ピクシブ百科事典

大塩平八郎

おおしおへいはちろう

1793年3月4日(寛政5年1月22日) - 1837年5月1日(天保8年3月27日)
目次[非表示]

概要

江戸後期の陽明学者。大坂東町奉行与力、同吟味役を務め、在職中には数々の功績をあげ、世に廉直の評が高かった。辞職後は家塾洗心洞を開く。
1836年天保の飢饉に奉行所に難民救済を直訴してかなわず、1837年2月同志を募って挙兵、打ち壊しを行ったが鎮圧され自刃。

創作作品の大塩平八郎

マルチ商法に引っかかった雪の為に損害を立て替えた。

関連タグ

大塩平八郎の乱

pixivに投稿された作品 pixivで「大塩平八郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9082

コメント