ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:宮迫博之

概要

広瀬一家若頭。良くも悪くも感情豊かな義理人情に篤い性格で、ヤクザでありながら、惚れた弱みで笠原清美からみかじめを取らないなど実利よりも情を優先しがちな面がある。また、清美を助けに行く際に正体がバレないように被った覆面をうっかり脱いで正体を晒してしまったり、神室町を訪れた時には桐生達の目を盗んでこっそりソープに行くなどの粗忽な部分が目立つため一家の若衆から極道としてはあまり尊敬こそされていないが、根底では彼らのことを大切に思っており、その憎めない人柄も相まって友人としては慕われている。清美に対する感情も非常に誠実な物であり、自分よりも彼女に相応しいと感じた相手を認められる度量を持っている。若頭という肩書きに恥じぬ強さも秘めており、東城会やジングォン派、祭汪会といった名だたる極道やマフィアの構成員を複数人以上同時に相手にして軽く叩きのめしたりと確かな喧嘩の実力も持っている。戦闘では右の拳骨を高く掲げた構えを取り、大振りながらも勢いを乗せた打撃、とりわけ頭突きを得意としており、ドロップキックやフライングクロスチョップといったプロレス技も繰り出す。

当初は広島を訪れた桐生一馬を恋敵であると決めつけて一方的に目の敵にし、街中や草野球の試合などの事ある毎に突っかかっていたが、清美の店からみかじめを取らない一件で舛添から責め立てられた際に連れ去られて暴行を受けていたところを桐生に救われ、その際にどれだけ痛めつけられようともシノギよりも清美を守るという信念を曲げなかった姿を見た桐生から、その侠気を認められ、自身も考えを改めて桐生を兄貴と呼び慕うようになる。その後は遥の事故の真相を追うために桐生と行動を共にし、桐生の片腕としてジングォン派や祭汪会、小清水寛治菅井克己といった強敵を相手に奮闘し、終盤には桐生からも「兄弟」として認められる。事件終結後は広瀬一家の建て直しに奔走する一方で、清美の元夫の染谷巧から清美と娘のヒロミを託されたことで尾道仁涯町にヒロミを迎え入れて二人を守っていくことを誓う。

余談だが、桐生と恋をしていた幼馴染他の男儲けた娘を守る事となった事自分の親を殺した相手を親同然に慕っているという共通点が多い。桐生との違いは清美の相手である染谷が彼が敬意を抱く程の愛情を妻子に抱いている事である。

関連タグ

龍が如く6 愛すべき馬鹿 広瀬徹 宇佐美勇太 黄金の精神

神田強…同じく宮迫氏が声優を担当した龍が如くのキャラクター。南雲はいい意味でも悪い意味でも体育会系だが、神田は悪い意味での体育会系であり、南雲から長所を取り除いた様なキャラクターをしている。
田中シンジ 島袋力也…桐生の亡き弟分達。南雲は彼らに勝るとも劣らない活躍をしている。

外部リンク

宮迫(南雲)本人が龍が如く6を実況プレイしてみた…2020年3月28日に宮迫氏のチャンネル『宮迫ですッ!』でアップされた龍が如く6の実況動画。

関連記事

親記事

龍が如く6 いのちのうた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「南雲剛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1690

コメント