ピクシブ百科事典

林弘

はやしひろし

林弘とは『龍が如く』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

声:菅田俊

概要

五代目近江連合舎弟頭補佐。長身と面長な顔が特徴で、関西弁で話す。

『1』では澤村遥を誘拐する為、アレスに構成員達を引き連れて登場。桐生一馬と戦うも敗北する。

2』では郷田龍司に惚れ込み、郷龍会の構成員として登場。ミレニアムタワーの変電室を破壊していたところに桐生と狭山が駆けつけ、『1』での因縁から再び桐生と戦うも敗北する。
戦闘での体力数値は最高を誇り、体力が減ってくると2本の配管を引き抜いて振り回して来る。

ナンバリング作品ではストーリーに直接絡む事がほとんどなく、大抵はその場限りのボスとしての登場である。その為、少し地味な印象が否めなかったが、後述の作品では……。

外伝作品

龍が如くOF THE END

なんとクリーチャーとなって登場。ストーリー開始時から既に人ではなくなっており、神室町がゾンビで埋め尽くされる切っ掛けを作った。

作中で彼が普通の人間として登場するのは回想シーンのみ。
弟分である二階堂哲雄の不審な動向を怪しみ、彼とつるんでいたDDを問い詰めたが、その隙を突いた二階堂に撃たれ、DDにタナトスを注入され実験体「縊鬼(イツキ)」へと変貌。東城会の組事務所を襲って回り、町中に感染を広めていった。

ストーリー終盤では、ミレニアムタワーで桐生と龍司の前に立ちはだかる。
戦闘では素早い動きや長い舌で翻弄し、体力が減ると部屋の壁に備え付けられている手榴弾や、龍司のガトリングアームをもぎ取って使用して来る。
撃破後は僅かに正気を取り戻すが、最期は「甘美な死」を叫びながら息絶える。

龍が如く 維新!

新選組五番隊隊長・武田観柳斎として登場。
男色の気があり、光州流軍学を活かした心と体を教育する方法で隊士を育てている。時には「訓練」と称し、五番隊の隊士と二人きりになる事も(何が行われているかはお察し下さい)。

伊東派に属しているが、武市に良いように利用されているだけの伊東(浜崎豪)に見切りを付けており、後に長州藩への鞍替えを画策。幾松)を人質に取って坂本龍馬(桐生一馬)と取引しようとしたが、龍馬からその卑劣なやり方を「下衆」と一蹴され、彼との戦闘に敗れ死亡する。
戦闘では自動装てん式大口怪弾による二丁拳銃を装備し、これまでの作品の林からは想像できないスタイリッシュな動きで攻撃して来る。

龍が如くONLINE

なんと生きていた
ファンからは歓喜の声や生存で驚愕する声が挙がっていたが、そもそも上述の『OF THE END』はパラレルワールドの作品なので正史作品ではない。
また、ONLINEと7はどれも路線が違うので注意。

キャラクターストーリーでは、かつての仁義の面影は消えていた。本部の命令で春日を倒そうとするが返り討ちにされる。ストーリーを進めるとキャバクラでまた春日と喧嘩する。
どうやらまだ近江連合に所属していたらしいが、林のような古臭い人間は適当に扱われて道具のように使い捨てられると語る。今の近江連合のやり方と、昔の近江連合にあったヤクザの矜持の無さに不満を持っていたようで、それを知った春日も「林のような奴もいるもんだな」と近江のヤクザに関して考え直した。春日が次の「龍」になる者を見て、『2(極2)』で郷田が教えた生き様に感謝していることが判明された。
春日との会話を盗聴された時は近江に反逆したと判断され、逆に追われる身へ。組員が粛清中に春日が助太刀して無事生還し、その恩義から春日の兄弟分として活動するようになった。

関連タグ

龍が如く 近江連合

関連記事

親記事

近江連合 おうみれんごう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「林弘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271

コメント