。
内蔵武器に肩部のショルダーバルカンと脇腹部のマシンキャノン。携行武器は旧革命軍規格のマシンガンやビームライフル、バズーカが標準装備。ライフルとマシンガンはどちらも銃剣としての使用が想定されており、マシンガンは銃身下部にビームサーベルを取り付けるが、ビームライフルは銃口からはビーム刃を直接出すことができる。
名前の由来は6月(June)のもじり。宇宙世紀でいうところのザクポジション。

バリエーション

RMS-006G ジェニス改

劇中で多く登場した地球での地上戦に用いられた陸戦用の機体。肩部のスパイクやバーニアがオミットされている。劇中では多くのバルチャーが独自のカスタマイズを施している。

クロッカオリジナル

ジェニス改の非正規カスタマイズバリエーションの一種。機体色は茶色と紫。頭部にはパイロットのモヒカンを意識した飾りがついている。セントランジェを襲撃した際、ガロード・ランに無力化され即売りに出されてしまっていた。

スラッシュバッファロー

ジェニス改の非正規バリエーションの一種。機体色は真紅。各所に装甲が追加されている他、頭部にはツノ飾りが付いている。ヴェドバ・モルテが搭乗し、ガンダムXを手に入れんと襲撃するが居合わせた同業者に撃墜された。

ロッソ隊仕様

ジェニス改のバルチャー用カスタマイズの一種。機体色は赤。肩部は宇宙仕様と共通である。

サテリコン仕様

機体色はオレンジで肩部はジェニス改と同じスパイク無しの仕様。反革命軍勢力サテリコンが鹵獲し主力として運用していた。掃討作戦に出た革命軍を迎撃したが、携行していたマシンガンやバズーカが最新鋭のクラウダの重装甲を前に通用せず一方的に撃墜された。

エニルカスタム

機体色は青。エニル・エル専用にカスタマイズされたジェニスだが、改修作業は顔なじみであるシーバルチャーのルマーク・カウトが行った。主に機動力が強化されていてホバー移動が可能になっている他、頭部のスリットはモノアイが完全に露出する形状になり、頭頂部にサブカメラが追加されている。パイロットの技量もあって当時の正規勢力の最新鋭機とも互角に渡り合っており、他のカスタム機と比べて高い活躍を見せている。
当初の装備はマシンガンとビームサーベルのみだったが、最終決戦ではビームライフルとバズーカを装備してフリーデンⅡの護衛に専念していた。

ガスパカスタム

外伝作品「UNDER THE MOONLIGHT」に登場するバルチャー、ガスパが使用した機体。ウェストバルカンを廃して左肩のショルダーバルカンを三砲身式に換装。左前腕にはグフカスタムの持つヒートロッド(ヒートワイヤー)に似た機能を持つワイヤーを内蔵し翼の様に開くヒート系の刃が付いたガントレット型複合兵装を装備している。

関連タグ

機動新世紀ガンダムx エニル・エル

コメント