ピクシブ百科事典

ラトゥーニ・スゥボータ

らとぅーにすぅぼーた

『スーパーロボット大戦』シリーズに登場するアーマードモジュール(ロボット)のパイロット。
目次[非表示]

声優:平井理子
年齢:14歳
所属:スクール → DC → 地球連邦軍新特殊教導隊(階級は少尉

概要

アラド・バランガゼオラ・シュバイツァーと同じ連邦のパイロット養成機関である「スクール」の出身者で、「ラトゥーニ」という名前は彼女がラトゥーニ(=латунь、ロシア語で「真鍮」の意)クラスのナンバー11だった事に由来する。
スクールでの肉体強化措置と訓練により高い戦闘能力を有するが、それが原因で極度の対人恐怖症になった経緯がある。
そんな所をジャーダ・ベネルディガーネット・サンデイに救われ、以後「家族」として接せられた事で彼らに心を開いていった。
ジャーダとガーネットが連邦軍の兵士であったことから、経緯は不明だが彼女も連邦軍のパイロットとなっている。

スーパーロボット大戦OGシリーズはスパロボオリジナル作品キャラクターのみで構成されるシリーズだが、彼女はその作品におけるオリジナルキャラという立ち位置にある(ただし後述するが「α」シリーズに設定のみ存在する)が、他のスパロボオリジナルの女性キャラクターに勝るとも劣らない人気を有している。

彼女を象徴しているのがメイン画像にもあるゴスロリ風ファッション。ガーネットに着せられた事から始まっており、当初本人はもの凄く困惑していた。心を閉ざしていたせいで大人しく地味だった彼女が突然この姿で戦場に現れたので当然自軍メンバーは衝撃を受けた。中にはラトゥーニと気付いていなかった者まで…

シャイン・ハウゼン王女とは友人同士であり、リュウセイ・ダテに対しては好意を寄せている。

登場作品

初登場作品。最初は眼鏡をかけており素顔が見えない。
元々冷静な上に口調も乏しく、しかもジャーダとガーネット以外には心を閉ざしていたが、リュウセイ達を切っ掛けに次第に周囲に対して心を開くようになっていった。また、シャイン・ハウゼンとも交流を築き、後に親友となる。
ゴスロリ衣装及び眼鏡を外した姿は当初は1話のみのスポット参戦(スクランブルで着替える暇が無かった)だったが、眼鏡については「かけていない方がいい」というシャインの意見とショーンの「命令」で外すことになり、衣装もゴスロリのままになった。

本作では専用機が存在しない上に初期機体が戦闘機と貧弱だが、ステータスの高さと「天才」技能によって、戦闘機時代から避けまくる隠れた強キャラとなっている。リュウセイがビルトラプターからR-1に乗り換えた後ビルトラプターに搭乗するが、ヒュッケバインMk-ⅡR-GUNなどに乗せても強く、格闘のステータスも高いためグルンガストなどに乗せても面白い。

R・H・B


専用機「フェアリオン」が登場(画像左側)。ある意味彼女のキャラクターを決定づけた。
本作ではビルトラプターが登場しない上に、ヒュッケバインMk-Ⅱは型落ちで弱体化しており、ヒュッケバインMK-ⅢとR-GUNパワードは実質念動力必須となったためフェアリオン乗り換えまでは乗機に難儀することになる。つなぎとしてはアルブレード辺りが無難なのだが、これがOGSでえらい事になるとはこの時点では誰も思わなかっただろう。フェアリオンは本作最高クラスの回避能力を持ち、全体的に敵の命中率が高い本作でも攻撃を避けまくることができる。

ちなみに本作でも中盤以降ゴスロリ姿になる。

基本はOG1・OG2と同じだが、「ディバイン・ウォーズ」における設定が組み込まれており、眼鏡は中盤以降シャインがプレゼントしたものになり、瞳が見えるようになる。一方ゴスロリ服は「フェアリオン」搭乗時や同機の合体技「ロイヤルハートブレイカー」使用時など一部除きカットされてしまっている。
なお本作ではビルトラプターをOG1時代の最終搭乗機としており、OG2シナリオでも引き続きラプターが使える。
OGSの番外編及びOG外伝では新生教導隊のメンバーとして活動するようになった。

ちなみに本作にて初めてCVが設定されたのだが、OGSで彼女をアルブレードに乗せてブレード・トンファーを使うと「リュウセイみたいにやってみる」と言う事がある。
直後に繰り出される台詞は必見というか必聴。詳しくは「リュウセイ病」などで各自検索いただきたい。外伝では「リュウセイみたいにやってみる」武器のバリエーションが激烈に増加し、同作のフリーバトルモードで最も輝くキャラクターと言われている。

前述の設定、及びフェアリオンがリクセント公国の所有物であることから、普段はビルトラプターの改修機であるビルトラプター・シュナーベルに搭乗する。
フェアリオンに乗り換えると、「ジ・インスペクター」で披露した専用パイロットスーツを着用(ムーン・デュエラーズでは着用しない)し、「ロイヤルハートブレイカー」使用時にはカットインで魔法少女よろしく変身バンクでゴスロリ衣装になる。
また「リュウセイ病」は悪化の一途を辿っており、「リュウセイみたいにやってみる」はたとえ乗り換えなくてもビルトラプター、フェアリオンで発動することがある。また、それ以前から感染が確認されていたマイ・コバヤシに続き、シャイン王女にまで感染してしまった。…公式が病気である。


搭乗機

F-28メッサー
ビルトラプター
量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ
フェアリオン・タイプS
ビルトラプター・シュナーベル

余談

  • 「スクール」の設定は第二次スーパーロボット大戦αでも登場しており、彼女自身は参戦していないものの、αの世界においても存在している事が示唆されている。
  • 姓スゥボータは同じくロシア語で「土曜日」(суббота)。恩人であるジャーダ夫妻の姓に由来し、ジャーダがベネルディ(venerdì=イタリア語で「金曜日」)、ガーネットがサンデイ(sunday=英語で「日曜日」)のため、その間を取ったとのこと。ただしロシア出身かどうかは不明。
  • メディア各所で見られるドレス姿は、作中でガーネットに着替えさせられた結果である(経緯についてはGBA版とアニメ版・OGsで差異がある)。
  • いわゆる「メガネを外すと美少女」タイプのキャラであるが、メガネは視力矯正用のものではなく小型のデータ端末とのこと。実際のゲームではメガネを外した姿(および、OGsでのシャインの贈り物であるファッションメガネ着用姿)になると援護技能の最大値が下がってしまう。


関連イラスト

ラトゥーニ
ねんどろいど ラトゥーニ



関連タグ

スーパーロボット大戦 スパロボ SRW OG OGIN ラトゥーニ ラト アラド・バランガ ゼオラ・シュバイツァー オウカ・ナギサ リュウセイ・ダテ マイ・コバヤシ シャイン・ハウゼン ジャーダ・ベネルディ ガーネット・サンデイ

関連記事

親記事

スーパーロボット大戦OG すーぱーろぼっとたいせんおーじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラトゥーニ・スゥボータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1898542

コメント