ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

江戸後期の陽明学者。大坂東町奉行与力、同吟味役を務め、在職中には数々の功績をあげ、世に廉直の評が高かった。辞職後は家塾洗心洞を開く。

1836年天保の飢饉に奉行所に難民救済を直訴してかなわず、1837年2月同志を募って挙兵、打ち壊しを行ったが鎮圧され自刃。


愛称は「お相撲さん」。


性格は実直にして自他共に大変厳しい人物であり、門弟からも畏怖されていた。飢饉の際には私財をなげうって貧しい人々に施しをしてまわった仁義の人であったが、それ故に庶民の窮状を顧みないお上のやり口に怒りを覚えていたのである。


彼の挙兵は事前に内通者によって役所に知られ、体勢の整わぬままに強行されあえなく鎮圧の憂き目に遭った。

しかし、彼が引き起こした『大塩平八郎の乱』は意外な形で継承されることとなる。

幕府に仕えた役人が庶民の生活のために幕府に堂々と反旗を翻したという事実は世間に大変な衝撃を与え、大塩平八郎の名は人々の間に知れ渡り、後に彼の弟子を名乗る人物達が日本全国で次々と世直し一揆を起こすようになったのである。例えば、越後柏崎で儒学者・生田万(いくたよろず)が大塩の門弟を名乗り、幕府に対して世直し一揆を起こしている。


この事件は幕府の権威を大いに揺らがせることになり、大塩平八郎のフォロワーたちによる一揆は長く幕府を悩ませることになる。ある意味で、後の倒幕運動の先駆けとなった人物とも言えるかもしれない。歴史家のなかには、『大塩平八郎の乱』から幕末が始まったと唱える人もおり、事実大塩の乱以降、幕府の権威は幕末期に到るまで失墜し続けており、「徳川幕府は絶対的な支配者」という世間一般のイメージ像を崩すことには成功したとも言える。

彼が残した書物はその多くが禁書扱いとなったが、吉田松陰西郷隆盛も大塩の著作を所持しており、彼等幕末の中心人物達にも少なからず影響を与えていたと見られている。


逸話、余談

  • 自他共に大変厳しい人物で、非常に短気で怒りっぽかったとされる。上司の酒席に呼ばれた際も虫の居所が悪かったのか、幕府に対する怒りが募り非常に堅いことで知られる魚カナガシラのお頭を噛み砕いてしまったとか。他にも知人の頼山陽からは博識を称賛されているが、同時に「君に祈る。刀を善(ぬぐ)い、時に之を蔵せよ」と忠告も受けている。現代風にすると「常時抜刀しているかの如く態度は良くない。たまには刀を仕舞い態度を和らげなさい」となる。実際に常にピリピリと神経を張り詰めた生活を送っており、10日あまりもまともに眠れない日々を送ったという逸話も残る。

  • 「もし友になりたいと思った相手に、邪心を抱いているならば、親しくすべきではない」との言葉が残されており、大塩の厳格かつ生真面目な性格を表している。

  • 蝦夷地探検で知られる近藤重蔵が大坂に左遷させられた際に親交を結んでいたが、互いに「畳の上では死ねない人」という印象を持ったという。

  • 大塩平八郎の乱の影響により大坂町奉行を務めた跡部良弼は庶民の苦しみを顧みない悪奉行としてのイメージが定着しているが、実際にはかなり積極的な米価引き下げ対策を次々に実行し、飢饉発生時には官米払い下げや飯米維持政策を実施している。江戸への米回送こそ続けていたが、これは江戸も米不足に陥っていたという事情にあり、大阪側の事情が逼迫した際には大量流出を防ぐ政策を実施。実際にはしっかりと米価対策を行っていたが、大塩の英雄視と共に評価が貶められた。また、飢饉で餓死者が出たのも事実であり、大塩提案の救民策も却下していたため、大塩が憤ったのも無理のない事だった。しかし、奉行所の対策は一定の効果を発揮し、大塩は近隣農村に施しをした際に「大阪に変異ありと聞きつけたら駆けつけて欲しい」と乱の参加を促していたが、飢饉対策が機能していたため、大阪に近い農村ほど参加者が少ないという事態に陥った。大塩平八郎の乱失敗の一因になったとされる。


創作作品の大塩平八郎


関連タグ

大塩平八郎の乱

関連記事

親記事

幕臣 ばくしん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26447

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました