ピクシブ百科事典

ディクセン・ホーネット

でぃくせんほーねっと

漫画「機動新世紀ガンダムX〜UNDER THE MOONLIGHT〜」に登場するMS。
目次[非表示]

概要

第8次宇宙戦争(TV本編)から9年後のA.W.0024年。国交を回復した地球とコロニーの間では様々な技術が行き交い、それらを融合・昇華したものもあった。
そのため、コロニーで開発された本機の外見は旧革命軍のMSを踏襲した上でそこに連邦系の技術を組み合わせた独自の構造となっている。

通常の機体サイズ(19m)でありながら、新連邦の試作MSガブルのフィールド・ジェネレーターを搭載しており、斬りかかった敵のビームサーベルを消してしまう程の出力を誇る。
装甲材質にはガンダムタイプのルナ・チタニウム合金を採用して装甲をより厚くしており、ガンダムタイプはおろか、前世代機のクラウダすらも上回る防御力を持つ。
装甲は二重となったフルアーマーのような構造になっており、フィールド・ジェネレーターを突破された場合でも厚い装甲で耐え切れるような構造になっていると思われる。
また、想定されていたどの投入領域でも性能を100%引き出せるよう様々なオプションが用意されている他、ビットMS仕様もあり、作中内では後述のモードエックスから一括で制御される。(ただし、モードエックスで起動した場合は親機との機体の差異がはっきりしてしまう。)
過去に製造されたMSと部品の互換性があるようで、既存の機体に部品を組み込んで稼動試験が行なわれ、ガンダムXやガンダムベルフェゴールの改修の際にも部品が用いられている。

モードエックス

X装備として用意されていたサテライトキャノンとは別に、鹵獲したガンダムXを解析したデータから改良されたものを標準装備したのがこのモードエックスである。

X装備で問題になっていた冷却システムが改善されている他、従来の肩掛け式から取り回しに優れた腰溜め式に変更し、接近戦用のビームソードを収納した銃尻から本体に接続されたチューブからエネルギーを供給する。
同時に本体も大規模な改修が行われ、追加装甲を持たないことから通常のディクセンよりスリムな体型になった。
また頭部もモノアイからツインアイに変更されており、ガンダムXを強く意識したデザインとなる。
更にNシステムとの連動で一般のパイロットでもフラッシュシステムが使用可能となっている。
複座仕様のため、パイロットとは別にNシステム用の人員を載せる事も可能。
代替システムを用いているためかサテライトシステムへのアクセスにはニュータイプは不要なようで、X装備の時点でサテライトキャノンを使用している。

なお、モードエックス及びビットMS仕様のディクセンには、表面にレムレス塗装が施されている。カメレオンのように周囲の背景と同化することで姿を消し、敵の視覚外からの奇襲を可能としているが、あくまで背景と「同化」しているだけであり、太陽光によって浮き出る影はそのままという弱点がある。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX サテライトキャノン

コメント