ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本国の本州中部山梨県に位置し、富士山を目前にする富士五湖の一つ。東に富士山、北に精進湖、西は身延町域、南は静岡県との県境で、朝霧高原がある。

湖面面積は山中湖河口湖に次いで3位であるが、水深が最もあり、貯水量も最多である。透明度がある(特に冬は20mに達する)ことから湖面に映し出される逆さ富士の見栄えがよく、千円紙幣E号券、五千円紙幣D号券の裏面に用いられている。

東側の富士河口湖町と西側の身延町の境界上にある。富士河口湖町が誕生する前の上九一色村は「湖上はすべて上九一色村に属する」と主張していたとされているが国や県は認めておらず、上九一色村南部が富士河口湖町に吸収された後はその主張を行なっていないため、湖上の境界線は現在も定まっていない。

周辺

富士河口湖町側は本栖地区、身延町は中之倉地区(北側)と釜額地区(南側)なっている。富士河口湖町側は国道139号と国道300号との交差点を中心に人家がある。交差点周辺(本栖地区)は土産店や食事処、その南側はペンションが立ち並んでいる。

かつては水深があり波が立ちにくいという理由から、競艇ボートレース)の選手養成所があったが、気象条件により湖高が変化する為(特に冬季)、選手養成課程に影響を与えていたことから、2001年に福岡県柳川市へ「やまと競艇学校(現:ボートレーサー養成所)」として移転している。

身延町側は隣接する集落が離れていることから人家は殆どなく、中之倉トンネル入口の西側に浩庵キャンプ場といこいの森キャンプ場があるぐらいである。浩庵キャンプ場はゆるキャン△第1期・第一話に登場し、志摩リンがここでキャンプを行なっている。浩庵キャンプ場は中之倉トンネルに受付がある管理棟やバーベキュー場、各務原なでしこが夜まで寝ていた屋外トイレがあり、そこから南側へ進むとキャンプ場となる。受付をすればキャンプ場へは車で乗り入れることが可能。

ゆるキャン△の主要人物が通う本栖高校の名前は本栖湖を基にしているが、本栖湖畔ではなく中之倉トンネルを抜けて峠を下り、西進した場所に位置している(車で30分)。

位置山梨県南都留郡富士河口湖町、南巨摩郡身延町
面積4.70㎞
周囲長11.6㎞
最大水深121.6M
平均水深67.3M
貯水量0.316㎦
水面の標高900M
成因堰止湖
淡水・汽水淡水
湖沼型
透明度12.7M

交通アクセス

富士急行バス


山梨方面の場合、富士急行河口湖駅から富士急バスに乗車。約50分で本栖湖バス停に到着する。自家用車の場合は中央自動車道河口湖インターチェンジから西進し30分を要する。

静岡方面の場合、身延線富士宮駅または東海道新幹線新富士駅からも富士急バスが出ている。所要時間は富士宮駅から50分、新富士駅からは1時間20分。

本栖湖から本栖高校方面へ向かう場合、自家用車またはバイクで行くことが望ましい。本栖高校へ向かう富士急バスが運行されていたが、末期は平日1日1往復のみで、2021年4月に廃止され、一時期直通する公共交通機関が存在しなかった。しかし2021年11月より土休日限定(年末年始除く)で身延町営バスがフレスポみのぶから身延線甲斐常葉駅、旧下部中学校入口(本栖高校前)を経由し浩庵キャンプ場へ向かう路線(飯富本栖湖線)を開設している(但し河口湖駅方面からの接続は考慮されていない)。

ちなみに志摩リンの家があるとされる古関地区から本栖湖へ行く場合、10kmで500mの標高差がある通称「甲州いろは坂」という難所があり、YouTubeにてロードレース用自転車やバイクで向かった人から「キャンプ用品積んでなくても自転車での登坂はきつい」「バイクのギアは常に2速以下にしないと登坂しきれない」という悲鳴が上がっているほど険しい。志摩リン各務原なでしこはこの坂を自転車で向かった(前者は最低でも10kgあるキャンプ用品を積んでいる状態、後者は南部町から小型自転車で40kmを走行している)が、作品を間違えているレベルであり、身延町側から向かう場合は万全の準備を行った方がよい。

関連タグ

山梨県/身延町/富士河口湖町 富士五湖
ゆるキャン△/本栖高校/聖地巡礼
千円札 五千円札 ボートレース競艇

関連記事

親記事

富士五湖 ふじごこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「本栖湖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39000

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました