ピクシブ百科事典

キムタクが如く

きむたくがごとく

SEGA発売のゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』および続編である『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』の通称。
目次[非表示]

概要

SEGA発売のゲームタイトル『JUDGE EYES:死神の遺言』とその続編のユーザーからの通称。本作の主人公である八神隆之を、キムタクこと木村拓哉が演じていることと、龍が如くの制作スタジオが製作し、両作品の世界観が同一のものであることの両点から、このように通称されている。また、別にキムが如くという名称もある。

飽くまでもゲームユーザーからの通称に過ぎないのだが、各種検索エンジンや通販サイトなどでこのワードで検索すると、高確率で本作が候補としてヒットする。

2021年に続編となる『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』が発売された。

内容

ゲームの内容は同社発売の『龍が如く』シリーズのゲームシステムや世界観がベースとなっており、第一作では「神室町」を舞台として、第二作では「異人町」を舞台とするなど、龍が如くシリーズと深く関わっているかのような要素が垣間見られる。

そのほかにも「東城会」「小野ミチオ」など、シリーズでは馴染み深い要素も存在する為、龍が如くの外伝的な立ち位置の作品となっている。

ストーリー的には趣がやや異なっており、「龍が如く」が主にヤクザの抗争を主軸とした裏社会を舞台として、一般人には馴染みのない『暴力』をテーマとした作風であるのに対して、こちらは主にアルツハイマー型認知症いじめ問題といった、より一般人になじみ深い社会問題を扱っているのが特徴。

また、主人公の八神隆之が元弁護士という設定もあり、裁判をはじめとする広い意味での『法律』がテーマとなっている作品でもある。

シリーズ

JUDGE EYES:死神の遺言

LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶


関連タグ

龍が如く

関連記事

親記事

ジャッジアイズ じゃっじあいず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キムタクが如く」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キムタクが如く」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54557

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました