ピクシブ百科事典

アルトロンガンダム

あるとろんがんだむ

シェンロンガンダムの改良型。
目次[非表示]

アルトロンガンダム(AItron Gundam)は、テレビアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。

データ

型式番号XXXG-01S2
全高16.4 m
重量7.5 t
装甲材質ガンダニュウム合金
開発者老師O
パイロット張五飛

アビリティレベル

※リーオーをオールレベル100として換算

ファイティングアビリティレベル170
ウエポンズアビリティレベル140
スピードアビリティレベル130
パワーアビリティレベル140
アーマードアビリティレベル120

東洋の龍をモチーフとする格闘戦用ガンダムタイプMSモビルスーツ)。
主要人物の1人である張五飛(チャン・ウーフェイ)が後半に搭乗した。
機体名の「アルトロン」とは、「二頭龍」の中国語読み。

機体説明

アルトロンガンダム(TV)


より強い力を求めた五飛の意思に応え、OZ月面基地に拘束されていた5人のガンダム開発者達が、同基地に鹵獲されたシェンロンガンダムを、同じく鹵獲されたガンダムデスサイズと共に密かに修復・強化した機体。

彼等が開発したガンダムは基本的に地上戦仕様の機体であったため、改修は宇宙戦に対応した強化が主となっている。
本機の場合は、背部左右にスラスター内蔵の可動翼ランダムバインダー、両スネにサブスラスターを追加し空間機動力を強化。
武装もアルトロン(二頭龍)の名の由来となった両腕の改良型ドラゴンハング、ビームグレイブに代わり装備されたツインビームトライデント、背部の2連装ビームキャノンと、大幅に強化されている。
元来の格闘性能も強化されており、デュオ・マックスウェルが驚嘆した、ゼロシステム搭載MSにも、真っ向勝負を挑めるほどの馬力を誇る。

外見面では機体色をシェンロンのブルーからグリーンに変更。
ファティングサイトは円形から六角形状になり、頭部やスネにたてがみや牙の意匠を取り入れるなど、よりのイメージを強く打ち出している。

アルトロンガンダム(EndlessWaltz版)

ガンダムナタク



OVA『新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz』用に、カトキハジメ氏がデザインリファインを行なった機体。
設定上はTV版と同一の機体。
TV版よりも大型化したドラゴンハングを全面に押し出したデザインが特徴的だが、一方で2連装ビームキャノンなどは廃されていて、よりスマートな外見になっている。
当時のプラモデルでは1/144、1/100共に『ガンダムナタク』名義で販売されていたが、後にプレミアムバンダイ限定で発売されたMGキットでは他の同作品のMGキットの商品名のパターンに合わせ『アルトロンガンダム(EW版)』名義になっている。
EndlessWaltzの世界観で本編を描いたコミック新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光ではTV版と同様に背部にウィングバインダーと2連装ビームキャノンを装備した形状で改修されている。

武装

ドラゴンハング(火炎放射器)

両腕をドラゴンハング化した事で弱点であった左腕側の死角を解消。
他の武装を組み合わせた多彩な攻撃パターンの展開が可能となった。
クローの形状もより龍に近いデザインに変更されている。
両腕の火炎放射器から放たれる「ダブルドラゴンハングファイヤー」は、片方のみと比較して約10倍もの破壊力を持つ。
EW版ではより大型化し、シールドとしても使用可能。火炎放射器がオミットされたがTV版よりもリーチは長くなっている。

バルカン

シェンロンガンダムからの引き継ぎ武装。版権イラストではちゃんと頭部に銃口が存在するが、改修後は劇中でまったく使われていないためか公式の一部資料では省略されている事が多い。

ツインビームトライデント

ビームグレイブに代わり装備された格闘ビーム兵器。
その名の通り柄の両端から三又槍(トライデント)状のビーム刃を形成する。
更にメリクリウスのクラッシュシールドの粒子加速技術を応用することで、ビーム刃自体の出力も大幅に向上している。地味に珍しくTV版・EW版共にデザインが変わっていない武装である。
不使用時には柄を縮めた状態でランダムバインダー(TV版)にマウントされる。EW版はどこにしまっているのか不明。MGではEW版シェンロン同様背部バックパックにマウントが可能。

2連装ビームキャノン

シェンロンの弱点であった射撃能力の低さを補うべく背部に装備された連装ビーム砲。
ヴァイエイトのビームキャノンの技術が用いられており、出力・射程共に優秀な性能を発揮する。
また、銃身部はドラゴンハングと同様の多関節アームで接続されており、背面等多方向への発砲が可能。EW版ではオミットされているが上述したように「敗者の栄光」では装備されている。

アルトロンシールド

カラーリングが青から赤に変更されているが、基本的にシェンロンシールドと同一の装備。
左腕のドラゴンハング化に伴い、設置位が左肩に変更されている。
EWではオミットされ、ドラゴンハングにシールドの機能が追加された。

バリエーション

ティエンロンガンダム

「新機動戦記ガンダムWエンドレスワルツ最強プレイングブック」に掲載されていたオリジナルストーリー「新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜」に登場。
シェンロンガンダムことアルトロンガンダムの量産型としてロームフェラ財団が開発した機体でやはりウイングガンダムセラフィムなどと同じく実戦投入されなかった量産機。
見た目は白いカラーのアルトロンガンダム(EW版)だが、ドラゴンハングの伸縮アームがTV版と同じものである。
太陽光が直撃する戦場でも戦えるように作られた宇宙用の試験機でもあり、全身が光熱反射材で構成されている。またゼロシステムを搭載しており、これでモビルドールの遠隔操作も可能だが扱いがその分難しくなっている。
カールを探すティエルとトライノイの仲間であるクルング・ポンラマーイがロームフェラ財団が保管していたものを強奪した。その際に追手のガンダム2機を下すが、実はティエルの幼馴染だったはずのクルンはデキムと内通しているマリーメイア軍の工作員であり、本当は戦士の墓の兵器データを回収するのが狙いであり、ティエルを裏切って探査MDキャプリコーンと共にティエルのウイングガンダムセラフィムに襲い掛かったが、ゼロシステムが起動したウイングセラフィムの攻撃で破壊されてしまった。


関連項目

新機動戦記ガンダムW ガンダムW 張五飛 シェンロンガンダム ガンダムナタク ドラゴンハング
トレーズ・クシュリナーダ

pixivに投稿された作品 pixivで「アルトロンガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61350

コメント