ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

─あと何を失えば、大切な人を守れるのか─


概要

2023年11月9日に発売された『龍が如く』シリーズ初のナンバリングの裏側作品。

対応機種はPS4PS5Xbox Series X / SXbox OneWindowsSteam


6』のラストで家族を守るため、表舞台から姿を消した桐生一馬が主人公で、『7』に至るまでの動向から『7』と同時期に起こっていた出来事と『7』の事件を終えた(東城会近江連合の解散と、春日一番との戦闘後)後日談が描かれている。

そして次回作となる『8』の助走的なエピソードでもある。


また、桐生単独主人公の作品は本作で最後と公式で明記されている。


ストーリーのボリュームは『LOST JUDGMENT』のDLC『海藤正治の事件簿』より多く、ナンバリング作品の半分くらいで、本編の想定プレイ時間は10~20時間程度。今までのシリーズにあったサイドストーリーやミニゲームといった街遊びの要素も用意される。

物語の舞台は、シリーズ皆勤賞だった東京神室町は登場せず、代わりに大阪蒼天堀(メインの舞台)と、横浜伊勢佐木異人町(南側のみ)に加え、ラスベガスのようにカジノが立ち並び、闘技場も併設されている謎の巨大コンテナ船「キャッスル」が登場する。


シリーズ恒例の芸能人ゲストとして、本シリーズと同じくヤクザがテーマの人気ドラマ作品シリーズ『日本統一』の主演コンビで知られる俳優の山口祥行本宮泰風に加え、歌手のファーストサマーウイカ、さらにフェイスモデルとしてはシリーズ初の外国人ゲストであるキム・ジェウク、本シリーズの大ファンで知られるYouTuberkson、衣装監修としてファッションバイヤーのMBなどなど、多数の有名人が出演する。


また、春日を始めとした『7』本編のキャラ(※)と、桐生の顔馴染みである渡瀬勝東城会のお三方澤村遥も僅かながら登場する。そして『ジャッジアイズ』シリーズから海藤正治東徹杉浦文也がゲストキャラクターとして登場。


(※春日以外の声有りは天童のみで、声無しは荒川、難波、足立、紗栄子、趙、キム・ヨンス、回想のみは青木)



ストーリー

愛する者を守るため自分の死を偽装し人生を捨てた元極道、桐生一馬。


「浄龍」のコードネームを与えられ、大道寺一派のエージェントとなった桐生は、

任務として横浜港の金塊密輸取引現場へ駆り出される。


それは、大道寺の小遣い稼ぎに過ぎない、ごく簡単な任務のはずだった。

東城会四代目にまでのぼりつめた元・極道ゆえ、

大道寺のエージェントの中でも浮いた存在になっていた桐生は、

周囲にひかえる同僚たちのからのやっかんだ挑発に、半ば捨て鉢に力を振るってしまう。

桐生が人生に感じる空虚は、ますます色濃いものになっていくばかりだった。


そんな中……桐生たちの前に現れたのは謎の一団。

外部の者が誰ひとり知るはずのなかった取引は中止を余儀なくされ、

混乱の最中、奇遇にも謎の一団は桐生一馬の生存を嗅ぎつけてしまったようだった。

そのまま現場から姿を消した彼らを放っておくわけにはいかない。

かくして世を捨てたはずの桐生一馬は、再び裏社会の渦中へ足を踏み入れていくのだった……


(公式サイトより引用)


システム

桐生が一人で戦う話になるため、ジャンルは従来の「アクションアドベンチャー」に戻り、『0』や『』、『ジャッジアイズ』シリーズのようにバトルのスタイル変更も搭載される。また、『6』『極2』のアルティメットヒートモードも健在。

そして、新要素として「アルティメットカウンター」という『LOST JUDGMENT』のモータルアタックと同じく、ボスの必殺技に対する返し技が使用できる。


「応龍」

シリーズお馴染みの「桐生一馬」としての戦闘スタイル。


「エージェント」

本作から新たに追加された「エージェント・浄龍」としての戦闘スタイルで、以下の四つのガジェットを駆使し戦闘を行う。

  • 「蜘蛛」

腕時計に内蔵された極細のワイヤーを射出できるガジェットで、敵を拘束したり巻きつけて振り回すことが可能。

  • 「蛍」

タバコの形をした小型爆弾のガジェットで、PVでは吸ったふりをして後ろ向きに投げ、多数の敵を爆破した。

  • 「蛇」

靴に内蔵されたジェット噴射が可能なガジェット。他のガジェットと組み合わせることで、高速移動しながら攻撃することも可能。

  • 「蜂」

AIによる自立飛行型のドローン。その名の通り、蜂のように次々と敵に纏わりつき、攪乱や行動の妨害が可能。


登場キャラクター

CV:黒田崇矢

物語の主人公。かつて堂島の龍の名で恐れられていた伝説の極道で、元東城会四代目会長。

「尾道の秘密」を巡る抗争に決着を着け、最終的に自らの死を偽装した。その後、昭和のフィクサー大道寺稔の弟子達が寺院を装って活動する秘密組織「大道寺一派」に所属し、戦後100人目のとして修行に励む傍ら、組織のエージェント浄龍として秘密裏に任務を遂行している。


CV:山口祥行

八代目近江連合直参「渡瀬組」若頭。組長の渡瀬勝に忠誠を誓っている。

俳優がモデリングされたキャラクターの一人。


CV:本宮泰風

八代目近江連合直参「渡瀬組」若頭補佐。「渡瀬組の切り札」と呼ばれる武闘派。

俳優がモデリングされたキャラクターの一人。


CV:キム・ジェウク

八代目近江連合直参「鬼仁会」会長で、西谷誉の名を渡世名として受け継いでいる男。

圧倒的なカリスマ性と殺しの腕で若くして近江の大幹部まで上り詰めた実力者。

俳優がモデリングされたキャラクターの一人。


CV:ファーストサマーウイカ

蒼天堀でなんでも屋を営んでいる女性。

「赤目ネットワーク」という、ホームレスたちを用いた独自の情報網を敷いている。

俳優がモデリングされたキャラクターの一人。


CV:東地宏樹

桐生の仕事の管理を担当している大道寺一派の一人。

世捨て人となった桐生にとって唯一といえる外界との接点。


各章

サブタイトル
1臥龍
2城塞都市
3知り過ぎていた男
4笑い男
5名を消した男

評価

評価の高かった本編の『7』同様今作も高い評価を受けており、付き合いの長かった大吾や真島、冴島との再会や、エピローグにてあるサプライズが用意されているなど、『6』では報われなかった桐生に対して救済が与えられており、シリーズで桐生と共に過ごした往年のファンたちにとってのファンサービスのような作品となっている。


また、作中の端々に過去作のオマージュが散りばめられており、『7』本編が「『初代』の原点回帰」を意識しているのに対し、今作は「桐生一馬の集大成」を意識して作られたといえる。


余談

  • 本作は、シリーズ総合監督・横山昌義氏曰く「やはり桐生が『8』に至るまでの経緯を描く必要がある」と、ナンバリング最新作である『8』を製作する過程で誕生し、声の収録も『8』の後に行われた。
  • 本作のクリア後に『8』のスペシャル体験版がアンロックされる。この体験版は、製品版にはない桐生視点でのストーリーが描かれる。
  • また、本作は『8』と地続きの作品のため、いつものナンバリング作品ではラストに「完」と表示されるが、本作では「続」となっている。
  • ゲームセンターに収録されるゲームに『デイトナUSA2』があるが家庭用初移植となる。ただし大人の事情により『セガレーシングクラシック2』名義での収録となっている。
  • なお、本作はクリア後の最高難易度の追加は無く、クリアデータを引き継いでの周回プレイも不可能となっている。
  • 鶴野役の山口氏と獅子堂役の本宮氏は本作では若頭と若頭補佐の関係だが、両者が出演している代表作『日本統一』シリーズでは、逆に山口氏が侠和会若頭補佐・田村悠人、本宮氏が侠和会若頭・氷室蓮司を演じており、性格もほぼ正反対となっている。

関連イラスト

名を消した男龍が如く7外伝 名を消した男 | Joryu and Hanaw


関連動画

ティザートレーラー


ファーストトレーラー


セカンドトレーラー


オープニングムービー


作品の前後

作品製作上の前後

龍が如く維新!極

龍が如く7外伝 名を消した男

龍が如く8


物語時系列上の前後

龍が如く6 命の詩。

JUDGE EYES:死神の遺言

龍が如く7 光と闇の行方 / 龍が如く7外伝 名を消した男

LOSTJUDGMENT:裁かれざる記憶

龍が如く8


関連タグ

龍が如く 龍が如く7 桐生一馬 浄龍 スピンオフ ミッシングリンク


外部リンク

『龍が如く7外伝 名を消した男』公式サイト

関連記事

親記事

龍が如く7 りゅうがごとくせぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67144

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました