ピクシブ百科事典

エモン・5

えもんふぁいぶ

エモン・5(エモン・ファイブ)とは、コナミの【パロディウス】および【オトメディウス】のプレイヤーキャラクターの一人で、【がんばれゴエモン】シリーズの主人公《ゴエモン》…の姿をしている。
目次[非表示]

エモン・5(エモン・ファイブ)とは…

がんばれゴエモン』シリーズの主人公ゴエモンさんで、
シューティングゲーム『オトメディウス(G)』の自機キャラクターの一人
…というか、「パロディウスおよびオトメディウスの世界のゴエモンさん」である。
オトメディウスでは空羽亜乃亜エリュー・トロンと並んで稼働当初からの使用可能キャラであった。
名前通り女性キャラばかりのオトメディウスの世界で、ほぼ唯一の男性として漢っ気を吐いている。

通称《エモン》。…しかし、ここでは便宜上『ゴエモン』と呼称する

パロディウス時代

初登場はMSX版のパロディウス《タコは地球を救う》であり、「バグだか何だか知らねぇが、おれにかかればひとひねりよ!」みたいなことを言って
Mr.パロディウスの助っ人をしていた。
そして、極上パロディウス(スーパーファミコン版)にも登場して、怪しげな浮遊術を身に着け、相棒のエビス丸とともに《過去の栄光》を探す手伝いをしていた。
スプレッドボム・ダブル・ツインレーザー・リデュースと『通好み』の装備を引っ提げている。

オトメディウス時代(21世紀初頭)

彼が搭乗するライディング・バイパーは、ゴエモンの得意武器であるキセルをイメージした《クセルバイパー》である。イメージカラーは紫。

オプションは機体上下に編隊を組む「フォーメーションオプション」であり、敵機内に潜り込ませやすいことからスピード撃破に特に有用である。
ドラマティックバーストは前方に極太のレーザー砲を放つもの。
極上パロディウスの頃から(換装可能な武装まで含めて)後方へ攻撃できる武器をほとんど持っていないが、これは当人のポリシーに由来するらしい。

なぜライディング・バイパーを操ることができるのか

オトメディウスのゴエモンさん…通称《エモン・5(エモン・ファイブ)》が
「なぜライディング・バイパーを操ることができるのか」を語るには
まず、戦闘騎ライディング・バイパーについての説明をしなければならない…。

《戦闘騎ライディング・バイパー》は、操作や武装の使用のために「プラトニック・パワー」と呼ばれる未知の精神的エネルギーが必要であるとされる。
このプラトニック・パワーは男性よりも女性のほうが圧倒的に強く、また思春期において最大になるとされ、
これが同作において「天使」(プレイヤーキャラクター)が若年女性ばかりになる理由であると説明されている。

しかしながらゴエモンさんは男性でありながら『男だてらに』若年女性にしか扱えないはずの戦闘騎ライディング・バイパーを乗り回している。
『男だてらに』というセリフから察するに、「オトメディウスの世界で活躍するために相当な無茶をしてプラトニックパワーをひねり出している」に違いない…。

そもそもゴエモンさんは《シーパーマント》や《怪しげな浮遊術》で飛行できるため、ライディング・バイパーに乗る必要はないはずなのだが、
このような無茶をしている理由の一つとして、「ゴエモンさんの故郷である平行宇宙・エビスボシにて発生した事件を解決」して
「故郷にいる想い人と思わしき相手(おみっちゃん?)を安心させたいため」だと噂されている。
(天使ランクを上げることで閲覧可能な説明文とオトメディウスゴージャスのエンディングを参照)

平行宇宙・エビスボシ

「エビスボシ」という名前の由来は、『がんばれゴエモン2』でのエビス丸の正体が女性であったこと(後に「別の人だった」事にされている)や、
ゴエモン新世代襲名!】でエビスという名の美少女が出ていたことのオマージュであると思われる。
ちなみに、エビスボシ(らしき場所)には実況おしゃべりパロディウスでも訪れることができる。

後日談

続編『オトメディウスX』の戦いが始まる前に、ゴエモンさんは自分自身の力量に限界を感じて武者修行の旅に出かけていった。
そして、オレカ界で絶賛修行中のゴエモンさんの姿が見られるようになったという。
これからは、オレカバトルの世界で修行中のゴエモンさんを応援してあげてほしい。

しかし、その一方で「(オトメディウスの世界で)行方知れずとなったゴエモンさんを捜している」という《エモン・8》ことヤエちゃんの姿があった……。
もし、《クセルバイパー》を引き継ぐ者が現れるとするなら、それは間違いなく《エモン・8》ことヤエちゃんであろう…。

余談

どうやら「オトメディウスの開発スタッフにがんばれゴエモンに詳しい者がいなかった」ため、いろいろと誤解や磯目が発生しているらしくゴエモンさんに関する設定もあやふやになってしまっているようだ。
詳しくはエモン涙目の項目を参照。

pixivにおいて

オトメディウスの世界において他の登場人物がすべて女性であることから、女体化された姿で描かれることも多々ある模様。
…というか、ゴエモンさんを女体化するくらいなら《エモン・8》ことヤエちゃんを描いてあげてほしい

関連タグ

オレカバトル
オトメディウス
パロディウス
がんばれゴエモン

エモン涙目
エモン・5(中点シングルバイト)

関連記事

親記事

オトメディウス おとめでぃうす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エモン・5」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25330

コメント