ピクシブ百科事典

天然理心流

てんねんりしんりゅう

天然理心流とは、日本の剣術流派の一つ。剣術のみではなく棒術・柔術なども存在する。
目次[非表示]

概要

日本剣術流派の一つであり、幕末に京都の治安維持活動を行った新撰組において、局長の近藤勇をはじめとした隊士たちが使用していたことで有名である。

また、剣術で有名なためにあまり知られていないが、実は居合術棒術小具足術(小太刀術)や柔術などの徒手格闘まで存在する総合武術としての側面も持っている。

歴史

江戸後期の寛政(1789年~1801年)に遠江の浪人、近藤内蔵之助江戸両国に道場を構えたのが始まり。
二代目宗家を継いだ近藤三助が八王子の村名主出身であった関係から、門人は江戸市中のみならず武蔵甲斐相模にまで広がり、幕臣から農民まで幅広い身分の者が入門した。

三助は跡継ぎを決めないまま早世したため、11年の間宗家が不在であったが、後に高弟の一人嶋崎周助が近藤姓を名乗り、事実上の三代目宗家となり、江戸市谷試衛館(試衛場)を構えた。
万延元年(1860年)には周助の養子近藤勇が四代目宗家を襲名し、襲名披露野試合を行っている。

勇は天然理心流の後継を沖田総司に譲る旨を手紙に記していたが、近藤の死の2か月後に沖田も病死してしまった。
その後勇の甥勇五郎が婿養子として近藤家を継ぐが、勇五郎は勇から剣を学ぶことはなかったため天然理心流宗家は事実上途絶えている。勇五郎の息子久太郎も日露戦争で戦死し、近藤家の血筋も途絶えた。

現在では二代目近藤三助の高弟松崎正作の子、松崎和多五郎に学んだ井上才市の系統が伝承され、試衛館が再興されている。

関連タグ

剣術 日本 古武術
柔術 棒術 居合
白兵戦 新撰組 試衛館
近藤勇 土方歳三 沖田総司 井上源三郎

外部リンク

日本古武道協会
天然理心流公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「天然理心流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21908

コメント