ピクシブ百科事典

目次[非表示]

システムに負けるわけにはいかない…今はシステムを使いこなすしかないんだ…」

データ

型式番号XXXG-01SRC
全高16.5 m
重量7.5t
装甲材質ガンダニュウム合金
開発者H教授
パイロットカトル・ラバーバ・ウィナー

アビリティレベル

※リーオーをオールレベル100として換算

ファイティングアビリティレベル120
ウエポンズアビリティレベル120
スピードアビリティレベル120
パワーアビリティレベル150
アーマードアビリティレベル160

概要

ガンダムサンドロックの宇宙戦改修型。
モビルドールを用いるOZに対して苦戦を強いられる中で、ピースミリオンで改修が行われた。
バックパックを宇宙用に改修され、身体各所に空間機動用スラスターを増設された結果、宇宙戦にも対応出来るようになった。ただし元々堅牢な装甲を持っていたためか、ヘビーアームズ改と比べるとバックパックの他は両肩アーマー、リアスカート、レッグスラスターのわずか3か所しかなく、最小限の改修にとどまっている。

また火力増強目的でビームマシンガンが新たに装備された。これは単に火力増強を目的としているだけでなく敵の主力が火力も高く遠距離砲撃主体であるトーラスやビルゴ系のMDになっている為得意の装甲頼りの白兵戦が困難である事が理由である。

そのため白兵武装であるクロスクラッシャーは不要とされバックパックはその機構を埋める形でスラスターが増設される事になった。
劇中では一度ヒイロの案でゼロシステムのコピーを導入して戦闘に挑んだこともある。

EW版でのサンドロック改

ガンダムサンドロック改


当時のプラモデルでの名称はガンダムサンドロックカスタム』。
カラーリングの変更が行われなかったTV版とは違い、パープルを基調としたカラーリングに変更されており、印象が大きく異る。
武装も同一で、プラモデルオリジナルでシールドを装備(後にEW版サンドロックに採用された)しており、防塵用のマントの外装も可能である。
外見は異なるものの、TV版とは同一の機体とされている。

武装

バルカン
接近戦での威嚇・牽制等に使用される頭部の二門の小型機関砲。

ホーミングミサイル
両襟部に二発内蔵された小型の自動追尾ミサイル。

ヒートショーテル
エチオピアの刀剣ショーテルをモデルとした2振りの大剣。
改修前から変更点はなしだが、TV版は上述通りバックパックを改修したためクロスクラッシャーは使用不可となっている。

シールド
改修前から特に変更点はない。
クロスクラッシャーが使えなくなったのみでなく、敵の大半が目くらましが効かないモビルドールというのもあってシールドフラッシュも無意味なものとなってしまったため、純粋に本体を防御する目的のみの用途となった。
EW本編ではオミットされたが、プラモデルではHG 1/144以降EW版準拠のデザインで付属する。

ビームマシンガン
中~長距離戦の敵相手に新たに追加されたビーム兵器。
不使用時はリアスカートにマウント可能。
EW版では改修前からすでに持っている設定となっており、敗者たちの栄光でも使用している。

バリエーション

ガンダムサンドレオン

「新機動戦記ガンダムWエンドレスワルツ最強プレイングブック」に掲載されていたオリジナルストーリー「新機動戦記ガンダムW ~ティエルの衝動~」に登場。
ガンダムサンドロックのデータを基にしてロームフェラ財団戦争推進派が開発した量産型ガンダムの1機。
サンドロックと違って武器は放熱型のヒートショーテルではなく、絶対零度で相手の装甲を凍らせて、柔軟性を一切奪って破壊すると言うハイコールドショーテルを両碗部に装着している。また素手での格闘戦も高性能を誇る。
基本的にサンドロック(EW版)と同じ形だが、腕部分にバックパックを写したような姿でカラーリングも茶色っぽい。
パイロットは元OZのエースであったドッペルト。
ウイングガンダムセラフィムらを強奪したティエルらを捕縛すべく、セミスのガンダムデスサイズギルティと共に出動するが逆に返り討ちにされて戦士の墓に落下、小破するが・・・

ガンダムサンドレオンカスタム

「新機動戦記ガンダムW ~ティエルの衝動~」
小破したサンドレオンを戦士の墓に廃棄されていたガンダムアスクレプオスの試験用パーツで緊急チューンナップした改造機。両肩と両足がアスクレプオスのものになっている。
機体の関係上、アスクレプオスのように格闘戦モードに変形は出来ないが4門のビーム砲を装備、射撃戦が可能になった。デスサイズギルティカスタムと共にコロニーに戻るエネルギーを犠牲にして、標的と刺し違える事を選んだが、デスサイズギルティ共々デリンジャーアームズと相打ちになって爆発した。

立体物

ここではTV版のみ記述。

ガンプラ

改修前とほとんど見た目が変わらないのもあってかリアルタイムでは一切立体化はされなかったが、2021年に最新フォーマットのHGACがプレミアムバンダイ限定商品としてリリースされる。

アクションフィギュア

MS IN ACTIONで何故か改修前の「ガンダムサンドロック」名義で発売。
バックパックの増設部分を外すことで改修前の形状に戻すことが可能で、これのおかげでクロスクラッシャーが再現可能となっている。
その後2012年にROBOT魂で発売。こちらもMIA同様増設部分を外すことでクロスクラッシャーが再現可能なギミックが付いている。

関連タグ

新機動戦記ガンダムW ガンダムサンドロック カトル・ラバーバ・ウィナー
ウイングガンダムゼロ ガンダムデスサイズヘル ガンダムヘビーアームズ改 アルトロンガンダム

関連記事

親記事

ガンダムサンドロック がんだむさんどろっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガンダムサンドロック改」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20680

コメント