ピクシブ百科事典

概要

生没年 天保11年10月16日(1840年11月9日)~明治33年(1900年)8月23日
第2代内閣総理大臣。鹿児島県(薩摩藩)出身。
始め了介と名乗る。剣の達人でありながら生麦事件でイギリス人に斬りかかろうとした藩士を止めている。薩長同盟では西郷側の使者となった。
陸軍軍人として戊辰戦争に従軍し、鳥羽・伏見の戦いや箱館戦争などに参加した。特に箱館戦争では参謀として重要な役割を担い、榎本武揚率いる江戸幕府の残党を五稜郭に追い詰めて降伏に持ち込ませた。

明治になってからは樺太で勢力を拡大していたロシアを脅威と考え、樺太を見切り北海道の開拓事業に力を入れ、同地の開拓を行う官庁として設立された開拓使で活躍した。しかし、開拓途中で開拓使が廃止されそうになったため、開拓使の部下達に起業させ、そこに開拓使の持つ施設や設備を安値(費用の約30分の1)で払い下げて開拓事業を継続させようとした(開拓使官有物払い下げ事件)。だが、これが世論の反感を買ってしまい、一時閑職に追いやられた。

しかし、その権威が失墜する事は無く、日本最初の内閣(第1次伊藤博文内閣)で農商務大臣を務めた後、総理大臣に上り詰めた。

幕府残党を率いて罪を問われた榎本武揚の才能を惜しんで、榎本の復権に動いたほどの人格者として知られているが、ひどい酒乱としても世間に知れわたっており、飲めば大暴れする人物だったと言われている。そのため、黒田の妻が死去した時も「黒田が酔って切り殺した」という醜聞が流され、警視庁のトップであった川路利良が、医師と共に妻の遺体を掘り起こして立証したと言われている。

関連タグ

明治 政治 政治家 明治時代の内閣総理大臣 薩摩藩 大久保利通

関連記事

親記事

明治時代の内閣総理大臣 めいじじだいのないかくそうりだいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒田清隆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46510

コメント