ピクシブ百科事典

ドラゴンハング

どらごんはんぐ

シェンロンガンダム、アルトロンガンダム(ガンダムナタク)の主武装。

概要

新機動戦記ガンダムWに登場するモビルスーツ、シェンロンガンダム及びその改修機アルトロンガンダムを象徴する主武装。
多重関節で構成された腕部を展開し、の頭を模した先端のクローで相手を破壊する打突武装。早い話が攻撃力を持った伸びる腕。
リーチがかなり長いため近距離のみならず中距離からの相手にも対応している。
明らかに質量以上のリーチが展開されている気がするが、開発者がトンデモ兵器をたくさん開発してきたあのジジイ達の一人である老師Oなので気にしたらいけない。

前作ドラゴンガンダムの腕の伸びる武装ドラゴンクローが割かし受けが良かったことため、その要素が次回作でもそのまま受け継がれた。
シェンロンの頃は武装の重量の関係上右腕のみの装備だったが、改修後小型化した事で両腕への装備が可能となった。アルトロンという名称も両腕に双頭の龍の頭(ドラゴンハング)を宿した外見に由来している。
そしてこの伸びる腕の機構は、後番組ガンダムヴァサーゴのストライククローでも引き継がれていくこととなる…

大河原版とカトキ版でデザインが大きく異なっている。

シェンロンガンダム


大河原版はドラゴンハングがマニピュレーター・前腕・上腕と一体化しており、通常時は折りたたまれている。ドラゴンクローと比べて現実的な形状になったのは「(商品展開のために)立体化の範囲内で無理なく再現して欲しい」というバンダイからのオファーによるもの。故に武装を破壊されるとマニピュレーターそのものが使えなくなり一気に弱くなってしまうという弱点がある。実際劇中でシェンロンは右腕を破壊された事でOZに鹵獲されてしまった(ただし五飛の策により意図的にではあるが)。この弱点は前作のドラゴンガンダムのドラゴンクローも同様であった。またクロー側面には火炎放射器が付いている。アルトロンに改修後は炎の威力が10倍になっている(という設定)。この要素もドラゴンガンダムの設定を受け継いだもの。

アルトロンガンダム


カトキ版はドラゴンハングの伸縮アーム部分と腕部分が別パーツ化されている。シェンロンはドラゴンハングの前腕にオプションを外付けする形でドラゴンハングを装備している。逆にアルトロン(ナタク)は武装の接続アームだけは前腕と一体化している。また、アルトロン(ナタク)のクローは横開き式に変更され火炎放射器がオミットされているが、クロー共々大型化した事で質量としての攻撃力が大幅に増し(ウイングゼロの右肩アーマーを吹っ飛ばすほど)、シールドとしても扱えるようになっている。また、ドラゴンハングとマニピュレーターが別パーツ化した事で武装を破壊されてもマニピュレーターを使えるというメリットがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンハング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4666

コメント