ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]
  • 1 概要
  • 2 各作品での動向
  • 2.1 ナンバリング作品
  • 2.2 パラレルワールドの作品
  • 3 他の極道組織との関係
  • 3.1 友好組織
  • 3.2 敵対組織
  • 4 東城会本家
  • 4.1 会長
  • 4.2 会長代行
  • 4.3 若頭
  • 4.4 若頭代行
  • 4.5 本部長
  • 4.6 若頭補佐
  • 4.7 舎弟頭
  • 4.8 相談役
  • 4.9 会長秘書
  • 4.10 その他
  • 5 直系団体
  • 5.1 日侠連
  • 5.2 堂島組
  • 5.3 風間組
  • 5.4 嶋野組
  • 5.5 錦山組
  • 5.6 真島組
  • 5.7 戸田組
  • 5.8 矢島組
  • 5.9 飯渕組
  • 5.10 植松組
  • 5.11 橋口組
  • 5.12 村尾組
  • 5.13 金沢組
  • 5.14 亀谷組
  • 5.15 足立組
  • 5.16 土屋組
  • 5.17 三好組
  • 5.18 白峯会
  • 5.19 浜崎組
  • 5.20 柴田組
  • 5.21 冴島組
  • 5.22 青山組
  • 5.23 染谷一家
  • 5.24 菅井組
  • 5.25 坂木組
  • 5.26 田端組
  • 5.27 安住組
  • 5.28 九鬼組
  • 5.29 二岡組
  • 5.30 東出組
  • 5.31 室井組
  • 5.32 本松組
  • 5.33 城元組
  • 5.34 力王会
  • 5.35 品川組
  • 5.36 畑中組
  • 6 三次団体
  • 6.1 久瀬拳王会
  • 6.2 泰平一家
  • 6.3 渋澤組
  • 6.4 金村興業
  • 6.5 初芝会
  • 6.6 笹井組
  • 6.7 荒川組
  • 6.8 氷川興産
  • 6.9 松金組
  • 6.10 八重樫組
  • 6.11 周防一家
  • 6.12 金剛一家
  • 6.13 平迫組
  • 6.14 六郷組
  • 6.15 七福会
  • 6.16 水沢組
  • 6.17 能登組
  • 7 四次団体
  • 7.1 仁星一家
  • 8 五次団体
  • 8.1 玉城組
  • 9 次数不明
  • 9.1 島本組
  • 9.2 馬頭組
  • 9.3 比田組
  • 9.4 古柳一家
  • 9.5 矢崎組
  • 9.6 守口組
  • 9.7 常坂組
  • 9.8 五木組
  • 9.9 作元組
  • 9.10 岩淵組
  • 9.11 妙義一家
  • 9.12 駒井組
  • 9.13 児玉組
  • 10 所属組織が不明な構成員
  • 11 関連タグ
  • 概要

    龍が如く』シリーズの主な舞台となる東京神室町に拠点を置き、関東一円の極道を束ねる巨大極道組織。


    構成員は『1』の時点で2万5千人いたが、『4』の頃には3万人に増加した。『5』ではさらに増加し、過去最大の規模に成長したと語られている。

    しかし、規模こそ年々拡大しているものの、内輪揉めが何度も起こり、その度に有能な幹部が何人も死んでいるため、組織としては弱体化の一途を辿っている。


    モデルは恐らく、同じく関東に本部を置く住吉会。


    各作品での動向

    ナンバリング作品

    堂島組で起こった次期若頭の座とカラの一坪を巡る騒動に乗じて堂島を蹴落とそうと画策する嶋野や増長する堂島を止めたい風間が動き出したことで、近江連合をも巻き込んだカラの一坪争奪戦が勃発する。

    この騒動で、東城会最強と呼ばれていた堂島組は若頭補佐3人を一気に失い没落。カラの一坪を手に入れた世良が本家若頭となり、後に三代目会長に就任した。


    神宮京平が資金洗浄のために東城会に預けていた100億円が何者かに盗まれたことが判明し、それから数日後に世良が錦山と手を組んだ神宮に殺害される。更に世良の葬儀の場で風間が銃撃されたことで、100億と次期会長の座を巡る争いが始まった。

    この騒動により世良・嶋野・風間・錦山が死亡。桐生が四代目を襲名するが同時に引退し、五代目会長の寺田に後を託した。


    弱体化した東城会を建て直すための「改革」と称して寺田がイエスマンばかりを登用したことで、五代目体制に対する不満が高まっていた。

    そんな中、東城会に転身した寺田を裏切り者と見做した近江連合が寺田を殺害したことで東城会は大混乱に陥る。

    堂島弥生が会長代行として組織をまとめようと奮闘するが、近江の大幹部・千石虎之介に買収されていた新藤がクーデターを起こし、大勢の幹部組員を殺害してしまう。

    この騒動で新藤・寺田の他多数の幹部組員が死亡。騒動終結後に大吾が六代目会長に就任した。


    • 極2真島編

    弱体化した東城会を経済面から立て直す為に、寺田が上納金を多く納めた者を幹部に登用する「血の入れ替え政策」を実施する。しかし、この制度の下で台頭した植松や飯渕が他の幹部を見下す言動を取り反感を買ったことで、古参と新参の間で軋轢が生じていた(あの真島までもが植松・飯渕よりも上納金を稼ぎ二人を黙らせるという事態になっている)。

    そんな中、次期若頭の最有力候補とされていた植松が殺される事件が発生し、植松と対立していた真島が疑われる。犯人は飯渕と彼に利用されていた真島組組員の川村だと判明し事件は解決したものの、川村が近江佐倉会の若頭を殺害したことを近江に追及され戦争に発展しかけるが、真島が事件の責任をとったことで事態を収束させた。

    この騒動で植松・飯渕が死亡し、真島組は解散した。


    真島が復帰したことで以前の勢いを取り戻しつつあったが、死んだはずの風間によく似た男に銃撃された大吾が重傷を負い意識不明となってしまう。

    「桐生を会長代行として呼び戻す」という柏木と峯の案に反対する神田と浜崎が次期会長の座を狙って各々行動を始めたことで、跡目争いが勃発。東城会は再び混乱に見舞われることとなる。

    この騒動で神田が死亡、柏木と峯も(恐らく)死亡し、浜崎は東城会を追放された。


    先の跡目争いで著しく弱体化した東城会を立て直すため、会長に復帰した大吾が莫大な収益が見込める神室町ヒルズの建設などを進めていたが、上野誠和会の葛城勲から新井が若頭補佐を殺した事件の和解条件として神室町ヒルズの経営権を要求される、警視庁副総監の宗像征四郎から真島を警察に差し出すよう圧力をかけられるなどの問題が立て続けに起こる。

    何度か窮地に追い込まれたものの、騒動終結後に100団体目の直系組織となる冴島組が加わり、再生の道を歩み出した。

    この騒動で柴田・金村が死亡した。


    若返りに成功し規模は大きくなったものの組織強化には至っておらず、近江はおろか身内からも舐められる程の弱さであった。また、「大吾が会長の座に就けたのは大幹部だった父親の威光と四代目会長の推薦があったためであり、実力ではなくコネのおかげ」と考え大吾に不信感を抱く者も現れ始め、東城会の結束は揺らいでいた。

    そんな中、近江連合との抗争に備え地方極道との盃交渉を進めていたが、その最中に大吾が行方不明になり、更に真島の死も報じられたことで、東城会はまた混乱に見舞われることとなる。

    この騒動で青山を始めとする多数の直系組長が死亡し、ますます弱体化した。


    広島の陽銘連合会に利用され神室町に侵攻してきた香港マフィア「祭汪会」が亜細亜街で起こした火災の責任を問われ、大吾を始めとする主要幹部が逮捕されてしまう。

    その後陽銘連合会と結託していた菅井に東城会を乗っ取られかけるが、桐生に阻止され事なきを得た。

    しかしこの戦いで桐生が陽銘連合会に殺害された(「ことになった」だけで、実際は生きている)ことで四代目の弔い合戦を望む声が強まるが、「仇を討とうと思わないで欲しい」という桐生の遺言に従った大吾が陽銘連合会と五分の盃を交わすことを決めた為、抗争は起こらなかった。

    逮捕された大吾・真島・冴島は無事復帰したものの、この一件で染谷・菅井が死亡した。


    東京都知事に就任した青木遼の指示の下、警察と近江連合、そして東城会を裏切った荒川組が行った「神室町3K作戦」によって組織が崩壊する。

    しかしそれは、権力者の道具に成り果てた今の極道の在り方に疑問を抱いていた大吾と渡瀬勝が東城会と近江連合を同時に解散させる為に仕組んだ計画の一環だった。

    大吾の指示で裏切り者を演じていた荒川や協力者らと共に密かに計画を進め、逮捕されていた渡瀬の出所祝いが開かれる近江の本部で2つの組織の解散を宣言。警察署に解散届を提出して正式に解散した。


    社会復帰を目指す元極道にとっての最大の障壁である「元暴5年条項」に苦しめられ行き場を失った元組員が横浜の極道組織「横浜星龍会」に所属し、再び極道としての生活を始めた。

    規模を拡大した星龍会が元東城会本部を買い取り、東京支部として利用している。


    パラレルワールドの作品

    東城会解散後、大吾と渡瀬が設立した警備会社に就職するなどして堅気にならなかった元組員が相馬和樹の手引きで半グレ集団「RK」に加入し、組織の上級構成員として行動している。


    神室町に拠点を置く東城会系の組が相次いでゾンビに襲撃され、古参幹部の半数が犠牲になるなどの大ダメージを受ける。

    この騒動で多数の構成員が死亡し、より一層弱体化することとなった。


    東城会を裏切った荒川組と近江連合・警察が共謀して行った「神室町浄化作戦」で組織が壊滅状態となり、大吾が逮捕された。真島・冴島ら主要幹部も姿を消し、消息を断っている。


    他の極道組織との関係

    友好組織

    『4』に登場する小規模な極道組織。

    『4』の25年前(『0』の1年前)には東城会と勢力争いをしていたが、冴島が起こした襲撃事件を機に和解し、親戚団体となった。

    一応東城会とは対等な関係だが、同格の組織というよりは傘下組織のような扱いをされている。



    敵対組織

    関西最大の極道組織。東城会とは長年対立関係にあり、実際に抗争が発生したこともある。

    組織同士は対立しているが、寺田や勝矢のように東城会の人間と良好な関係を築いている者もいる。


    • 関西共礼会

    JUDGE EYES』に登場する極道組織。

    関西に拠点を置く組織だが、近江の傘下なのか独立した組織なのかは不明。

    大手ゼネコン「梶平グループ」会長の梶平茂から多額の資金援助を受けており、実質的に梶平の私兵となっている。


    • 東京連合

    『ONLINE』に登場する非東城会系の極道組織。

    東城会を追われた組で構成されており、名の知れた元東城会幹部が何人も所属している。


    東城会本家

    会長

    • 初代会長:東城真

    ドーベルマンを放し飼いしていた」、「裏切者を本部の庭で抹殺した」という逸話がある気性の荒い人物。DVDの題材にされる程には腕っ節の強さで名を馳せた人物である様子。


    • 二代目会長:不明

    故人だということ以外に詳細が一切語られなかった謎多き人物。後任が三代目ではなく二代目代行であることから、恐らく後継ぎを決める前に急逝したと思われる。


    • 三代目会長:世良勝(『1』序盤まで)

    直系団体「日侠連」の総裁として、東城会の暗部を担ってきた人物。

    詳細は個別記事にて。


    • 四代目会長:桐生一馬(『1』終盤からエピローグまで)

    「堂島の龍」と呼ばれている伝説の極道。

    詳細は個別記事にて。


    「近江四天王」の一角を担う五代目近江連合本部長。

    詳細は個別記事にて。


    かつての大幹部・堂島宗兵の息子。

    詳細は個別記事にて。



    会長代行

    • 二代目会長代行:二井原隆(『1』開始前まで)

    『0』に登場する老齢の男性。

    最高権力者ではあるものの、東城会最強の堂島組を制御できずにいる。

    死亡した二代目会長に代わり会長職を務めた。


    『1』と『2』に登場する、堂島宗兵の妻にして大吾の母。執行部に所属している。

    死亡した寺田に代わり会長職を務めた。


    • 六代目会長代行:青山稔(『5』序盤まで)

    直系団体「青山組」の組長。

    行方不明の大吾に代わり会長職を務めた。


    • 六代目会長代行:菅井克己(『6』終盤まで)

    直系団体「菅井組」の組長。

    逮捕された大吾に代わり会長職を務めた。



    若頭

    • 二代目若頭:世良勝(『0』のエピローグから『1』開始前まで)

    直系団体「日侠連」の総裁。

    二井原が会長の座から退いた後、三代目会長に就任した。


    • 三代目若頭:風間新太郎(『1』まで)

    直系団体「風間組」の組長。

    世良が三代目会長になった後に若頭に就任していたことが『ONLINE』で判明した。


    • 六代目若頭:柏木修(『3』まで)

    直系団体「風間組」の二代目組長。



    若頭代行

    • 五代目若頭代行:柏木修(『2』まで)


    本部長

    • 六代目本部長:青山稔(『5』まで)


    若頭補佐

    • 六代目若頭補佐:真島吾朗(『3』まで)

    直系団体「真島組」の組長。


    • 六代目若頭補佐:峯義孝(『3』まで)

    直系団体「白峯会」の会長。


    • 六代目若頭補佐:浜崎豪(『3』まで)

    直系団体「浜崎組」の組長。


    • 六代目若頭補佐:神田強(『3』まで)

    直系団体「錦山組」の三代目組長。


    • 六代目若頭補佐:安住(『5』まで)


    舎弟頭

    • 五代目舎弟頭:真島吾朗(『2』まで)


    相談役

    • 六代目相談役:菅井克己(『6』まで)


    会長秘書

    • 六代目会長秘書:青山稔(『5』まで)


    その他

    『5』に登場する大吾の護衛。


    『5』に登場する大吾の護衛。


    • 友川

    『ONLINE』に登場する本家の会計士。

    本家に納められた上納金の取りまとめを担当している。


    • 知念

    『ONLINE』に登場する桐生の護衛。


    • 大杉

    『ONLINE』に登場する桐生の護衛。


    直系団体

    日侠連

    • 総裁:世良勝(『0』のエピローグまで)→国枝政志(『極』本編開始前)→入江(『LOST JUDGMENT』本編開始前)
    • 刺客:囚人番号1356
    • 幹部候補:相馬和樹阿久津大夢(『LOST JUDGMENT』本編開始前)

    『0』『1』『LOST JUDGMENT』に登場する直系団体。

    直系団体ではあるものの、他の組織と違い表立って代紋を掲げておらず、暗殺を始めとする"裏の仕事"を専門分野としている。そのため桐生や真島の様な若衆には存在を知られていなかったが、渋澤や嶋野、西谷誉がこの組織や世良を知っていた事から、少なくとも東城会と近江連合の幹部クラスには認知されている模様。

    世良が三代目に就任してからは国枝が跡を継ぎ、その後入江に代替わりした。また、東城会解散に伴い日俠連も消滅したことが『LOST JUDGMENT』で語られた。



    堂島組

    『0』〜『2』に登場する直系団体。

    かつて桐生や錦山、風間が所属していた。

    元々東城会内では中堅の組だったが、1980年に韓国マフィア「真拳派」を始めとする海外勢力を殲滅したことで台頭し勢力を拡大。『0』の頃には若頭の風間と非常に優秀な3人の若頭補佐を擁し、本家とのパワーバランスが逆転しかねない程の力を持っていた。

    組のブレーキ役だった風間が服役中で不在という事もあり、カラの一坪を手に入れるため他の組織を巻き込んで暴走するもカラの一坪入手に失敗。更にこの一件で若頭補佐3人を一気に失い、堂島に雇われていた殺し屋の老鬼も日侠連に捕えられた事で弱体化。その上『1』の冒頭で堂島が殺害され組長不在となり、風間組に組員のほとんどを持っていかれたことでますます弱体化し、その後解散した。



    風間組

    • 組長:風間新太郎(『1』終盤まで)→柏木修(『2』以降)
    • 組長代行:真島吾朗(『3』)
    • 若頭:柏木修(『1』まで)
    • 組員:松重(『極』に登場)、堂島大吾(『1』開始前に破門され脱退)、銀次(モバイルに登場、既に脱退)

    『0』〜『3』に登場する直系団体。

    児童養護施設『ヒマワリ』や更生支援組織『堅生会』などの運営を支援する、東城会随一の穏健派。元々は堂島組傘下の三次団体だったが、堂島の死後直系に昇格した。

    風間の死後は、柏木が引き継いだもののヒマワリの運営支援も滞っていたようで、2で桐生が援助するサブイベントがある。

    『3』で柏木が(恐らく)死亡してからは桐生の頼みで真島が組長代行を務め、その後真島組に吸収された。



    嶋野組

    • 組長:嶋野太
    • 若頭:真島吾朗(『1』まで)
    • 若頭補佐:伊藤(『ONLINE』に登場)

    『1』に登場する直系団体。

    元々は堂島組傘下の三次団体だったが、真拳派の壊滅など多くの功績が認められて直系に昇格した。風間組と並ぶ東城会最大戦力と目されている。

    試合賭博などをしのぎとしていたようで、1のサブイベントでは構成員が黒幕であることが多かった。

    嶋野が死亡し組長不在となった後、錦山組に吸収された。



    錦山組

    • 組長:錦山彰(『1』終盤まで)→新藤浩二(『2』中盤まで)→二代目代行(『ONLINE』に登場、名前不明)→神田強(『3』から)
    • 若頭:新藤浩二(『1』まで)→長谷部(『3』から)
    • 若中:荒瀬和人(『1』まで)
    • 舎弟頭:田中シンジ(『1』終盤まで)
    • 組員:松重(『極』に登場、風間組からの出向)、峯義孝(『3』本編開始前に独立)、神田強(『3』本編開始前まで)

    『1』〜『3』に登場する直系団体。

    親の堂島を殺したことで東城会に居場所がなくなった桐生の受け皿を作ろうと考えた風間の計らいで設立された。

    元々は風間組傘下の三次団体だったが、風間組の若手組員を引き抜き独立。野心を糧に振るった辣腕で人員や実績を集め、直系までのし上がった。半ば強引に勢力を拡大させたが故に野心や欲望を隠さない好戦的な組員が多く、玉城組程ではないが無法者揃いの組である。

    会長になる為に世良の暗殺や風間の襲撃などの凶行に及んだ初代組長の錦山、近江連合の千石と結託してクーデターを起こし東城会に大ダメージを与えた二代目組長の新藤のせいで一度はいつ解体されてもおかしくない状況に追い込まれていたのだが、新たに組に加わった峯が火の車状態だった東城会の財政を立て直したため存続を許される。

    三代目組長には峯を東城会に招いた神田が就任したのだが、その神田も跡目を狙って上の了承を得ないまま桐生に抗争を仕掛けるという不義理を働いてしまう。流石に三度目の失態は許されなかったようで、遂に解体されたことが『4』で明かされた。



    真島組

    『1』〜『6』に登場する直系団体。

    『1』では嶋野組傘下の三次団体だったが、『2』で直系に昇格した。

    『ONLINE』での組員の話によると、自由人の真島がその日の気分で組員の昇格や降格を行うため、誰がどの役職に就いているのかを誰も把握できていないらしい。

    組員が近江連合の幹部を殺害した事件の責任を取って一度解散したが、桐生に頼まれ『3』で復帰した。以降は武力・経済の両面で東城会を支えている。



    戸田組

    • 組長:戸田

    『2』に登場する直系団体。

    戸田が死亡したため、恐らく他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    矢島組

    • 組長:矢島

    『2』に登場する直系団体。

    矢島が死亡したため、恐らく他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    飯渕組

    『極2』真島編に登場する直系団体。

    元コンサルタントの飯渕が経営するだけあって植松組程では無かったがかなりの額の上納金を納めており、上納金を重視する五代目体制の下で台頭した。

    飯渕が近江連合に加担し東城会との抗争に協力するという不義理を働いた上に死亡したため、恐らく解体されたと思われる。



    植松組

    『極2』真島編に登場する直系団体。

    元は三次団体の新参だったが、上納金を重視する五代目体制の下で台頭。当時の直系組織の中では一番金を稼いでいた。

    植松が死亡したため、恐らく他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    橋口組

    • 組長:不明

    『極2』真島編に登場する直系団体。


    村尾組

    • 組長:不明

    『極2』真島編に登場する直系団体。



    金沢組

    • 組長:不明

    『極2』真島編に登場する直系団体。



    亀谷組

    • 組長:不明

    『極2』真島編に登場する直系団体。



    足立組

    • 組長:不明

    『極2』真島編に登場する直系団体。



    土屋組

    • 組長:不明

    『極2』真島編に登場する直系団体。



    三好組

    • 組長:不明

    『極2』真島編に登場する直系団体。



    白峯会

    『3』に登場する直系団体。

    株取引や不動産業を扱うベンチャー企業という表向きの顔を持ち、東城会の懐を支える金庫番。

    峯が東城会に加わってから程なくして設立された。これには力量を認めると同時に、危うい所がある峯を監視する意味合いも兼ねて大吾が錦山組からの独立を許したという背景がある。

    峯が大吾銃撃事件を機に暴走し、跡目を狙い大吾の殺害を目論むというとんでもない不義理を働いた上に死亡したため、解体された。白峯会の消失は東城会にとって相当な痛手だったようで、これが『4』で起こった事件の原因の一つとなった。



    浜崎組

    『3』に登場する直系団体。

    拠点は横浜中華街周辺。元々は大した功績も無いただの三次団体だったが、中国マフィアの「蛇華」と協力関係を結んだことで急激に勢力を拡大し、直系に昇格した。

    白峯会が「日本支部総統のラウ・カーロンが死亡したことを受け、蛇華が報復に出た」ことにして全組員を殺したことで壊滅状態となり、その後浜崎が跡目争いで東城会に混乱を招いた為に破門されたことで消滅した。



    柴田組

    『4』に登場する直系団体。

    直系団体の中では弱小であり、末席に甘んじている。

    25年前(『0』の1年前)までは三次団体で、同じく三次の組だった笹井組と直系の座を争っていたが、冴島が起こした事件によって笹井組が解散となった事で直系の座を射止めた。

    柴田が神室町ヒルズの利権を狙って上野誠和会の葛城勲と共謀し本家に牙を剥くという最悪の不義理を働いた上に死亡したため、恐らく解体されたと思われる。



    冴島組

    組長代行:真島吾朗(『5』まで)

    『4』〜『6』に登場する直系団体。

    桐生や真島の後押しもあって設立された、記念すべき100団体目の直系組織。組長が逮捕・収監されて組を離れることが多く、組長不在の間は兄弟分の真島が組長代行を務めている。



    青山組

    『5』に登場する直系団体。

    組長が会長の側近ということもあり、直系団体の筆頭組織となっている。

    青山が近江連合の人間が進めている計画に乗りクーデターを起こすという不義理を働いた上に死亡したため、恐らく解体されたと思われる。



    染谷一家

    『6』に登場する直系団体。

    亜細亜街を巡る抗争を利用して直系に成り上がった武闘派で、ミレニアムタワーに事務所を構えている。

    染谷が死亡したため、恐らく他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    菅井組

    『6』に登場する直系団体。

    二代目時代から存在する古参の組だが、特に目立った活躍はしていない。

    菅井が広島の陽銘連合会と結託して大吾を排除し、東城会の支配を目論むという不義理を働いた上に死亡したため、恐らく解体されたと思われる。



    坂木組

    • 組長:不明
    • 組員:鈴森近雄

    『7』の18年前(2001年)に存在した直系団体。

    組長が近江連合と内通し東城会の内部情報を流すという不義理を働いていた。



    田端組

    『8』に登場した直系団体。

    田端が死亡したため、春日が荒川組に入る頃に他の組に吸収された。



    安住組

    • 組長:安住

    『OF THE END』に登場する直系団体。

    『5』で組長と同名の東城会幹部が登場したが、同一人物かは不明。



    九鬼組

    『クロヒョウ』と『クロヒョウ2』に登場する直系団体。

    地下闘技場「ドラゴンヒート」での勝敗予想を始めとしたネット賭博をシノギとする、東城会きっての頭脳派。

    隆太郎の死後、息子の隆昌が跡を継いだ。



    二岡組

    『クロヒョウ』と『クロヒョウ2』に登場する直系団体。

    流石に大幹部と比べたら見劣りはするものの、東城会でも有数の武闘派組織として知られている。

    九鬼隆太郎の死後にドラゴンヒートを手中に収めたが、八百長など質の低下で資金繰りが悪化する事態となり、九鬼組に返還した。



    東出組

    • 組長:東出銀二→東出塔子
    • 組長代行:東出塔子(後に組長に就任)

    『ONLINE』に登場する直系団体。

    銀二の死後、妻の塔子が跡を継いだ。



    室井組

    • 組長:室井

    『ONLINE』に登場する直系団体。

    室井が死亡したため、恐らく他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    本松組

    • 組長:本松

    『ONLINE』に登場する直系団体。

    脅して協力者にした刑事が事件を揉み消してくれるのをいいことに好き放題暴れ回っている。

    殺人事件の真相を探るために本松組を調べていた谷村正義と手を組んだ錦山組に攻め入られ、揉み消しの証拠を谷村に奪われたことで組長が逮捕された。



    城元組

    • 組長:城元

    『ONLINE』に登場する直系団体。

    城元が会計士の友川と共謀して帳簿を改ざんし、各組織から本部へ納められた上納金の一部を着服するという不義理を働いていた上に死亡したため、恐らく解体されたと思われる。



    力王会

    • 組長:初代組長(名前不明)→二代目組長(名前不明)

    『ONLINE』に登場する直系団体。

    多数の傘下組織を有する穏健派の弱小組織。



    品川組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する直系団体。

    次期幹部候補のエリートにして指折りの実力者でもある木村が所属している。



    畑中組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する直系団体。


    三次団体

    久瀬拳王会

    『0』に登場する、堂島組傘下の三次団体。

    会長の久瀬を筆頭に腕っ節の強い喧嘩自慢が集められた荒くれ者の集団で、堂島組の「暴力」を担う。

    久瀬が逮捕された後堂島組に吸収された。



    泰平一家

    『0』に登場する、堂島組傘下の三次団体。

    優れた情報収集能力によって東城会や神室町界隈の動向を事細かく探り、強請や脅迫のネタを仕入れている堂島組の「脅し」担当。

    阿波野が死亡した後堂島組に吸収された。



    渋澤組

    『0』に登場する、堂島組傘下の三次団体。

    堂島組の「事務」担当で、堂島組や久瀬拳王会、泰平一家等の裏方役を務めている。

    渋澤が逮捕された後堂島組に吸収された。



    金村興業

    『4』に登場する、柴田組傘下の三次団体。

    名目上の組長は金村だが、実際に組を率いているは若頭の新井。

    金村が死亡し新井も逮捕され、その上親組織の柴田組も(恐らく)消滅したため、他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    初芝会

    • 会長:初芝
    • 若頭:緑川琢己

    『4』に登場する、柴田組傘下の三次団体。

    暴力団というよりはカラーギャングのような集団。神室町の劇場の地下に住んでいたホームレスを追い出しそこに事務所を構えている。

    親組織の柴田組が(恐らく)消滅したため、他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    笹井組

    • 組長:笹井英樹
    • 若頭:本山義則
    • 若衆:冴島大河(『4』本編開始前まで)

    『4』に登場する三次団体。

    25年前(『0』の1年前)は柴田組と直系の座を争っていたが、冴島が起こした事件が原因で解散した。



    荒川組

    『7』に登場する三次団体。

    内部情報を流し東城会を壊滅状態に追い込んだ功績が認められ、近江連合の直参団体となっている。

    『ONLINE』でも東城会から鞍替えし、近江連合の直参団体となっている。加入までの経緯は『7』と大体同じ。



    氷川興産

    • 組長:氷川
    • 若衆:荒川真澄(『7』以前に独立)

    『7』の荒川の回想に登場した三次団体。

    殺人や死体の処理等の汚れ仕事を主に請け負っており、かつて荒川が在籍していた。

    氷川が荒川に殺害された後解散した。



    松金組

    『JUDGE EYES』に登場する三次団体。

    松金が実質隠居状態のため、羽村が指揮を執っている。

    本作の主人公・八神隆之の助手である海藤は松金組の元構成員。

    松金が死亡し羽村も逮捕されたもののしばらくの間は組を維持していたようだが、『LOST JUDGMENT』で解散したことが語られた。



    八重樫組

    • 組長:八重樫公太朗

    『ONLINE』に登場する三次団体。

    同じく三次団体の周防一家とは対立している。

    八重樫が死亡したため、恐らく他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    周防一家

    • 組長:不明
    • 舎弟頭:阿口志郎(八重樫准一)

    『ONLINE』に登場する三次団体。

    同じく三次団体の八重樫組とは対立している。

    八重樫死亡後、阿口に名前を変えた八重樫の息子・准一が加入した。



    金剛一家

    • 組長:金剛

    『ONLINE』に登場する、力王会傘下の三次団体。

    金剛一家のシマにあるビルを手に入れたい峯の説得に応じ、力王会を離れ錦山組の傘下組織となった。



    平迫組

    • 組長:平迫

    『ONLINE』に登場する三次団体。

    「平迫建設」というフロント企業を経営している。



    六郷組

    • 組長:六郷

    『ONLINE』に登場する三次団体。

    跡目争いで組長が死んだ親組織を吸収して成り上がった武闘派。



    七福会

    • 会長:永沼

    『ONLINE』に登場する三次団体。

    畑中組の威光を利用して勢力を拡大する武闘派。



    水沢組

    • 組長:先代組長(名前不明)→組長(名前不明)

    『ONLINE』に登場する三次団体。

    盗品の横流しをシノギとしている。



    能登組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する三次団体。



    四次団体

    仁星一家

    • 組長:不明
    • 組員:室田

    『0』に登場する四次団体。

    スナック「なませ」のケツモチをシノギとする。

    『6』では室田という末端の組員が登場した。


    五次団体

    玉城組

    『3』に登場する、白峯会系列の五次団体。

    沖縄琉球街を活動拠点としている。組長を筆頭に利益の為ならば卑劣な行為を平然と行う東城会系組織の中でも随一の外道の集まりで、沖縄の住民から相当に嫌われていた。

    これまでの悪行が祟ったのか、玉城の死亡後に解体された。


    次数不明

    島本組

    • 組長:島本

    『OF THE END』に登場する東城会系の組。

    ゾンビ騒動に乗じて、桐生の首と東城会の新体制を狙おうとしたがゾンビによって殺された。



    馬頭組

    • 組長:不明
    • 若頭:五十嵐昌夫(『海藤正治の事件簿』開始前)
    • 若頭補佐:千田四郎(『海藤正治の事件簿』開始前)

    『LOST JUDGMENT』のスピンオフ『海藤正治の事件簿』に登場する東城会系の組。

    刑事の家族構成や弱みなどの調査を担当している。

    東城会解散に伴い消滅した。



    比田組

    • 組長:比田

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。

    比田が死亡したため、恐らく他の組に吸収されたか解散したと思われる。



    古柳一家

    • 組長:古柳

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。

    堂島組の傘下組織で、同じく堂島組傘下の常坂組とはライバル関係にある。



    矢崎組

    • 組長:矢崎

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。



    守口組

    • 組長:守口

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。



    常坂組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。

    堂島組の傘下組織で、同じく堂島組傘下の古柳一家とはライバル関係にある。



    五木組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。

    相沢が所属している。



    作元組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。

    次期幹部候補のエリート組員・榊原が所属している。



    岩淵組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。

    東城会崩壊に伴い消滅した。



    妙義一家

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。

    力王会の傘下組織。



    駒井組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。



    児玉組

    • 組長:不明

    『ONLINE』に登場する東城会系の組。


    所属組織が不明な構成員

    • 片桐

    『4』冴島編のサブストーリーに登場。


    『7』に登場。


    • 鬼岳嶽

    『LOST JUDGMENT』に登場。


    • 阿部雅也

    『ONLINE』に登場。


    • 松澤恭平

    『ONLINE』に登場。


    関連タグ

    龍が如く 極道 ヤクザ 神室町

    関連記事

    親記事

    神室町 かむろちょう

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

    pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175652

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました

    見出し単位で編集できるようになりました