ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ヤマハが発売している原付スクーター
車名(Vino)はワインイタリア語

初代

伝説のライブ5分前!


1997年発売。
同時期に起こっていたレトロスクーターブームに乗せる車種として登場。

デザインは昔のイタリア製スクーターを思わせるレトロなものだが、ヤマハらしくライバルとは一線を画す流麗な仕上がりである。
このモデルのみ、スピードメーターと燃料計が別々になっており、燃料計はフロントカウル内側に装備されている。
エンジンはジョグ由来の2ストロークを搭載。

宣伝には当時一世を風靡していたPUFFYを起用。
その愛らしいデザインから女性に圧倒的な支持を受けた。

二代目

バイク女子


2004年発売。
製造は台湾に移管された。

車体は初代の雰囲気を残しつつ刷新され、ホイールは専用設計のアルミ製となった。
エンジンはヤマハの原付スクーター初の水冷4ストロークを装備。
このエンジンは3バルブで高回転に強く、後にジョグに流用された。

2007年モデルから燃料供給がインジェクションに変更。
以降、モデル末期まで細かい環境規制対策を重ねていく事になる。

本モデルも女性を中心に人気を博したが、男性需要も考慮し、年度によって硬派なカラーリングもラインナップされた。
先述のエンジン特性や、油圧ショックになったフロントサスペンション、そして重心の低い設計から、見かけによらぬスポーツ性を秘めており、スクーターレースでも人気を得た。

充電させてもらえませんか😆🙏😃😊😄


2015年には、EV仕様であるE-Vinoをラインナップ。
テレビ番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』で出川哲郎が乗っているのはこのモデルである。

三代目

ビーノくん(切り絵風)


2018年発売。

本モデルからホンダOEMとなり、ジョルノの外装を変更したものとなった。
従って性能はジョルノと同等で、特徴的だったホイールもスチール製に戻ってしまった。
それでもスタイルは極力二代目の特徴を維持しており、素人目には見分けがつきにくい。

ゆるキャン△』との関係

ビーノと志摩リン


漫画『ゆるキャン△』で、主人公の志摩リンの愛車として二代目が登場。
同作の人気により、一気に知名度を上げた。

ヤマハ側もこれを認知しており、二代目のモデル末期には、志摩リン仕様にそっくりなパールシアンブルーをラインナップした。
更に公式で『ゆるキャン△』とコラボした販促ポスターを販売店向けに配布した他、三代目をベースに志摩リン仕様に仕上げた車両を抽選でプレゼントする企画を実施した。
2020年から放送開始したテレビドラマ版でも、三代目をベースにした車両が登場している。

pixivでも、志摩リンと合わせて描かれることが多い。

関連項目

YAMAHA バイク 原付 スクーター
ゆるキャン△ 志摩リン
ジョグ:兄弟車。

関連記事

親記事

YAMAHA やまは

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーノ(ヤマハ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56324

コメント