ピクシブ百科事典

リュウセイ病

りゅうせいびょう

主に「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS」にて発見された病気の一種である。現時点では、3次元の人間に対する感染はほとんど確認されていない。
目次[非表示]

主な症状

リュウセイ病とは、主に機動兵器のパイロットに現れる症例で、この病気に感染すると次のような症状が起こる。

  • 特定の機体に搭乗したときに、武装名を独自にアレンジしてしまう
  • 戦闘中にアレンジした武装名を言うようになる
  • 上記の症状の発生前に「リュウセイみたいにやってみる」と前置きするようになる
  • 悪化すると人格が破壊され、特定武装を使用した時に異常ともいえる叫び声をあげるようになる

原因と症例

リュウセイ病はウイルス感染であると見られており、
ウイルスの発生源も「リュウセイ・ダテ」という男性であるとほぼ特定されている。
彼に近しいもの、彼に好意を持つほど症状が悪化するという傾向があり、
感染者の保護者を自称する人間や、感染者を自分の嫁だと呼ぶ人間からは
リュウセイちょっと体育館裏まで来い」「ちょっとリュウセイボコってくる」などと言われている。

症例1 ラトゥーニ・スゥボータ

「リュウセイみたいに・・・やってみる・・・!」

最も早くに感染が確認された女性だと言われる。
症状の悪化は遅かったのだが、アルブレードに装備されている武器「ブレード・トンファー」を使用する際に
「ぶれぇ~ど☆とんふぁ~」という奇声を上げ始め、
最終的には「二枚刃殴り棒」という奇特な名前を言うようになってしまった。
(下記動画参照)更にジガンスクード・ドゥロ搭乗時にも、
必殺技「ジガンテ・ウンギア」を「ジガン・ガンガン・アタック」と呼称。
その後の突撃モーションでガンガン叫んでいるが、はっちゃけすぎである。
アルブレードジガンスクードの他に、「グルンガスト改」や「グルンガスト参式」、「アルトアイゼン・リーゼ」など、多数の機体で発症しており、
OG2で登場したリオンの発展機で実質専用機でもあるフェアリオン・タイプSでも叫んでいる。
また一部ではリュウセイを越えるほどの症状になってしまっており、稀に『Л(エル)型変異体』と呼ばれる事も。
下記の関連動画では彼女が殆どを占めている(アルトアイゼンはありません)。

症例2 マイ・コバヤシ

「リュウみたいに頑張ってみる・・・!」

ラトゥーニよりは発症は遅かったものの、
猛烈なスピードで症状が悪化し、「ゲシュペンストMk-Ⅱ・タイプS」に搭乗した時にはすでに手遅れであった。
↓こんな感じ

これを機に「キックの女王」と呼ばれるようになったとか。
リュウセイ同じチームに所属しているため、今後の症状のさらなる悪化が懸念される。
さらに下記の動画終盤ではR-1の発展・改良機である「ART-1(アートワン)」に搭乗しているが、こちらもかなりハジけている。
あの人とは誰だったのか。

症例3 シャイン・ハウゼン

「わたくしも、ラトゥーニみたいにやってみますわ!」

ラトゥーニからの2次感染により、
リュウセイとはある程度の距離があるにもかかわらず、リュウセイ病の症状を一部発症してしまっている。
これまで「リュウセイ病」が発症するのは「リュウセイに好意を持った者」、
または「リュウセイに近しき者」のみであるという説が一般的であったが、
彼女の出現によりその前提は覆されてしまった。

関連動画

※動画は「第2次スーパーロボット大戦OG」から。


シャイン王女、その技名はちとギリギリだったりしちゃうのでありんす。

関連タグ

リュウセイ・ダテ:元凶及び発症源
ラトゥーニ・スゥボータ マイ・コバヤシ シャイン・ハウゼン:感染者
スーパーロボット大戦OG スーパーロボット大戦OGS 第2次スーパーロボット大戦OG:関連作品
アルブレード(アルブレード・カスタム) グルンガスト改 アルトアイゼン・リーゼ ジガンスクード・ドゥロ ビルトラプター・シュナーベル フェアリオン ART-1 ゲシュペンストMK-Ⅱ・タイプS:搭乗すると発症する機体

pixivに投稿された作品 pixivで「リュウセイ病」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4021

コメント