ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本名は福田広。生年は不明。
出雲国母里藩の医者の出とされるが、確証はない。
医学を学ぶために江戸に出、福島伝之介に甲州流軍学を学んだ。水戸藩執政の武田耕雲斎を尊敬していたことから武田観柳斎を名乗るようになったとされる。
また、江戸滞在中に天然理心流と何らかの接点を持っていたと考えられている。

文久3年(1863年)12月までに新選組に入隊。切腹した野口健司の埋葬手続きを行ったという記録がある。
池田屋事件当日の朝には古高俊太郎を捕縛し、浪士潜伏の情報を掴んだ。池田屋においては近藤勇の隊に属し、2階から飛び降りてきた浪士を斬ったといわれる。
現場においては捕物で活躍する一方、近藤の政治的ブレーンとしても重用され、江戸広島への出張に随行した。

慶応2年(1866年)10月に新撰組を離脱。理由は判明しておらず、脱走とも、穏便な除隊とも言われている。
しかし翌年6月、竹田街道にて新選組の手により斬殺された。伊東甲子太郎御陵衛士または薩摩藩に接触し反幕活動に身を投じたのが原因とされる。

人物

新撰組を扱う作品では近藤に媚びへつらう強欲な人物というようにマイナスイメージで描かれることが多く、後述する『るろうに剣心』の作者・和月伸宏は「創作における新選組ものでは獅子身中の虫として登場するが、ただ単に頭が悪いだけの悪者にされる」と記している。
「武芸の腕は伊東甲子太郎と並び弟子を持つ程だが、欲深く多額の謝礼を要求されるため金の相談はしてはならない」という評価も残っている。

前述の武田耕雲斎を尊敬していたことに見られるように、尊皇攘夷の心が篤かったと思われる。将軍上洛に伴う不逞浪士一斉摘発の際、国学者矢野玄道を捕縛するが、後に直接矢野を訪問し非礼を深く謝罪したという(ただし矢野には甘言と思われ突っぱねられた)。

新選組美男五人衆の一人馬越三郎男色関係を迫ったという逸話が有名だが、後世の創作である。

創作の武田観柳斎

新選組!

演:八嶋智人
メイン画像参照。総髪眼鏡の小男。
隊士募集を見て、河合耆三郎松原忠司と同期入隊。近藤の器にほれ込み勝手に軍師役を買って出る。
無能な人物ではないが威張り屋で、自分のことを新選組で土方の次に活躍していると思い込んでおり、あまり隊士たちからは慕われていない。前掲の古高捕縛の際にも確かに一番貢献してはいるが、その都度「私が発見しましたところによると」と滑稽なまでに強調している。
伊東が入隊したことで、隊士たちは伊藤の兵法学に傾倒するようになり、立場を失うのを危惧した武田は河合から50両無心して西洋の兵法書を買おうとする。しかし伊東に先を越されたため失敗し、河合の切腹の片棒を担いでしまう。
そんな中、新選組が直参となったことで褒美を賜るも、他の副長助勤から不平が上がり、近藤は武田に副長助勤と同格の褒賞で我慢するよう進言する。それに腹を立てた武田は褒賞を蹴り、直参への取り立てを拒否。それを受けて武田の数少ないシンパたちは佐幕の道を進む近藤らに愛想をつかして御陵衛士になると言い出したため、武田は伊東に執り成しを行うも突っぱねられ、シンパ四人は切腹する。
後ろ盾を無くした武田は御陵衛士に取り入ろうとするも、最早伊東は何ら武田に価値を見出しておらずに追い出され、しまいには薩摩の西郷隆盛に縋りつこうとする。
西郷からは会津の情報を盗むよう言われるも、手も足も出なくなり京をうろついていた所で沖田により屯所に連れ戻される。近藤は武田に対し切腹ではなく降格を申し付け、再挑戦を促した。涙ながらに頽れた武田はその晩、あるところに向かうが…。

幕末恋華新選組

CV:茂木優

下の者はこき使い、上の者にはへつらうなど、平隊士たちからは嫌われている人物。
近藤に買われて、新選組へ入隊したが、伊東甲子太郎の入隊以降、自分の身の置き場がなくなりつつあることに、危惧の念を抱くようになる。

薄桜鬼真改

CV:子安武人


余談

るろうに剣心』に登場する武田観柳は勿論武田観柳斎がモデル(剣心の回想シーンに映る武田も、この観柳を思わせる風貌)。男色家だったという俗説を反映し、観柳斎にもホモの設定をつけようとしたらしいが、ボツにしたとのこと。実写版では剣心と左之助を脱がそうとしていたが。

関連記事

親記事

新撰組 しんせんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「武田観柳斎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14305

コメント