ピクシブ百科事典

井上源三郎

いのうえげんざぶろう

新撰組最古参の隊士の一人。六番隊組長も務める。
目次[非表示]

概要

文政12年(1829年)3月1日、武蔵国日野宿(東京都日野市)の八王子千人同心の家に三男として生まれる。
弘化4年(1847年)ごろ天然理心流の道場へ入門し、近藤勇の兄弟子として、土方歳三らとともに稽古に励んだ。
文久3年(1863年)2月、近藤らとともに浪士組に参加して上洛し、新撰組を結成。副長助勤を務める。
池田屋事件では土方隊の支隊を指揮し、多数の浪士を捕縛した。

慶応4年(1868年)1月、鳥羽伏見の戦いで敵銃弾を受け戦死。
新撰組に入隊していた甥の井上泰助がその首を持ち帰ろうとしたが、あまりに重かったため近くの寺に刀とともに埋葬したとされる。

隊内でも目立つ程剣の腕は高くなかった様だが、血気盛んな組幹部内では特に人当たりが良かったという証言が残る、新撰組の癒し系組長。
一方で元隊士の阿部十郎は「大石沖田、井上はやたらと人を殺しております」と語っている。

尚、好々爺の様なイメージで描かれる事の多い彼だが、実際には近藤らと比べてみても5歳ほどしか年齢は離れておらず島田魁(1828年生まれ)をはじめ彼より年長の隊士も新撰組には多数在籍していた。

関連タグ

幕末 新撰組


創作上の扱い

所謂イケメンパラダイス的作品においては、年長者というのもあって「みんなのオトン」ポジションに置かれることが多い。美形という逸話も無いし。

新選組!

演:小林隆
古参9人の一人。「源さん」の愛称で慕われる。温厚な性格であるがキレ者で、何かと独断専行の傾向が強い嫌われ役の土方に対してもブレーキをかけられる数少ない人物。
鳥羽伏見の戦いで周平を救うため単身薩摩軍に突撃、銃弾の隙間を縫って切り払うという離れ業を見せたが、一斉射撃を受け命を落とす。その死は斎藤一の暴走を齎すなど、新選組内に大きな波紋を呼ぶ。
大阪にいた近藤の元にもとして現れ、「近藤さんは人を信じすぎです。何でも一人で背負うのはおやめなさい」と最後のお説教をして悔い無き人生を全うした。

「バカ…死んだ奴が泣いてどうする…。」

薄桜鬼

CV:小林範雄
優しい性格で、誠実な人柄から周りに信頼されている。雪村千鶴を娘のように思っている。

関連イラスト

新八を癒し系でサンドしてみた


関連タグ

薄桜鬼 土方歳三 近藤勇 雪村千鶴

風光る

関連イラスト

井上 源三郎


関連タグ

風光る

関連記事

親記事

新撰組 しんせんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「井上源三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27580

コメント