ピクシブ百科事典

宇佐美勇太

うさみゆうた

龍が如く6の登場人物。
目次[非表示]

「あいつはみんなが大事にしてた遥ちゃんをキズモノにしやがった!」

CV:藤原竜也

概要

広瀬一家若衆。当初の桐生やハン・ジュンギ、ビッグ・ロウなどの敵視する人間には向こう見ずに突っかかろうとする好戦的な面もあるが、一方では桐生とのいざこざから野球の試合に遅れそうになった南雲を咎めようとしたり、以前には広島を訪れた遥を守るために彼女に付け狙うルポライターを撃退したりと真面目さや優しさも持ち合わせている。幼馴染の達川に誘われるまま何となくヤクザになり、遥や桐生と出会うまでは夢も持てず広瀬一家のみがまともな居場所だった。戦闘では強力なラッシュを繰り出し、桐生のラッシュを振り払う程の威力を持つ。桐生が広島を訪れた時には南雲に付き合わされる形で度々対峙していたが、いざこざを経て南雲と同様に彼を兄貴と呼ぶようになり、遥の事故の真相を追う桐生と行動を共にする。


※正体(以下、ネタバレ注意!!)

ここから先は龍が如く6に関わる非常に重大なネタバレが含まれています。未プレイの方は閲覧にはご注意ください。














































































実は中国マフィア・祭汪会の総帥であるビッグ・ロウの息子(同時にジミー・ロウの弟)でハルトが自身と遥との間にできた子であること、自身の血筋が原因でハルトが狙われていることが判明し、遥やハルトを守るために祭汪会の本部に火を放ってビッグ・ロウを道連れに死のうとしたところを助けに入った桐生に親子共々助けられる。その後、父親と和解には至らなかったが、自身を取り巻く環境の全てを受け入れ、桐生や広瀬一家の仲間と共にハルトを巡る事件に終止符を打ち、事件後は沖縄に渡ってアサガオで遥やハルトと共に暮らす。

余談

遥の恋人だがその前に父親疑惑あった広瀬一家の元構成員の達川が父親と聞いた際に上記の台詞を吐くのだが、自分も遥と性的関係を持ちながらその事を棚に上げて他人を批判する態度にも批判が多い。しかも真面目な交際ではなく、たった一晩の肉体関係であった点も遥の相手としてふさわしくないという批判が多かった。しかも父親と判明した際、このことを「1回だけだったんスよ!」とのたまう(ある意味若者らしいリアルな発言といえばそうなのだが……)。

1回だけでも遥と性的関係を持ったのなら、自分がハルトの父親なのでは?と疑うのが普通だが、勇太は終盤で事実が明らかにされるまで本当に自分が父親である可能性を考慮していなかった。これが理由で、「遥は複数の男と性的関係を持っていた(少なくとも周囲からはそう思われていた)」という疑惑を持つユーザーまで出ている。
ハルトの父親を明かしたのは舛添だが、話の内容からして可能性が高いに留まり、確定させるまでには至っていないため非常にモヤモヤする。もっとも、可能性が高いだけでハルトを排除するには十分なのだが。

最後に遥と沖縄に帰るが、かなり恵まれているラストである。それでは製作陣の桐生に対する「極道は報われない」という発言に矛盾している。また彼は物語終盤で遥とハルトを彼なりに守る為とはいえ亜細亜街で放火を行っている。極道以前に放火の罪を刑務所で償うことなく沖縄で暮らすラストはどうなのかという指摘もされている。

このようにあまりにも反感を買いやすいキャラクターであるせいで勇太を演じた藤原竜也氏にも批判が飛び火するという風評被害を発生させている。言うまでもないが、藤原氏は役者/声優としての仕事をこなしただけであり、氏を批判するのは筋違いである。


関連タグ

龍が如く6 桐生一馬 澤村遥

巌見恒雄…同じく龍が如く6の登場人物にして同作の黒幕兼ラスボス。勇太同様にキャラクターへの非難が過ぎて、演者までもが批判される羽目になった。

朴美麗尾田純…龍が如くシリーズで勇太同様、完全に桐生達と敵対するわけではないものの、劇中での行いから反感を買っているキャラクター達。

島袋力也…同じく藤原氏が声優を担当した龍が如くのキャラクター。その人物像と悲劇的な最期からファンからの人気も非常に高い。故に同じ藤原ボイスの勇太は頻繁に力也と比較され、尚更に叩かれる要因となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「宇佐美勇太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1131

コメント