ピクシブ百科事典

生野洋司

しょうのようじ

ジャッジアイズの登場人物。創薬開発センター研究員。
目次[非表示]

概要

CV:永井誠
先端創薬センターの主任研究員。作中では「アドデック9」と呼ばれる認知症患者の治療のための薬の開発を行っている。
主人公の八神隆之が新谷の死の直前、スマートフォンに「創薬開発センター」への発信履歴が残っていたことから再会。
3年前の創薬開発センターに併設の病院で起きた殺人事件では証言者として法廷に立っていたが証言があいまいな部分もあり、その時容疑者だった人物を八神が無罪にした過去がある。
他の医師や研究者よりも明らかに背が低いのが特徴。

ネタバレ注意

ゲームクリアした後で閲覧することを推奨します。

















前述したように、アドデック9開発の第一人者として研究を続けていた生野。
3年前、先端創薬センターが閉鎖の危機に陥ると、一刻も早くアドデック9を実現しなければ……と慌てる。周囲を振り回していた認知症患者「和久光一」に目をつけ、アドデック9を彼で試そうと考える。この時生野は、実験用マウスで良好な結果が出たことから必ず成功すると過信していた。

深夜、こっそり病室に入りまだ誰にも試していないアドデック9を寝ている和久に注射したが………

認知症から助かるはずの和久は死亡した。
アドデック9は人間に使用すると、猛毒の副作用があり、命を落とすものだった。その事実を和久の死をもって知った生野。
ここで自分が逮捕されれば、創薬センターは閉鎖し、何より長年積み重ねた自身の研究が水の泡となってしまう。
それを恐れた生野は、とりあえず和久の死体をリネン業者のトラックの中に隠してやり過ごした。だがそれは一時しのぎに過ぎず、死体を発見した業者が通報すれば自分が犯人だと特定されるのも時間の問題…と不安になっていた生野だったが、
幸か不幸か……死体を発見した業者「大久保新平」が前科持ち故に疑われるのを恐れて死体を遺棄し、その後逮捕される。

これを受けて生野は、このまま大久保に罪を擦りつけることを考えるが、裁判で当時弁護士だった「八神 隆之」と、大久保の恋人である「寺澤 絵美」によって大久保は無罪となり、目論見は外れてしまう。
このままではマズいと、生野が次に出た行動は……
大久保のアパートに忍び込み、居合わせていた寺澤絵美を滅多刺しにして殺害……大久保が酒に酔って彼女を殺したように見せるため、彼の体内にアルコールを注射したり、凶器に指紋を付けたりなどの偽装工作を施す……そしてアパートを放火するというとんでもない犯行だった。

殺し屋でも何でもない生野が、たった1人で、警察をも出し抜くほどに、こんな犯行ができてしまうとは、気の弱そうな印象とは裏腹に恐ろしい人物である。
こうして生野は自分が罪から逃れるために、落ち度のない女性を惨殺し、無実の大久保を殺人鬼に仕立て上げるという、悪魔的な所業に走ったのだった。


その後、上司であり先端創薬センターの所長「木戸 隆介」に功績を全て与えると言って、彼にアドデック9の発表を行わせ、後から真相を話すことで木戸を自身に協力せざるを得ない状態に追い込む。そして、木戸の人脈を利用し、厚生労働省の事務次官を務める「一ノ瀬 薫」を後ろ盾にして改めてアドデック9の研究を始める。

実験体を調達する必要があるため、松金組の羽村京平「モグラ」と呼ばれる殺し屋などを賄賂で雇って、定期的にヤクザを誘拐させ、生野は次々と実験を繰り返していき、数々の人間を死に追いやっていった。



終盤、一ノ瀬は追い詰められ、モグラは暴走し創薬センター内で大量殺人を行い警官隊に蜂の巣にされる。
その直後、生野はアドデック9が完成したと言い、それを証明しようと自分自身に打ち込むが、猛毒の副作用を取り除くことができなかったため、結果が変わることもなく、自分が実験体に利用した人間達のように激痛に襲われ、目が青く染まって死亡した。




作中で吐き気を催す邪悪(かつ、自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪)か哀しき悪役(見方によっては必要悪と捉える人も存在する可能性すらある)なのか最も判断が難しい人物の一人でもある。


彼は研究のために大勢の無関係の人間を次々と死に至らしめている。なお、実験体には「社会的に悪人とされてるから死んでも心が痛くない」という考えから基本的にヤクザを利用するように提言していた(結局ヤクザ以外の善良な人間も口封じなどの理由で実験体にしたが…)。

かつて、アルツハイマーを患った祖父母2人を介護をしていた母親が過労の末、祖父母が他界した直後に息を引き取った……という自身の悲しい過去を語り、自分自身もアルツハイマーの被害者であり、アルツハイマーに苦しむ人々を救える世の中に変えたいという想いから研究者になったと告げている。

彼が自分の罪を逃れるために2人の人間の命を奪い、無実の大久保に罪を被せた事、アドデック9の実験のために多数の人間を犠牲にした事は決して許されるものではない。だが、彼がアルツハイマーを治したいという想いは本物で、世界を救うために研究を続けていたことは誉めるべき点である。もっとも、八神からは結局保身の為だと非難され「本当に世界を救う気なら他の誰かに研究を引き継ぐことも出来たはず」だと糾弾されているが…。

また、第三者からすれば、下手をすると私怨で彼を殺そうとした被害者家族や個人的な正義感で彼を倒そうとした八神達の方を悪と捉える人々も作品の内外に存在する可能性すらある。
特に物語中盤で八神たちは生野を追跡するために、行く手に立ち塞がった全く無関係で罪の無い一般の研究員達をなぎ倒すという、これまでの龍が如くシリーズの主人公達も超えなかった一線を超えてしまっている。

彼の事を「自分のためならば他の人間の都合も考えない悪人」と捉えるか、あるいは「大きな目的のためには少数の犠牲は仕方がない必要悪」と捉えるかは人それぞれである。いずれにせよ、理由が何であれ多くの他人の人生を踏みにじったことは決して許されるものではない。

正直、せめてアドデック9は成功させて欲しかったものの、それすら叶わず失敗に終わってしまったのは実にやりきれない話である。


関連タグ

ジャッジアイズ
ショウ・タッカー・・・中の人繋がり。彼もまたベクトルは違えど、自身の研究の為に他者の人生(しかも彼の場合自分の肉親)を狂わせてきたマッドサイエンティストといえる。
新世界の神……前述の実験体にヤクザを使う理由が「悪人だから心が痛まない」というものだが、正直「悪人なら殺していい」という考え方は、別作品の新世界の神と変わらない。

関連記事

親記事

ジャッジアイズ じゃっじあいず

兄弟記事

コメント