ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:谷原章介
神室署組織犯罪対策課の刑事。常に捜査の陣頭指揮を執り、神室署でも高い検挙率を誇るエリートで人望も厚く、本庁の幹部からも強く信頼されており、その上男前綾部和也曰く「隙が全く無い完璧人間」で、事実彼の汚職も既に見通している。

ネタバレ注意

ゲームクリアした後で閲覧することを推奨します。






















彼こそが今回の一連の事件の犯人である、殺し屋「モグラ」であり、本作品のラスボス

元々黒岩は綾部と同じような立場の情報屋、すなわち警察の情報を外部に横流しする悪徳警官であった。最初は裏の世界との繋がりは無かったようだが、作中の20年程前に悪徳警官であった上司が密告者により飛び降り自殺して居なくなると、その地盤を引き継ぎ、前任者の取引相手であった羽村京平と組むことに。
最初の頃は情報屋らしく、銃の横流しや密告をする程度だったが、どうやら裏の世界で生きる才能があったらしく、どんどん依頼が増えていったことで仕舞いには殺人の依頼すら請け負うようになった。この頃になると羽村もすっかり黒岩には頭が上がらなくなり、後述の卓越した実力から決して裏切ってはいけない相手と恐れられるようになる。
(綾部曰く自殺した上司を密告した同僚の刑事も自殺したらしいが状況から他殺であった可能性があり、羽村と組む前から殺人をしていた可能性が示唆されている)

戦闘能力は警官の範疇を逸脱したもので、二人がかりで挑んだ海藤と東をたやすく叩きのめし、武装した複数人の松金組の組員をたった一人で射殺、仕向けられた刺客や終盤に駆け付けた警官隊も返り討ちにするなど銃の腕前も格闘技術も常人離れしている。
当然、単なる戦闘要員としてだけではなく、殺し屋としても優秀な腕前を持ち、被害者を昏睡状態に陥らせ口を封じた状態にしつつ一定の期間を置いて死に至らしめる傷を負わせることで、警察に計画的な殺人と見破られないように偽装して殺害できるほど暴力に知悉している。

そこで今作の黒幕生野洋司、厚生省の事務次官の一ノ瀬と結託して、アドデック9の人体実験に関係する眼球くり抜き連続殺人事件を引き起こすが、警察官としての立場もあって久米殺しの一件では協力者の羽村を逮捕する。
その後は羽村を無罪にされたことで証拠集めに協力した八神を目障りな存在として目をつけ、初めて相対した際には意趣返しと言わんばかりに三年前の事件を引き合いに皮肉を吐き、その後も連続殺人事件を追い続ける八神の行動を見透かしているかのような、意味深な態度をとっていた。
またこの頃、真相に近付こうとした新谷を手に掛けているが、まだ尻尾は出さずに八神の前ではあくまで警察側の権力者として振る舞っていた。

終盤

モグラに繋がる情報を得るために八神が羽村を追い続け、ついに羽村の身柄を押さえて共礼会たちに引き渡すと、共礼会の殲滅と羽村の口封じを目論み、彼もついに表舞台に登場する。
松金組と共礼会の戦闘が膠着状態になったのを見計らって全身を黒コートに包んで登場し、松金組を蹴散らして羽村を銃撃しようとするも、彼を松金が庇った事で失敗。
松金の命は奪えたが、この件で羽村と完全に決別してしまい、モグラ=黒岩であるということを八神にバラされてしまう。
だが、その直後の事情聴取で八神にモグラである事を問い詰められてもアドデック9の利権で自身が守られている事を理由に彼に対して傲岸不遜な態度で接した。

元々の相棒である羽村を失っても余裕のある態度は崩さず、生野と一ノ瀬の有能な手駒として暗躍を続ける。
だが長い戦いの中で修練を積んできた八神についに直接戦闘で敗北した上、綾部の裁判で追い詰められた一ノ瀬に見限られ、刺客を差し向けられてしまう。
この刺客を返り討ちにした後、なぜか息のかかった警官たちを連れて先端創薬センターに突入しており、センターが八神との決戦の場に。


先端創薬センターでは、堂々と大量殺人をしたり、渡り廊下を爆破するなど常軌を逸した暴走っぷりを見せる。
さらに、八神と対峙した際も、

  • 既に逮捕確実の身でありながら、「生野は殺さない、生野と俺さえいればいい」「アドデック9さえ完成させれば、捕まるどころか感謝される」と無茶苦茶な発言をする
  • 生野と2人で実験を継続すると語りつつ狂ったように笑う
  • 以上のような発言をしているにもかかわらず、最後に生野を殺しにかかる

と支離滅裂な態度であり、一ノ瀬という後ろ盾を失って、完全にタガが外れていることが窺える。

ラスボスとして、八神と激しい死闘を繰り広げ、前述の超人的な戦闘能力を発揮し、2戦目はドーピングで肉体を強化したりなど、ガチで殺しにかかってくる。
しかし、八神に敗北。せめて生野は殺害しようと悪あがきをするも、駆け付けた警官隊の銃撃に蜂の巣にされた。
最期は、アドデック9の副作用に苦しむ生野を見て、死体の眼球が抉られていた意味を悟り息を引き取った。

余談(ネタバレ注意)

龍が如く関連作品のラスボスは『5』のや『6』の等シナリオ面や主人公との因縁の薄さやキャラクターに風格やインパクトが足りないラスボス(笑)が多く、ファンからの評判は芳しくなかった。その批判を受け止めたのか、本作のラスボスである彼は他者を容赦無く殺害する冷酷さと戦闘技術を始めとした実力と劇中で主人公の父親的存在の一人を殺害と因縁の深さも持ち合わせており、ラスボスとしては非常に良質な部類に入る。OPでの扱いや作中でいい意味でも悪い意味でも醜態を見せなかった事も拍車を掛けている。

本作に登場する悪人たちが「アルツハイマーから人々を救う」(生野、森田)「組長の築いた組を守る」(羽村)といった彼らなりの正義を掲げていたり、あるいは「金や名声が欲しい」(一ノ瀬、木戸)と俗物なりの希望を追っていたりする中、黒岩だけはそういった人間味の薄い、殺意と狂気のみに従って暴走するモンスターのような描かれ方をしている。

本作のPVには「あらゆる人の心に潜む“闇”が すべての光を閉ざしてゆく」というフレーズが登場しているが、このあらゆる人の心に潜む“闇”を具現化したのが黒岩という人物なのかもしれない。


関連タグ

ジャッジアイズ 八神隆之 綾部和也 こいつおまわりさんです ラスボス(龍が如く)
錦山彰郷田龍司峯義孝渋澤啓司荒川真斗/青木遼武市半平太:龍が如く関連作品における良質な部類に入るラスボス達。
相馬和樹:次回作に登場する実際の俳優の顔がモデリングされているボスキャラクター。物語を進めてゆくと彼等にはある共通点がある事が分かってくる。


マシュー:同じ俳優が声優として演じた敵役繋がり。ただし、こちらはアニメ映画でのキャラである。

関連記事

親記事

ジャッジアイズ じゃっじあいず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「黒岩満」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「黒岩満」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443233

コメント