ピクシブ百科事典

高松凌雲

たかまつりょううん

高松凌雲とは、幕末~明治にかけての日本の医師。

概要

高松凌雲とは、幕末明治にかけての日本医師

天保7年(1837年)生まれで現在の福岡県出身。
22歳で上京してから医師を志し、オランダ医学を学んで30才前にして幕府に登用される。
その後フランス留学するが、無料で貧しい人の診療を行う国からの援助を受けない貧民病院に影響を受ける。

帰国後箱館戦争において箱館病院の院長となるが、ここで行った敵味方問わず治療するという行為は様々な反感や混乱を生じさせたが、日本における初の赤十字医療と言われている。

箱館戦争後は鶯渓病院を開設、また民間救護団体の前身とも言われる同愛社を設立し、大正5年に79歳で死去した。

関連タグ

医師 赤十字

pixivに投稿された作品 pixivで「高松凌雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194

コメント