ピクシブ百科事典

ハン・ジュンギ

はんじゅんぎ

ハン・ジュンギとは、「龍が如く6 命の詩。」「龍が如く7 光と闇の行方」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「私はヤクザとは違います。 スポーツマンシップにのっとるのが好きなタチでしてね」

「これがジングォン派の最期の花火だぁ!!」

CV:中村悠一

概要

漢字表記は「韓俊基」。
ホストクラブ「スターダスト」の現オーナーにして韓国マフィア「ジングォン派」の当代ボス。正確な年齢は不明だが劇中で20代との言及がある。表稼業でホストをしているだけあって整った容姿をしており、客からは「ハン様」と呼ばれる。
銀に染めた髪が特徴で、青いジャケットと相まって英語圏では「Korean Vergil」と呼ばれることも。

人物像

日本語に堪能で、普段はやや気障ながら紳士然とした振る舞いを崩さない。
勇太を人質に取ろうとした部下を「余計な真似をするな!」と一喝し、自身を打ち負かした桐生の勝利を称えたりと、特に戦いにおいて「スポーツマンシップ」ともとれる公明正大な一面を見せる。
それ故に、礼儀に反したり、筋の通らない言動をとった者に対しては例え部下であろうとも、残忍性、嗜虐性をも感じさせる程の容赦ない制裁を加える事も厭わず、劇中ではスターダストを尋ねてきた桐生達を無碍に追い返した部下に対して、制裁として顔を焼肉の網に押し付けて大火傷を負わせた。

これらの行動からも分かるように、かつて桐生と敵対したジングォン派の頭領でありながら桐生一馬のファンを公言している。
実際「桐生を倒すことで、ジングォン派の古老に過去の遺恨を忘れさせることができる」という趣旨の発言をしており、あくまで本人に恨みはない。様々な思惑に巻き込まれた形ではあるが「組織をまとめるついでに桐生と戦って勝ちたい」というのが一貫しての目的。

経営者としても辣腕をふるい、スターダストの集客を増加させるため地下で過激な接待を行っているが、本人はこの業態を「下品」と言い捨てている。

裸ジャケットスタイルといい、どこかあの人を彷彿とさせるヤツである。

劇中での活躍

亜細亜街の大火事後に巌見恒雄と結託し、巌見グループの資金力を得て神室町の風俗店を手当たり次第に買収。見返りに恒雄の計画の手助けをしてきた。その最中、達川が遥からハルトを奪う場面を見届け、遥が昏睡状態に陥るきっかけとなった自動車事故を目撃する。

本編開始後は達川の情報を求める桐生達の前に現れ、「自分とスターダストのリングで戦い、勝てば情報を教える」と提示する。桐生が見世物になることを拒んだため、代わりを申し出た宇佐美勇太と戦い、彼を一方的に叩きのめす様を見せつけて桐生をリングにおびき出した。戦いには敗れたものの、約束通り達川に関する情報を伝える。

その後はハルトを奪うために桐生と広瀬一家の前に構成員と共に現れ、桐生に事故の真相を明かして対決するも敗北する。敗北後はジングォン派の撤退を告げた上で桐生に尾道の秘密に関する情報を伝えるが、最後は密かに桐生の後をつけていた広瀬に口封じの為に射殺された。

…と思われていたが次作の龍が如く7で韓国系の組織「コミジュル」の参謀として名前、顔、全てが瓜二つの人物が登場する。


【※以下、龍が如く7でのハン・ジュンギに関するネタバレが含まれます】































龍が如く7において


龍が如く7 ハン ジュンギ



「……影とは主のために身も心も同化させ、それを一生貫く覚悟を持って生きること

 そしていつか私の影がまた生まれ……同じ覚悟で生きる……

 つまり……ハン・ジュンギとは永遠の命を持った存在なのです」

概要


龍が如く7に登場するハン・ジュンギは本人ではない。
本来の彼はキム・ヨンスという名前で、ジングォン派の一員であり、ハン・ジュンギの影武者という役割を担っていた人物。

前述したとおりコミジュルの参謀であると同時に、コミジュルを率いる女総統 ソンヒの直属のヒットマンとして行動し、伊勢佐木異人町で密かに造られる偽札を巡る騒動に巻き込まれた春日一番らの前に現れ、時に助力し、時に対峙しながら、少しずつ絆を深めていき、やがて春日の頼れる仲間の一人に加わり、共に異人町を狙い、渦巻く近江連合そのバックについた黒幕の陰謀に立ち向かう。

真実


本来のハン・ジュンギは前作「6」にて広瀬に撃たれた際に確かに死亡しており、その時、ヨンスは「神室町にいるジングォン派の敵対勢力に対して睨みをきかせる」為に神室町に残留していたが、その結果として本来の役割を果たすことが出来なかったと言うことになる。

「6」におけるハン・ジュンギの死とそれに伴うジングォン派壊滅後、敵対組織からの追撃から逃れる為に構成員は散り、ヨンスも在日コミュニティを頼ろうとしたが、マフィアである彼は受け入れられず、通報により警察に連行されるが、その警察はソンヒの指示でコミジュルから送られた偽物だった。

実はコミジュルは本国から送られ、神室町で散ったジングォン派が集まって出来た組織であり、グレーゾーンである異人町だからこそ存在できた組織なのだ。
彼はコミジュルに救出され、命の恩人であり姉と慕うソンヒの為にコミジュルの参謀となる。

影武者で無くなったにも拘らず、彼がハン・ジュンギとして生き続けるのは、ハン・ジュンギを名乗る男が居るという情報を流すことにより、散り散りになってしまった同胞達を自分と同じ様にコミジュルに集め救う為。

その為に彼は過去を完全に捨て、ハン・ジュンギとしてあり続けていた。

人物像


かつて本物のハン・ジュンギから影武者として自らの振る舞いを覚えさせられた事もあって、相手の言動や気持ちに直接反論せず尊重しながら伝え、どんな相手であろうと常に敬語で話すなど、本物が持っていた公明正大且つ紳士的な性格をしっかりと受け継いでいる。
加えて、ヒットマンらしく冷静沈着に物事を見極めて判断し、感情を表に出す事もほとんど無い。
反面、正式に仲間になるまでは春日達の事をやや小馬鹿にした様な慇懃無礼な物言いをしたり、逆に『友人』として打ち解け合ってからは気さくに冗談や軽口を言うなど、良くも悪くも本物以上に人間味の深い一面も覗かせている。

ちなみに、ヨンスに言わせると「本物のハン・ジュンギは話し方やファッションセンスなどが品行方正であり、自分の及ぶところではない」との事で、死して尚も本物に対して深い敬意を示している。

また、意外にもゲーム好きとの事。

バトルスタイル

【龍が如く6】
韓国人キャラだからテコンドーだと思ったら大間違い。こいつ根っからのボクサーなのである。
龍が如くには久瀬を始めボクシング使いの敵は多いが、大抵は蹴りなどパンチ以外の攻撃や、拳銃、ナイフ、鉄パイプなどの凶器も使う(格闘技の試合ではなく、ケンカなんだから当たり前といえば当たり前だが)。
だがハン様は違った。スポーツマンシップに則るのが好き』などと嘯くだけあって、戦闘で繰り出す攻撃は全てパンチ。掴み技ですら後頭部を掴んでパンチ。例外的に最終戦のQTEでは脚への踏みつけ・サミングローブローという危険な攻撃も行うが、言ってしまえばこれらも「ボクシングの反則」の範疇を出ておらず、言うまでもなく例え窮地に陥ろうとも、決して武器に頼るような事もせず、徒手空拳一筋で貫き通す

おまけに彼とは劇中3度戦うが、全て一対一のタイマン勝負で挑んでくるという徹底ぶり。シリーズを通してここまで「ボクシング」そして「正々堂々」に拘泥したキャラも珍しく、却って異彩を放っている。

【龍が如く7】
専用ジョブ:ヒットマン
前作の徒手空拳一筋から一転して、メリケンサックをはめ、蹴り技も使用するようになり、更には刃物、銃器、毒薬、スタンガン等ありとあらゆる手を尽くして戦うスタイルとなっており、見た目も相まって完全に「ヒットマン」である。
バステとデバフを伴なう攻撃技が多いことから、往年のRPGに当てはめてもアサシンやローグのポジションであり、「ヒットマン」の呼称はそのままと言える。

余談

担当声優の中村氏は龍が如く7の仕事を引き受けた際に演じるキャラクターのことは聞かされていなかったため演じるにあたって大きく驚いたらしい。

関連タグ

龍が如く6 龍が如く7 悪のカリスマ

関連記事

親記事

龍が如く6 いのちのうた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハン・ジュンギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 537074

コメント