ピクシブ百科事典

ガンダムレオパルドデストロイ

がんだむれおぱるどですとろい

ガンダムレオパルドデストロイとは、「機動新世紀ガンダムX」に登場するMSである。
目次[非表示]

データ

形式番号GT-9600-D
全長16.8m
重量8.6t
装甲材質ルナ・チタニウム合金
パイロットロアビィ・ロイ

概要

ガンダムレオパルドの改修機。通称「レオパルドD」。ガブルとの戦闘で中破したガンダムレオパルドに、キッド・サルサミルのアイディアに基づいて大規模な改修を加えた機体。
ガンダムレオパルドは従来から多数の火器を搭載していたが、ガンダムレオパルドデストロイになってから更なる重武装化が図られる。主武装であったインナーアームガトリングは左右2連装のツインビームシリンダーに変更される。宇宙での戦闘を想定して、グレネードランチャーをリストビーム砲に、頭部のヘッドバルカンとヘッドキャノンをヘッドビーム砲に変更するなど、ビーム兵器の増加が図られた。これらは並行して行われたジェネレータ出力向上の恩恵に拠るものである。この他にも肩部分の武装が一新され、両肩には4門のショルダーランチャーを装備。右肩のショルダーミサイルはセパレート化して左肩にミサイルポッドとして装着。 右肩には2連装のビームキャノンを装備された。さらには接近戦装備としてヒートアックスも追加されている。従来からのブレストガトリング、ホーネットミサイル、セパレートミサイルポッド、ビームナイフはそのまま残された。ただしこれらの武装が全て使われる事は無かった。

両肩のビームキャノン、11連ミサイルポッドはハードポイント接続となっている。ガンダムレオパルドに輪をかけて重武装となっているが、重量はさほど変わっていないため機動性は損なわれていない。カラーリングは緑色から赤茶色に変更されている。

武装(無印レオパルドから継続している物は名称のみ表記)

ツインビームシリンダー
インナーアームガトリングに代わるメインウエポン。「ツイン」の名の通りに両腕に装着される。通常はアームによってバックパックに装着されており、使用時には腕に装着する。インナーアームガトリングより小型化はなされているが破壊力は変わっておらず、単純計算すれば以前の2倍の威力を得る事が出来る上に左右二方向に射線を分ける事も出来れば正面に集中して弾幕を貼る事も出来る利便性が有る。小型化によって肘関節が露出する構造になり、インナーアームガトリングよりも射線がとりやすくなっているため、攻撃力、機動力、命中精度がそれぞれ向上した事になる。
右腕用は四砲身ガトリング砲、左腕用は多種のビーム砲を束ねた複合ビーム砲になっている。

ヘッドビーム砲
ヘッドバルカン・ヘッドキャノンに代わって頭部側面に装備された小型ビーム砲。ゲーム作品では他のガンダムのヘッドバルカン相当で採用される事が多い。

リストビーム砲
グレネードランチャーに代わって右腕に装備された大径1門、小径4門の5連装ビーム砲。
ツインビームシリンダーを装着すると、腕ごと収納されてしまうため使用不可になる。

11連ミサイルポッド
右肩にあったショルダーミサイルは右肩駆動部の改良の為セパレート化され、左肩アーマーのハードポイントに連装型ランチャーポッドの形で装備されている。

ショルダーランチャー
両肩アーマーに左右二基づつの計4門装備された追加武装。ショルダーミサイルを移動させた際に余裕の出来た両肩部アーマーに追加されたものである。一応アニメ最終話での使用描写が有るもののビーム兵器なのか実弾兵器なのかは資料によって曖昧である。

ビームキャノン
右肩ハードポイントに装備された2連装ビーム砲。稼動範囲が広いため広範囲の敵を射撃出来る。

ブレストガトリング
ホーネットミサイル
ビームナイフ
セパレートミサイルポッド

ヒートアックス
ハンドガードの付いた手斧状の白兵戦用武装。高温に熱せられた特殊金属の刃で敵の装甲を熔断する。不使用時は左腰部に装着される。本編未登場。

関連タグ

ガンダムX
ガンダムレオパルド
ロアビィ・ロイ
ガンダムXディバイダー ガンダムDX
ガンダムエアマスター ガンダムエアマスターバースト

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムレオパルドデストロイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2950

コメント