ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

武装神姫』第1弾。天使型。

デザインは島田フミカネによる。

ゲームなどでの担当声優は阿澄佳奈


センシティブな作品アーンヴァル

ユーザー間での愛称は『白子(しろこ)』(=武装神姫の白い子)『あんばる』等。

名前の由来はオランダ語で「攻撃」を意味する“aanval”から。

デザイナー島田フミカネ氏のコメントによれば「エンジェル+ヴァルキリー」的な語感重視らしい。

なお、ゲーム中で「イタリア語で『突撃』、アーンヴァルってそういう意味らしいです」というセリフがあるがこれは誤り。


アーンヴァル(無印)編集

発売日2006年9月7日
ブランドFRONTLINE(フロントライン)
型番FL012

武装神姫第一弾の二体のうちの一つ(もう一つは悪魔型のストラーフ)。

巨大なレーザー砲をはじめとする遠距離武器を主武装とし、高速一撃離脱を得意とすると設定されている。

モチーフは天使とされているが、スペースシャトルなどのモチーフも盛り込まれている。



相方であるストラーフと比べ店頭在庫の率が多かったため「在庫様」などという蔑称で呼ばれたこともある。

(なお以降の絶版プレミア状態を考えればわかるが、ストラーフの店頭からの消滅が異常に早かっただけでアーンヴァルが特別不人気というわけではない)


尚、アーンヴァル素体のみ2006年にイベント会場限定で先行発売された経歴を持つ。


ネットゲーム「武装神姫バトルロンド」では、『相手の得意距離を避けて戦う』というAI傾向が暴発して『自分の装備武器を無視して急接近してのステゴロ』という事態が多数報告され、ネタに使われたことも多い。


2015年7月に発表されたコトブキヤによるシリーズ・リブート第1弾に抜擢されている。

プラモデル版の項に詳細あり。


また武装神姫15周年となる2021年には最新作バトルコンダクターに相方のストラーフと共に堂々参戦となった。

後述するMk.2やウェルクストラとも久々の共演が実現しゲーム内では彼女達と共に天使型チームを組む事出来る。


電撃ホビーマガジンオリジナルカラーver.編集

黒あんばるアーンヴァル リペイントver

発送日:2007年5月

電撃HOBBY誌上限定で黒と赤を基調としたリペイント版が発売された。

叫び顔+ポニーテールとレーザーライフルの補助パーツが追加パーツとして、また第5弾以降と同仕様の拡張クランクが付属。頭部パーツを分割して差し替える第5弾以降とは異なり、頭部そのものを差し替えるようになっている。

小冊子は「FUMIKANE SHIMADA ART WORKS」となっているが、島田フミカネ本人が用いる綴りは「humikane」である。


武装神姫15周年カラー編集

最新作ゲーム「バトルコンダクター」内に武装神姫15周年を記念して島田フミカネ本人がデザインし、期間限定で実装された装備。

赤や黒、15周年のロゴが各所に追加されているのが特徴。

公式ツイッター上にて設定資料が公開されている


アーンヴァル・トランシェ2編集

アーンヴァルデレデレあんばる

発売日:2008年12月4日

2周年記念アイテムで、アーンヴァルに新規パーツを多数追加したリニューアル仕様。

長らく絶版・プレミア価格状態だったアーンヴァルの事実上再販である。

電撃HM版に付属していたボーナスパーツも含めて武装を追加。追加された武装は旧型のものとも差し替えられる。電撃HM版の表情パーツは付属せず眠り顔が追加されている。またパッケージは眠り顔で両手を胸の前で組んだポーズになっている。

顔の造形や微妙な色合いが違うため、旧版とは別物扱いするユーザーも少なくない。


トランシェとは、仏語で『一塊』『一束』『階層』程度の意味であるが、この場合、実在兵器のユーロファイター戦闘機などで使われる、生産上の区分を示す用法であろう。つまり、第二期生産型、とでもいった意味となる。

設定上はカナード翼を追加装備し、ドッグファイト機能を強化するとともにウェルクストラの指揮機としての能力を追加したものとされている。

(なお従来のレーザー砲による一撃離脱型にセンサー強化を施したパーツ構成をトランシェ1と呼称する)

バトルロンドにおいては無印と同キャラとして扱われ、アップデートでは『アーンヴァルのデフォルト保有パーツが増える』という形で対応された。

アーンヴァル トランシェ2 リペイントver.編集

アーンヴァルくろしろこズ

発売日:2009年3月12日

コナミネットショップ「コナミスタイル」限定販売。トランシェ2追加武装も含めて、電撃HM版を踏襲したリペイント。ノーマル版同様黒と赤を基調としているが、素体や一部武装の配色が変更されているため同一ではない。本体仕様以外も電撃HM版を踏襲しており、ボール紙のパッケージで小冊子が同梱されている。こちらの小冊子は「HUMIKANE SHIMADA ART WORKS」に改められている。

神姫NETでは全面移行されたノーマルカラーとは異なり、旧型(電撃HM版)と新型の両方が存在している。トランシェ2の髪色は旧型と同じままになっている。

あくまでも素体性能及びカラーリングの差異であり、後述のMk-2のようなキャラ造形のうえでの差異はない。

その腹部ペイントパターンは「アカハライモリ」と呼ばれている。

後の2023年、このカラーリングのアーンヴァルがメガミデバイスブランドのプラモデルで発売されることになる。詳細は後述。


アーンヴァルMk.2編集

C84表紙フルアームズさん

発売日:2010年7月15日(ゲーム同梱)

PSPソフト「武装神姫バトルマスターズ」に登場し、限定版にフィギュアが同梱された新モデル。マイナーチェンジであるトランシェ2とは異なり、素体も新規格「MMS-3rd」となった完全新規モデルである。

通称『白子Mk.2』『OOアーンヴァル』『しろにーさん(白2?)』など。

「メインヒロイン」と公言されており、「バトルマスターズ」では初期から選択可能な唯一の神姫である。


一般販売カラーである「アーンヴァルMk.2テンペスタ」、ゲーム同梱のパーツ追加版「アーンヴァルMk.2フルアームズ」などのバリエーションがある。


重ねて言うがアーンヴァルアーンヴァルMk.2は全くの別キャラ。

混同すると双方のファンから叩かれる可能性があるので要注意である。


詳細はアーンヴァルMk.2頁参照。


ウェルクストラ編集

ウェルクストラウェルクストラ リペVer.

発売日:2008年10月

「量産型アーンヴァル」とでもいうべきアーンヴァルの妹分であるライトアーマー第1弾。

原型となったラフイラストでは「アーンヴァル・ソルジャー」と呼ばれていた。

詳細は当該項目にて。


人工天使アーンヴァル(オトメディウス)編集

白黒オトメ悪魔ちゃんと天使ちゃん


STG『オトメディウス』シリーズの『オトメディウスX』に、武装神姫から自機の一人としてストラーフとともにゲスト出演したアーンヴァルである。デザインアレンジは同作の他キャラと同じく吉崎観音

秘密組織Gの戦力増強のためホビー用小型ロボットから改造されたもの、という点は元ネタを彷彿とさせる(声優も阿澄佳奈)。

しかし

という点で大きく異なる。

体型も極端にスレンダーな神姫体型とは異なり、吉崎観音らしい豊満体型。

アンスリウムの装備はフォーメーションオプションやツインレーザーなどエモン・5のクセルバイパーの仕様を概ね受け継いでおり、BGMパックもそちらと同じサンダークロススペースマンボウ出典。決め技は極太レーザーの「ハイパーブラスト」。


なお、オトメディウスで言うところの天使には、ライディングバイパー(RV)という小型戦闘機を操って戦える能力を持った者という意味があるので、アーンヴァルの場合天使型の人工天使というややこしい呼ばれ方をしている(ストラーフは悪魔型の人工天使)。


同作中では、ストラーフともども「ホビー用ロボットを改造して作成された人工天使」という説明が行われている。聖グラディウス学園の生徒である(=学生という職業がある)他キャラと違い、普段どうしているのかは不明であるが、エンディングムービーではストラーフと一緒に聖グラディウス学園内で活動している姿が普通に見られるため、何らかの形で学園内で働いているか、生徒達と同じ扱いを受けているものと思われる。


ちなみに、ある条件を満たすことで見られるエンディングイラストでは、ビキニ水着姿を披露している(「Water Proof」であるらしい)。


プラモデル版編集

2015年にコトブキヤが発表した「武装神姫再始動プロジェクト」において、プラモデル化が発表。

2017年に再設計中の原型が公開され、近日受付開始の告知も関係者からも告知され翌年発売される筈だったがそれ以降しばらく音沙汰がなかった。(※)

2020年に、メガミデバイスとのコラボレーション商品として続報があり、2021年8月のコトブキヤコレクションにて同年冬の予約開始が告知され翌年22年5月の静岡ホビーショーにてデコマスが展示され6月に受付開始予告がされた。


※ … フレームアームズガールの制作チームが制作を担当しマシニーカ素体の一部を使用したコトブキヤ版が金型も完成し発売される予定であったが浅井氏の要請により発売はせずメガミデバイス規格の物で作り直す事になった。コナミが圧力や嫌がらせをして発売させないようにした等の憶測がSNS上でツイートされ拡散されていたが実際は違うので注意。詳細は下記動画を参照


その後2022年11月にプラモデル版が発売された。

当時品のフィギュアを再現しつつ現代的にブラッシュアップした他、ボーナスパーツとしてフィギュア版とプラモ版のミキシングパーツ、CSCを模した胸部パーツ、フィギュア版を再現したアイデカールが付属している。


その後2023年3月にはリペイント版のプラモデルが予約開始。

2023年9月に発売予定。


余談編集

  1. ちなみに、バトルマスターズMk.2には「あんこ」という個体名のアーンヴァルがいる(公式webコミック「ヒブソウシンキ」からのゲスト出演)。オーナーの名前は「ダーリン」という少年、ヒブソウシンキの主人公(本名不詳)。本来は無印版アーンヴァルなのだが、バトルマスターズMk.2には無印版自体存在しないのでアーンヴァルMk.2として参戦している。一応立ち絵は低身長風になってる。とてつもなくかわいい。全神姫を魅了するほど。あの人を連想させる。どれ位なのかは下記動画を参照。阿澄病注意!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15736501述のテンペスタ・カラーに再度戻された「テンペスタ・フルアームズパッケージ」が一般販売されている。

  1. 天使型あーんばるがいいと思うの!……webラジオ「武装神姫ラジオロンド」伝説のネタ。みんな可愛くて神姫を選べない新規参入者に対しての定番(過去形)。
  2. アリス・ギア・アイギスには同じデザイナーつながりで四谷ゆみがいるのだが、稀にそっくりだと言及される事がある。
  3. 中の人繋がり

邪神型ニャルラトホテプ



関連タグ編集

アーンヴァルMk.2 あんばるさん ストラーフ 島田フミカネ

グランニューレ

関連記事

親記事

武装神姫 ぶそうしんき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3907588

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました