2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

杉浦文也

すぎうらふみや

杉浦文也とは、龍が如くスタジオ制作のゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』及び『LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:寺島惇太

神室町で活動する窃盗団の元メンバーで、「ジェスター」のコードネームで呼ばれていた青年。パルクールを得意とし、常人離れした身軽な身のこなしと胆力、加えてカポエイラをおもわせる体術を駆使して警察からの追走を尽く振り切り、加えて明晰な頭脳による咄嗟の判断力にも長け、グループ内ではエースとして羨望されていた。

とある出来事をきっかけに主人公・八神隆之と知り合い、「梶平グループ」と敵対する彼らと共闘関係を結び、自身は「梶平の鼻を明かす」という名目で、八神たちの大目標である「神室町連続殺人事件」の真犯人“モグラ”の捜索に協力する。

ロストジャッジメントでは、九十九誠一と共に、横浜で伊勢佐木異人町で探偵事務所の「横浜九十九課」を設立する。
九十九とは「なんか気が合う」とのことで、主に身体的活動を行う。

DLCのユースドラマ充実パックを購入するとボクシングジムでスパーリングパートナーとして対戦ができる。
リングネームは『ファントム・フィスト』。今まではボクシングとは無縁だったらしい。

人物

オレンジ色の髪が印象的な色白の美青年。
普段は白灰色のフード付きパーカーに黒のジャンパーを着用しており、窃盗などの暗躍時にはコードネームの由来でもある「ジェスター(道化師)」の仮面を付けて素顔を隠して行動する。

一人称は「僕」。
飄々とした言動を用いるイマドキの青年だが、元々は直情的な気性の持ち主であり、それを自覚して普段は感情を抑えているタイプである。

かつては梶平グループでサイバーセキュリティーを担当するシステムエンジニアに就いていたが、裏金に関する資料を見つけた事で横領の濡れ衣を着せられ解雇されてしまう。
その後は復讐も兼ねて窃盗団の一員となっていたが、神室町で起こった連続殺人事件に関わっていく内に八神達と共に行動するようになり、関連人物の調査や尾行、戦闘への参加等多岐に渡るサポートを行う。

関連イラスト

杉浦くん
審判之眼 JUDGE EYES ジャッジアイズ / 杉浦文也



関連タグ

ジャッジアイズ ロストジャッジメント 龍が如く
窃盗犯 探偵
八神隆之 海藤正治 東徹 九十九誠一






















※以下、ジャッジアイズのネタバレ注意






本名は『寺澤文也』で、かつて八神の弁護により無罪となった大久保新平に殺害された(実際は冤罪)恋人・寺澤絵美の弟。八神達に明かしていた名前・経歴はすべて偽りである。

姉を死に追いやったと怨んでいた八神が羽村の事件で法廷に戻った事を知り、彼と大久保の様子を知る目的で彼らに近付いた(八神の様子次第では復讐も視野に入れていた)。それ故、関西共礼会の組員を始めとした梶平グループの関係者の前では仮面を外さないし、の話題で憤りを表す場面も存在する。
3年前に両親と一緒に八神と会っているが、当時の彼は顔が見えない程の長髪で眼鏡と現在とは別人だった(ちなみに引き篭もりニートだった)。八神達と行動を共にして新たな情報を得た事で姉の死の真相に最初に気付く。
終盤に自分が寺澤絵美の実弟であることを明かし、姉を手にかけた真犯人・生野洋司の殺害を試みるが失敗。その後、八神に対して大久保を一度は犯人だと思ったものの、八神が再び事件を追っている事を知って興味が湧いた為に協力したことや真実を知った為に大久保に複雑な気持ちを抱いてる事を明かし、大久保の面会に赴く八神に「姉の墓参りに一緒に行こう」という伝言を託した。
事件解決後は拘置所を訪れ、大久保と面会を果たす。

なお、「寺澤文也」という本名が明らかになった場面以降でも、周りの人物には「杉浦」と呼ばせている。ロストジャッジメントでも同様。

関連記事

親記事

ジャッジアイズ じゃっじあいず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「杉浦文也」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「杉浦文也」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1044522

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました