ピクシブ百科事典

江川英龍

えがわひでたつ

江川英龍は、江戸時代後期(幕末)の幕臣。「太郎左衛門」の名でも知られる。

概要

江戸時代の末期(幕末)における徳川幕府幕臣であり、伊豆の韮山代官を務めていた。太郎左衛門の通称でも有名。

祖先は大和源氏の祖・源頼親(源満仲の次男)とされる。
大和源氏嫡流は平安後期の源親治(宇野七郎)の代から宇野を称したがのち江川を称するようになったという。
父・英毅は、商品作物の栽培による増収などを目指し民治に力を尽くした人物として知られ、彼もまた民衆想いで施政の公正に勤め、二宮尊徳(金次郎)を招いて農地の改良などを行い、嘉永年間には天然痘を予防するため、牛痘を人体に接種する種痘(現在で言うところの予防接種)の技術が伝わった際に、領民への接種を積極的に推進した。こうした経緯から、領民から『世直し江川大明神』」と呼ばれ敬愛されていた。

幕末において日本近海に外国船がしばしば現れるようになった際には、西洋における近代的な沿岸防備の手法に強い関心を抱き、を精錬する金属融解炉の一種である反射炉を築き、日本に西洋砲術を導入し、普及させたことでも知られる。
責任感溢れる人物で、幕末の初期は黒船の来航で上を下への大騒ぎの中、開明的な案を出しその実現に取り組むも過労がたたってこの世を去る。享年55歳(数え年)。死の当日、江川は体調不良を押しきって出立しようとした。妻や使用人が制止するなか、「馬だッ」(江戸城へ出勤するために馬を出せ、の意)と叫び昏倒し亡くなった。後半は幕府にこき使われ続けた生涯であった。

関連タグ

江戸時代 幕末
幕臣 武士
西洋 砲術

関連記事

親記事

幕臣 ばくしん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「江川英龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2030

コメント