ピクシブ百科事典

バルトール

ばるとーる

バルトールとは、スーパーロボット大戦OGシリーズに登場するリアルロボット(ゲシュタルトシリーズ)である。
目次[非表示]

概要

ウォン重工業が開発したゲシュタルトシリーズであるミロンガを発展させた新型の人型機動兵器。
外見は骸骨のような不気味な姿になっており、腕は長く伸びて多関節となっている。
機体色は白であるがアクセントとして関節と頭のセンサーを赤く塗ってある。
ミロンガとは違い、一部簡略化されているが、量産性と拡張性に優れ、腕に様々な換装武器を取り付けることが可能である。
ミロンガと同様で機動力があり、テスラ・ドライブを装備しているために飛行が可能であるが、最大の弱点である装甲の薄さも受け継いでしまった。
ODEシステムを搭載しており、敵と交戦して得られたデータを全てのODEシステム搭載機に転送して共有し、学習する事ができるため、一度使った戦法が通用しなくなるほか、戦闘を重ねれば重ねるほどデータが膨大になり、強くなっていくのも特徴である。
しかし、ODEシステムを制御するにあたって生体コアとなる人間が乗らなければならないことや、攻撃範囲が広いMAP兵器では回避することが出来ないという欠点もある。
元々地球連邦軍の新型機として採用される予定であったが、ODEシステムの開発者であるヴィルヘルム・V・ユルゲンが地球連邦に反旗を翻して「バルトール事件」を引き起こしたため、採用されることはなかった。
連邦軍の所属識別信号を発信しているため、敵機と認識しない。
バルトール事件の後、ユルゲンを殺害したデュミナス一派が使用することになった。

スペック

分類:ゲシュタルトシリーズ
形式番号:VTX-001
全高:21.0m
重量:40.0t
空中浮揚機関:テスラ・ドライブ
補助MMI:ODEシステム
開発者:ジジ・ルー
製造:ウォン重工業
搭乗者:生体コア,無人(ODEシステム)

武装

マイクロ・ミサイル
アーム・マシンガン
エネルギー・ナイフ

必殺技

ダンシング・ドールズ

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦OGs
ヴィルヘルム・V・ユルゲン ジジ・ルー リック・ウォン
ラミア・ラヴレス
ミロンガ ゲシュタルトシリーズ
デュミナス

コメント