ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

創彩少女庭園

そうさいしょうじょていえん

『フレームアームズ・ガール』や『メガミデバイス』等の美少女プラモに定評のあるコトブキヤがお送りする、新作美少女プラモのシリーズ。 キャラクターデザインは森倉円。
目次 [非表示]

「皆さんこんにち創彩!今日もプラモってる?」

概要

今までありそうでなかった普通の女の子をプラモデルで表現するという、シンプルな方向性のシリーズ。

「私たちはキャンバス、何にだってなれる。」のキャッチコピーの通り、カスタマイズや塗装により自分だけのキャラクターを作る事が可能。


『本当に普通の美少女プラモデルというコンセプトのせいか、特別注目されていないかと思いきや、いざ発売日になると速攻で売り切れが続出し、取扱店には女子高生のバストアップが大きく描かれた箱を抱えた人が続出するという異様な光景が広がった。他のコトブキヤの美少女プラモデルでいうところの素体に当たる部分しかない上に6,000円という強気の値段設定にもかかわらずである。これを機に美少女プラモデルは新たな領域に踏み込んだといっても過言ではない。


初心者(特に女子)向けを意識した組みやすさが特徴であり、普段からプラモデルを作り慣れている人であればあっという間に組み上げることができてしまう。しかし、決定的な短所として、一部のパーツが見本通りの色に色分けされていないという点がある(例としてまどかのヘアピンや暦の眼鏡など)。これは本来の見た目に近づけるには塗装が必須ということを意味しており、せっかくの組みやすさを追求した構成が思わぬところで初心者殺しな仕様となってしまっている。が、最低限の色分けはされているので、仕上がりにこだわらないのであれば無塗装でも問題なく、服装の細部もガンダムマーカーなどで補える配色となっているので、購入して部分塗装する手もあり。

それでも冬制服の暦の袖が手首と一体化され未塗装な点については批判が多い(冬制服のまどかは袖と手首が別パーツになっている事も要因)。


実際のスーツってこんななんだ・・・薄いんだねセンシティブな作品

当然というか、同社の『フレームアームズ・ガール』や『メガミデバイス』との互換性もあるため、カスタマイズの幅は非常に広く、武装した普通(?)の女子高生も再現可能である(というか、公式でもそれを行っている)。


ファンによる写真投稿を了承しており、Twitterでも #創彩写真部 という専用タグが設けられ、コトブキヤ側も時々RTするとコメントしている。ただし、「年齢制限のかかるような過激な表現や公序良俗に反する表現を含む投稿はお控えください。」との注意書きがなされている(元ツイート)ため、くれぐれも卑猥なポーズやあられもない恰好をさせた画像などは投稿しないようにしよう。


世界観

桜桃高校令法高等学校聖(セイント)アイリス女学園高等部という三つの高等学校が存在する。

それぞれに通う幼馴染の一年生三人を中心に物語が進んでいく。二年生組もそれぞれ学校は違えど交流がある。

後述のアニメ版『フレームアームズ・ガール』とのコラボにより、若葉女子高校も存在する。

そこに通う2は一年生三人の友人ということになっている。


三校とも制服が異なる。桜桃はセーラー服タイプ、令法と聖アイリスはリボンタイブレザータイプである。さらに令法は世間一般的なタイプであるのに対して、聖アイリスは上着の前が空いていてスカートの腰部にコルセットが付いているタイプである。

上着靴下については、桜桃と令法が緩いのに対して聖アイリスは厳しいようで、自由度は桜桃=令法>聖アイリスの模様。


しばらくは男性キャラは匂わせぐらいだったが、後述するリツカの兄「遥」の登場により『ラブライブ!シリーズ』(徹底的に男性が排除されており、親族であっても幼い弟がチョイ見せされるのが関の山として有名)より緩いことは確定している。


名簿

一年生

結城まどか

創彩少女庭園 : 結城まどか

CV:若松来海

将来の夢が見つからず、どんな道に進めばいいか悩んでいる普通の女の子。

明るく天真爛漫な性格で友達には子犬のように可愛がられている。将来の夢を見つけるためにどんなことにも「楽しそう!」と首を突っ込みたがり、時にはトラブルに発展することも……。

今の目標は友達をたくさん作ること。かわいいものが大好きで気に入ったものは何でもスマホで撮影してしまう。(公式サイトより)


小鳥遊暦

小鳥遊暦ちゃんお誕生日イラスト

CV:大和田仁美

真面目で几帳面、先生からも頼りにされているThe委員長な性格。

曲がったことが嫌いで正義感も強いが、想定外のできごとに直面すると固まってしまう。あがり症で人前に出るのは苦手。まどかとリツカの2人にはいつも振り回されている。自覚はないが実はかなりの不器用&絵心がない。祖父の書斎で本を読むことが好きで、自分で小説を書くことも……。(公式サイトより)


佐伯リツカ

佐伯リツカちゃんお誕生日イラスト

CV:黒木ほの香

両親と兄に甘やかされて育ったお嬢様。

性格は超がつくポジティブでどんなことにも果敢にチャレンジする。飲み込みが早く手先も器用。ホビー系の趣味を持つ兄の影響でサブカルチャーにも詳しいが、現在の興味の対象は歌やダンスらしい。他校の男子からアプローチされることも多いが 恋愛にはまだ興味がなく、女の子同士で遊んでいるほうが楽しいと感じている。(公式サイトより)


虹村 映美

CV:相良茉優

「フィールドワーク(課外活動)」と称して庭園エリアを歩き回り、学生たちの「特ダネ」を写真に記録する神出鬼没のパパラッチガール。

庭園エリア内の学生たちが発行するフリーペーパー『庭園日誌』の記者のひとりでもある。決まり文句は「特ダネです!」。取材で動き回りいつも寝不足気味で眠そうな気の抜けた話し方をするが、実はかなりのちゃっかりさん。

気が付くとそばにいて、調子よく「旦那~何か面白いことが起こっているようですね~」と声をかけてくる。

公正公平な記事を書くため、「取材相手から金品(飴玉一個でもNG)を受け取らない」というポリシーを持っている。もし受け取ってしまったらその「特ダネ」を記事にすることは諦める……のだが、映美自身は大のお菓子好き。つい反射的に甘いものをもらってしまい、せっかくのネタを台無しにすることも多い。

暦によると、この「映美対策」は令法高等学校中に広まっているとのこと。

トレードマークのネコミミ付キャスケットは憧れの先輩にもらった宝物。(公式サイトより)


令法高等学校一年生。暦と同学年でクラスメイト。身長まで同じ。

追加生徒故、後述の星羅や瑠衣同様に夏制服で登場。当シリーズの広報枠(予定)。


既に一年生三羽烏のネタは掴んでいる模様。

4コマにてフィールドワーク後は銭湯で疲れを癒すことが判明している。

普段の行動故、何かあると(暦達から友達と言われつつ)良からぬ印象を持たれていることも。

キャスケット(ニット製)をくれた憧れの先輩については不明。


名前の『虹』の由来はカメラのレンズの反射から来ているようで中の人が出ているあちらからでは無い。

暦のボディを流用出来ることから、後述の星羅や瑠衣より一足先に製品化が決定された。

中の人がかすみんの為、星羅や瑠衣に続き虹ヶ咲率が高まってきている。


神田澄子

CV:上田瞳

ボイスドラマ第24話『桜桃高校の王子様』にて初登場した桜桃高校一年生。

まどかとは別クラスで口癖は「まぁ!!」。

暦に続いて二人目の眼鏡っ娘。制服の着こなし方が久遠と同様な為、本来の桜桃高校の制服の着こなし方はこれが正しいと判る。

後述の経緯を経て、あのまどかが苦手意識を持つ程に(姿が判明している生徒で)まどかに対しても強気に出られる人物。


最初は『瑠衣様ファンクラブ』の会長を名乗り、瑠衣に不用意に近づくまどかに立ちふさがる。

「順番を守れ」だの「自分の許可が必要」だのと言うだけだったが、本人の勘が「まどかを野放しにしてはいけない」と感じて某自称美人プリーストを彷彿とさせる勢いでまどかをファンクラブに入れようと勧誘してくるように…。

瑠衣の出場する水泳大会にてまどかと再び遭遇。一緒にいた暦とリツカもまどかを切り捨て気味の鬼畜展開(笑)に。その後、瑠衣にお弁当を渡す際に揚がってしまった為のでまどかが代わりに渡すこととなる。理想のシチュエーションを見せつけられた為、再度危険人物認定するのであった。


元々ギャグ要素あり要員であったが、上田女氏の熱演故に出演者内ではかなり好評。

実は亀山Pが制作した作例が元となったことが明かされた。


二年生

小石川エマ

エマちゃん先輩

CV:長江里加

気分屋で自信過剰だが、対人関係が苦手な「クソザコメンタルお姫様」(友人談)。

ゲームやアニメ、特撮が好きで、特にモンスターロボットのような「大きくてカッコイイモノ」に憧れている。将来の夢はイラストレーター。神絵師を目指してイラストを描きまくる日々を送っている。背が低いことを気にしており、「ちっちゃくてかわいい」と褒められると不機嫌になる、ちっちゃくてかわいい女の子。(公式サイトより)


一条星羅

一条星羅

CV:前田佳織里

頑張っている人を応援するのが好きな、面倒見のいいオカンギャル

「人生楽しまなきゃ損っしょ!」と、サバサバしていて明るい性格だが、正義感が強く、怒ると怖い。シンデレラに出てくる魔法使いのように、主役を輝かせるスタイリストになりたいと思っている。

ひょんなことから出会ったエマの私生活を心配し、幼馴染で腐れ縁の瑠衣とともに面倒を見ている。チアリーディング部所属。(公式サイトより)


早乙女瑠衣

早乙女瑠衣

CV:久保田未夢

華やかな見た目と振る舞いで男女問わず大人気の王子様系女子。

ストレートに言葉をぶつける裏表のない性格で、細かいことにもよく気が付く。小さくてかわいいものに目がなく、趣味のツーリングがてら色々と収集中。運動神経抜群な一方、映画のキスシーンや勉強は少し苦手。

ひょんなことから出会ったエマの夢に向かう姿に惚れ込み、幼馴染で腐れ縁の星羅とともによく遊びに行っている。水泳部所属。(公式サイトより)


三年生

薬師寺久遠

CV:渡部恵子

普段は少々(?)ポンコツなおっとりお嬢様、しかしカメラの前では凄まじい演技力を発揮する天才女優少女。

課外活動を通じて俳優業に出会い、名家の箱入り娘だった今までの自分では知りえないようなキャラクターの人生を演じること、「何にだってなれる」ことを心から楽しんでいる。

代表作は現在放送中の人気ヒーロー番組『無限邂逅メガロマリア』の主人公・篝火真里亞。演技のことばかり考えている上に、極度のマイペースで会話が苦手なため面接には落ちてばかり……。

どこか浮世離れした言動が多いものの 、神ヶ根をからかう時などは年相応の少女らしさも垣間見せる。蝶よ花よと育てられたためか、自分がにっこりと微笑めば相手は言うことを聞くものだと思い込んでおり、わがままを押し通してくることも。(公式サイトより)


初の3年生。桜桃高校の三年生でまどかと瑠衣の先輩にあたる。天然かつマイペースな不思議ちゃん故、周囲は困惑する。エマは本人と会ったらどうなることやら…。

名家の箱入り娘なのでメイドに世話をされている。両親は女優活動には反対しているようだが、本人ではなく後述の神ヶ根等の周りの人物達に対して牽制する方法を取っている。

理由として可愛い娘には直接言いたくない(嫌われたくない)かマイペース故に話が通じないといったことが考えられる。


篝火真里亞の衣装もセーラー服だが、黒基調で黒のロングブーツを履いている。いわゆる制服ブーツ。製品のほうはこれまでと異なり、可動を重視するとのこと。

2023年9月29日の『2023第61回全日本模型ホビーショー』にて桜桃高校制服と篝火真里亞衣装の商品化が決定した。


成瀬姉妹

CV:峯田茉優

シリーズ初の双子。令法高等学校の3年生で暦と星羅は後輩にあたる。二人共片目が髪に隠れている。男子のように見えるが実は女子。

セーター短パンガーターベルト付きハイソックスとパッと見は後輩二人と同じ高校に通っているとは思えない制服の着こなし方をしている。瑠衣と並ぶくらい見た目も声もボーイッシュ

リツカ及び後述するユイとアヤの中の人達とは別作品で共演している。


・成瀬タクト

大いなる野望を抱く天才作曲家。

「耳から始める世界征服」と称し、世界のどこにいても自分の音楽が鳴り響く「理想郷(エデン)」を作る……という独特の世界観を持っている。

その感性ゆえに理解者は少ないが腕は確かで、「歌姫(ミューズ)」であるユエのワガママに呆れつつも確固たる信頼関係がある。

音楽プロダクションで仕事をしつつ在学だけはしているが、出席日数は危険水域に達している。(公式サイトより)


天才作曲家で「世界征服」を夢見ている中二病じみた性格。

一人称は「自分」。都合が悪いことがあるとペースを乱されがち。


・成瀬詩季

タクトの「翻訳係」を務める、口数少なくマイペースな双子の妹。

独特な感性を持つタクトのことを公私にわたってサポートする。

姉とは違って常識人だが、自分で何かを決断することは苦手。(公式サイトより)


タクトの双子の妹。口数少なくマイペースな性格であるが常識人である。

姉タクトの翻訳係を務める。因みに僕っ娘


如月ユエ

CV:秋奈

異なる顔を使い分ける、売り出し中のカリスマ歌姫。

大病を患った際、病床で行っていた動画配信がきっかけで天才作曲家・ナルセタクトに歌声を見出され、『月』の名でデビューした。

大手術を乗り越えたあとも命ある「今」を大事にしており、やりたいことだけをやるワガママな日々を過ごしている。

高校生ながら長期入院の影響で飲酒可能な年齢。諸事情あって、正体を隠しつつも学校にはちゃんと通っている。(公式サイトより)


聖アイリス女学園高等部の3年生でリツカとエマは後輩にあたる。カリスマ歌姫かつ飲酒可能な年齢であることを周囲に隠している。因みにギザ歯。(『月』の時に確認出来る)

素の口調は荒々しいもので、現時点では本人の傍白でしか確認出来ない。



コラボキャラ

源内あお

センシティブな作品

アニメ版『フレームアームズ・ガール』とのコラボ。

ドラマCD「創彩少女庭園feat.フレームアームズ・ガール」で共演。

更に、後述するアリス・ギア・アイギスとのコラボではこの縁を元にして

まどか達の友人という設定が付与されている。


寿武希子

寿武希子

アニメ版『フレームアームズ・ガール』とのコラボ。

あおと同じく、アリスギアコラボにおいてまどか達の友人という設定が付与されている。




その他登場人物

くりまろ以外は創彩ラジオにて登場の為、容姿は不明。


生徒

山下花織 CV:中村桜

まどかのクラスメイト。お姉ちゃん気質でまどかを手玉に取るやり手。


因幡うさぎ(正式な漢字は不明なので仮) CV:深川芹亜

まどかのクラスメイト。父が警察官な為か、「逮捕するわよ。」が口癖。

口癖が別作品の元婦警を彷彿とさせるがうさぎの中の人は妄想好き少女役。


新村かんな(正式な漢字は不明なので仮) CV:諏訪ななか

まどかのクラスメイト。巫女のアルバイトをしていて現金でちゃっかりしたところがある。

危なっかしい行動を取りまくるまどかに庇護意識が芽生えたのか、まどかを護る対象にした模様。


原田めぐみ CV:大坪由佳

暦のクラスメイト。陽キャで誰とでも話せる高いコミュ力を持つ。


中村ユイ CV:礒部花凜

リツカのクラスメイト。声が大きく喋るのが好き。恋バナ好き。

中の人同士は別作品で共演している。


杉浦アヤ(正式な漢字は不明なので仮) CV:八巻アンナ

リツカのクラスメイト。バスケ部で観察眼に優れる。

こちらも中の人同士は別作品で共演している。


金岡アミ(正式な漢字は不明なので仮) CV:谷口夢奈

エマのクラスメイト。春に大阪から転校してきた。

関西弁を話す陽キャでエマとはある意味真逆。星羅とは気が合いそうである。


レイナ(フルネームは不明なので仮)CV:綾瀬有

ロア(フルネームは不明なので仮)CV:佳穂成美

聖アイリスに転校してきた留学生で二年生。

レイナはスティレット、ロアは轟雷と中の人が同じだが声の感じ等は異なる。「それぞれがもし創彩少女庭園の世界にいたら・・・」で誕生した経緯がある。

ゲームが得意なエマの噂を聞きつけてエマとリツカと勝負することに。

因みに登場回は創彩ラジオ初の前編と後編に分かれた。


紙屋知世子 CV:前田佳織里

暦の先輩にあたる二年生。図書委員で暦と読書談義をしている。

前述の星羅とは学年・中の人が被ったが故、容姿が決定したあちらと異なり今後の登場が危ぶまれている。


教師や親族

里中マナミ CV:Machico

桜桃高校の数学教師。二年生(瑠衣のクラスかは不明)の担任。

弱気な性格故、気苦労が絶えない模様。


結城かなた CV:本渡楓

まどかの弟で小学五年生。天然ボケ気味な姉よりもしっかりしている。ゲーム好きで得意。

仕方ないことだが、家を訪ねたエマを小学生と間違えてゲーム勝負をした挙句、トキメクことに。(すぐに間違いだと気付くが…)

本屋で再会した際もエマを意識しまくりで落ち着かず、まどか・暦・エマのペースに振り回されっぱなしであった。

中の人は別シリーズの主役を担当している。


佐伯遥 CV:松岡侑李

リツカの兄でシリーズ初の男性。21歳の大学生。ややオーバーな表現が多いシスコン

因みに現在のリツカの趣味や目標は彼の影響によるもの。


小鳥遊時子(正式な漢字は不明なので仮) CV:不明

暦の母で大手化粧品会社宣伝部長で抜群のプロポーションをしている。『チートデイ』なる一日でスイーツ店のはしごするのが秘訣とか。

ツボに入ると笑いが止まらないタイプ。


神ヶ根千夏 CV:今井麻美

スタジオ『クラウトラス』所属の久遠のマネージャー(以下MGRとする)。31(または32)歳の独身。

久遠だけのMGRでは本来ないのだが他に受け持っている俳優がいない(あと久遠絡みで心労が絶えない)為、実質久遠専属MGRに。久遠の演技力の高さを評価している。

本来は溜息つきがちな面倒くさがり屋だが、お仕事モードは素晴らしいお方。家に迎えに行く度に久遠の両親からメイド経由で『言伝』という名の小言を毎回言われている。


くりまろ CV:黒木ほの香(リツカと兼役)

結城家の愛犬。最初は鳴き声だけだったが、主役回では独白にて喋っている。所謂イギー方式。

ラジオドラマの主役回は飼い主と飼い犬の考えや視点の違いがよく分かる内容となっている。


アフタースクール

別売りの小道具のオプションパーツ。

  • カフェテーブル
  • レトロデスク
  • トラベルタイム
  • アンブレラセット
  • プレゼントセット
  • メガネセット
  • ショートウィッグA【オレンジ&パープル】
  • ショートウィッグA【ホワイト&チョコレートブラウン】
  • 轟雷お誕生日セット
  • まどかのよくばりサマーバケーションセット
  • リツカのカラオケ&レコーディングセット
  • 天使と悪魔の誘惑セット
  • BOOKOFFの「光る看板」(BOOKOFFとのコラボ)
  • BOOKOFFの「のぼりセット」(BOOKOFFとのコラボ)
  • 星羅の愛情出前セット
  • 映美の探偵コスプレセット
  • 瑠衣のバイクセット(仮称)

アレンジウィッグシリーズ

ショートウィッグ以降の別売り髪型パーツはこちらにカテゴライズされるとのこと。

  • サイドダウンセット(仮称)
  • ロングウェーブセット(仮称)

アリス・ギア・アイギスとのコラボ

2022年3月~4月に開催された「アリス・ギア・アイギス×フレームアームズ・ガールwith創彩少女庭園」でまどか達3人とエマがNPCとして登場。

前述の通り、あおと武希子はまどか達の友人と言う設定で、アクトレスの評価試験に挑んだ2人の話を聞いて

アクトレスの仕事に興味を抱き、成子坂製作所を見学するという課外活動を実施した。


なお、この中でエマのみ3Dモデルが用意されており、あおと武希子が今回のコラボで正式参戦したように

「エマちゃん先輩も次回コラボで参戦するのでは?」と期待を持たれている。


余談

担当声優(創彩ラジオに登場している面々も含める)は、まどか・花織・アミ・あお・武希子・レイナ・ロア・遥・かなた役の9名を除くとアイマスシリーズラブライブ!シリーズウマ娘等、声優が担当キャラになりきりライブに出る作品にてメインとして活躍している面々で固められているという特徴がある。

メインではないがあお役の声優も虹ヶ咲にて三船薫子(栞子の姉)役で出演している。


関連動画


関連タグ

コトブキヤ 森倉円 女子高生 プラモデル 美少女プラモデル

ステーションメモリーズ!:2022年1月~4月にコラボイベント「でんこと一緒に創って彩る少女たちに会いに行こう!」を実施。

リトルアーモリー:1/12スケールの銃火器のプラモデル。創彩少女庭園用のタクティカルグローブも用意されており、銃火器を持たせることが可能となる。

無限邂逅メガロマリア:コトブキヤが今後展開する新プラモシリーズで創彩の世界で放送されている番組と言う設定。


関連リンク

公式サイト

公式ツイッターアカウント

YouTube 創彩少女チャンネル

関連記事

親記事

コトブキヤ ことぶきや

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 852871

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました