ピクシブ百科事典

池田屋事件

いけだやじけん

元治元年6月5日(1864年7月8日)、京都池田屋に潜伏していた尊皇攘夷派志士たちを、新撰組が襲撃した事件。
目次[非表示]

経緯

幕末京都では、尊皇攘夷、反幕府などの思想を掲げる志士たちが盛んに活動を行っていた。
八月十八日の政変で失脚した長州藩は、勢力挽回を目論み潜伏。京都守護職松平容保は傘下の新撰組京都見廻組を用いて取り締まりを強めていた。

元治元年6月5日、新撰組は以前より不審な行動を取っていた炭屋の枡屋喜右衛門を捕縛。店から武器や長州志士との書簡を発見する。新撰組は喜右衛門を拷問し、その正体が大物志士古高俊太郎であること、また長州・土佐肥後藩などの志士たちが、祇園祭前の風の強い日に市中に放火し、混乱に乗じて孝明天皇を長州へ連れ去ろうとしていることを突き止めた。
一方、古高が捕縛されたことを知った宮部鼎蔵ら志士たちは池田屋に集まり、古高奪回の襲撃を決行するか否かの会合を行っていた。

同日夜、新撰組は局長近藤勇の隊と副長土方歳三の隊に別れ、鴨川の東西を捜索。
亥の刻(22時)過ぎ、近藤隊は池田屋で会合中の志士たちを発見。近藤は沖田総司永倉新八藤堂平助を連れ屋内に斬り込み、残りの隊士に出入り口を固めさせた。
志士たちは応戦しつつ、裏口を固めていた新撰組隊士を破って数名が脱出する。
新選組側は沖田、藤堂の戦線離脱で一時劣勢となるが、土方隊の到着により形勢は逆転。未明までには会津桑名藩の応援が到着し、翌朝には残党狩りが始まった。

影響

新撰組は御所焼き討ちを未然に防いだとして一躍名をあげ、また志士たちからは恐れられ恨まれる存在となった。
尊皇攘夷派は数多くの逸材を失い、これにより明治維新が一年は遅れたとも、逆にこれが刺激となり一年早まったとも言われる。

長州藩はこの事件に激昂し挙兵。翌月、禁門の変を引き起こし、京都は戦火に包まれた。

新撰組の最大の晴れ舞台とされるが、当時彼らは財政難に陥っており、解体もささやかれるほどの窮状であった。また、維新志士たちが御所焼き討ちを計画していたという資料は幕府側にしか存在しない。
これらのことから、実は存亡の危機に陥った新撰組が、政敵にテキトーな罪を着せて潰すことで功績を挙げる狂言だったのではないかという見方もある。

襲撃された主な志士

※それぞれの状況については記録が錯綜しているため諸説あるが、そのうち一説を載せている。
宮部鼎蔵~松田重助の七名は俗に「池田屋殉難七士」と呼ばれる。

宮部鼎蔵肥後藩。吉田松陰とは盟友。池田屋内で自害。享年45。
吉田稔麿長州藩。松下村塾三秀の一人。会合の途中で一度藩邸に戻る。襲撃の知らせを受けて救援に向かうが、途中で会津藩士に見つかり殺害された。享年24。
北添佶摩土佐藩。坂本龍馬とともに蝦夷地開拓を計画していた。池田屋内で自害。享年30。
大高又次郎林田藩。赤穂浪士大高忠雄の子孫。池田屋内で討死。享年42。
石川潤次郎土佐藩。池田屋内で討死。享年28。
杉山松助長州藩。松下村塾門下。襲撃を知って藩邸から救援に向かうが、会津藩士に見つかり交戦。傷を負って藩邸に戻るが、翌朝死亡。享年27。
松田重助肥後藩。宮部の弟子。池田屋内で捕縛される。翌朝脱走するも、巡回中の会津藩士に殺害された。享年35。
望月亀弥太土佐藩。坂本龍馬とともに勝海舟の下で航海術を学んでいた。池田屋から脱出する。途中で会津藩士と交戦後、自害。享年27。
桂小五郎長州藩。会合の途中で一時席を外し、難を逃れた。
宮部春蔵肥後藩。宮部鼎蔵の弟。脱出に成功し長州藩邸に逃れる。その後禁門の変に参加し戦死。
藤崎八郎土佐藩。池田屋付近を通りがかったところ、新撰組らに怪しまれ殺害された。享年22。弟の藤崎吉五郎は後に三条制札事件で新選組に殺害されている。

新選組側の死傷者

奥沢栄助裏口を固めていたところ、脱出を図った志士たちと交戦し、即死。
安藤早太郎裏口を固めていたところ、脱出を図った志士たちと交戦。負傷が元で翌月死亡。弓術の達人であった。
新田革左衛門裏口を固めていたところを脱出を図った志士たちと交戦。負傷が元で翌月死亡。
藤堂平助近藤とともに最初に突入。油断して鉢金を外したところ、眉間を斬られ戦線を離脱する。
永倉新八近藤とともに最初に突入。左手親指に重傷を負った。
沖田総司近藤とともに最初に突入。病で倒れ戦線を離脱する。血を吐いたとされることがあるが後世の創作。実際には熱中症であったと思われる。


関連項目

新撰組

pixivに投稿された作品 pixivで「池田屋事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 531

コメント