ピクシブ百科事典

神田強

かんだつよし

神田強とはゲーム「龍が如く3」の登場人物である。
目次[非表示]

「戦争や!いよいよ戦争が始まんで!」CV1宮迫博之

概要

東城会直系錦山組の三代目組長。及び東城会の若頭補佐。
スキンヘッドで太めの体型、上半身は裸に直接背広を羽織っているのが特徴。背中には天女の刺青が掘られている。

性格


性格は横暴かつ絵に書いたような(悪い意味で)体育会系。そして超がつく程の短気
その気性の荒さや脳筋ぶりは龍が如くシリーズ全体でも一、二を争う程で、挨拶がてらに暴力を振るったり、部下や自身が借りを与えている峯義孝はおろか、立場上は同格である真島吾朗浜崎豪や上の立場にある筈の柏木修に対してもすぐに怒声を浴びせ、戦闘中や機嫌が悪い時には周りにある物を手当たり次第振り回したり、破壊する悪癖がある。

錦山組の初代二代目を倒した桐生一馬に対して組のメンツを潰された恨みから「敵」と称して激しく憎んでいるものの、実は桐生の事は顔すら知らない
ちなみに桐生の顔を知らない理由は『』、『』の事件が起きた当時、神田自身は強姦罪で服役中だった為。

ストーリーでの活躍


錦山組には錦山の生前から所属していた古株であるが、錦山が現役の頃はその性格から「鉄砲玉にもならないチンピラ」と取るに足らない存在であった。
しかし、知人であった峯を東城会に加入させた事で、結果的に東城会に大きな経済効果を齎した事から現在の地位を得るに至った。

初登場シーンは組の一室で“ナニ“をしているシーン。その事後、組員を並ばせビンタをかまし恫喝し、緊急幹部会の話を聞くなり、次々に戦争の指示。と強烈な印象を与えた。
会長である堂島大吾が襲撃された事で会長不在という事態に陥った東城会の危機に際して行われた幹部会において桐生を一旦東城会に呼び戻す話になった際に前述の理由から猛反対し、桐生を殺して自分が東城会の跡目になることさえ仄めかした。

その為、ミレニアムタワーでの襲撃事件で柏木が命を落とした後、その犯人を探す桐生から容疑者として怪しまれ、ラブホテルで女遊びをしようとしていたところを桐生と弟分の島袋力也に襲撃される。
ホテル内での逃走劇の後、スイートルームでの対決は、プールに潜んだ神田の不意打ち(通称海坊主)から始まり、自慢の馬鹿力で室内の家具や壁の装飾を引き剥がして武器とし桐生に戦いを挑むも敗北。
桐生に足蹴にされながら、ミレニアムタワー襲撃に関して、自分は関与していないと自供し、同じく桐生復帰に反対の意を示していた浜崎が怪しいと語るも、桐生が背中を向けた隙に隠し持っていたドスを取り出して襲いかかるが、呆気なく返り討ちに遭い、気絶した。

この騒動により錦山組は実質壊滅状態となり、怒り狂う神田は、峯の事務所にて峯に兵隊と軍資金を要求。その際に峯の超高額コレクションを次々に破壊して鬱憤を晴らすが、その愚行がついに峯の堪忍袋の緒を切れさせ、既に神田に対し愛想を尽かしていた事もあり、峯はすげなくこれを拒否。神田は峯に殴り掛かるもあっけなく返り討ちにされ、それまで「インテリヤクザ」「西洋かぶれ」と見下していた彼の予想外な強さに驚愕する間もなく、最後は峯の命令を受けた白峯会の組員によって殺害され、波乱な人生に幕を閉じた。

その後、神田の首はアタッシュケースに詰められ、賽の河原にいる桐生の元にケジメとして送り届けられた。



ちなみに・・・


神田が初登場シーンで行っていた“ナニ“とはマッサージである。嫌がる女に無理やりマッサージを施すのが趣味で。ガタイのデカい女が好み。

神田とのバトルでは逆に彼に海老反り固めという名のマッサージを施す事も可能。

関連タグ

龍が如く 錦山組 東城会 峯義孝 桐生一馬

南雲剛龍が如く6で宮迫氏が演じるキャラクター。神田と違って侠気溢れる好漢である。

pixivに投稿された作品 pixivで「神田強」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4371

コメント