ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:子安武人

概要

『龍が如く極2』の真島編にのみ登場。東城会直系飯渕組組長で、元コンサルタントという異色の経歴を持つインテリヤクザ。
五代目東城会会長に就任した寺田行雄が推し進める、手段に関係なく上納金を稼げる人材を幹部に登用する施策「東城会改革」によって古参幹部並みの発言権を得ている。上納金の金額は約1800万円と、3位の風間組にダブルスコア以上の差をつけており、全二次団体で2位にまで達している。

性格

基本は冷静沈着だが、少しでも自分の思い通りにいかない展開に陥ると声質に露骨な苛立ちが滲み出たり、真島と対峙した際は声を荒らげるなど、根本的には気性の荒い性質である。また、インテリヤクザとしての技量は凄まじく、東城会改革の際にその圧倒的な知識量と理性的な判断力を買われて直系組長へと抜擢されているが、義理人情などの古い価値観にとらわれている古参の幹部衆を毛嫌いしている。

その本性は、自らが身を置く極道社会全体を「この世で最も非合理的で時代遅れな業界」と見下し、極道組織の全国統一と自らの手での合理化を目論む強い野心の持ち主。理想の邪魔になる相手を力ずくで排除することをためらわず、作中では真島組若衆の川村涼太の莫大な借金を肩代わりすることで彼を手駒にし、自らの若頭就任の障害となる植松組組長の植松彰信と、東城会と近江連合の戦争の火種を作るため、大阪・蒼天堀で近江連合三次団体の幹部を射殺させている。また、実行には移されなかったものの、力をつけて東城会を手中に収めた後は会長である寺田をも始末する予定でいた。

劇中での活躍

空席となっていた若頭を決定する緊急幹部会で初登場。自分と同じ新参ながら上納金ランキング1位(=次期若頭の最有力候補)の植松と共に、古参幹部ら相手に強気な発言を繰り返していた。しかし、遅れてやってきた真島吾朗が植松を圧倒する額の大金を用意したため、一旦幹部会は終了する。

幹部会と同日、植松が自らの組の事務所で射殺される事件が発生。これに対し、第一発見者である真島が次期若頭の地位欲しさに植松を殺したのではないかと疑いをかけ、「真島が殺したっていう証拠がどこにある」という柏木修の反論に対しても、「出てくるのは時間の問題」「殺す動機として十分すぎます」「古参同士のかばい合いは見ていられない」と嘲笑。真島は真犯人の首を獲るために東城会本部を後にする。

伝説の情報屋「サイの花屋」の協力を得た真島は、キャバレー・グランドのVIPルームで川村と交戦。決着がついたのを確認すると、用済みとなった川村を真島の背後から射殺。近江連合のある幹部と共謀して東城会を近江に吸収合併させ、全国統一を果たした組織の要職に就いて極道社会を理想色に染め上げるという計画を話し始める。そして近江連合幹部殺害を真島の仕業として東西戦争の勃発を決定的なものにすべく、彼と交戦する。

結局真島との戦いに敗れ、「ブタ箱で臭い飯でも食ってイチから勉強しなおしてこいや」と命までは取られずに済んだが、「全てはもう動き始めているんだよ」「最高のエンタテイメントだ」とこれからの極道社会に起こる出来事を想像して満足そうに笑みを浮かべ、戦闘でも用いた拳銃で自ら命を絶った。

関連タグ

龍が如く 龍が如く極2

高島遼

菅井克己

関連記事

親記事

龍が如く極2 りゅうがごとくきわみつー

pixivに投稿されたイラスト pixivで「飯渕圭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5852

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました