ピクシブ百科事典

ハン・ジュンギ

はんじゅんぎ

ハン・ジュンギとは、「龍が如く6 命の詩。」に登場するキャラクター。(メイン画像左の人物)
目次[非表示]

「これがジングォン派の最期の花火だぁ!!」

CV:中村悠一

概要

漢字表記は「韓俊基」。
ホストクラブ「スターダスト」の現オーナーにして韓国マフィア「ジングォン派」の当代ボス。正確な年齢は不明だが劇中で20代との言及がある。表稼業でホストをしているだけあって整った容姿をしており、客からは「ハン様」と呼ばれる。
銀に染めた髪が特徴で、青いジャケットと相まって英語圏では「Korean Vergil」と呼ばれることも。

人物像

日本語に堪能で、普段はやや気障ながら紳士然とした振る舞いを崩さない。
勇太を人質に取ろうとした部下を「余計な真似をするな!」と一喝し、自身を打ち負かした桐生の勝利を称えたりと、特に戦いにおいて「スポーツマンシップ」ともとれる公明正大な一面を見せる。
一方、制裁として部下の顔を焼肉の網に押し付けて大火傷を負わせるなど残忍性と嗜虐性も有する。
ただし、劇中でこの制裁を行ったのは、その部下がスターダストを尋ねてきた桐生達を無碍に追い返すという無礼を働いたためである。

これらの行動からも分かるように、かつて桐生と敵対したジングォン派の頭領でありながら桐生一馬のファンを公言している。
実際「桐生を倒すことで、ジングォン派の古老に過去の遺恨を忘れさせることができる」という趣旨の発言をしており、あくまで本人に恨みはない。様々な思惑に巻き込まれた形ではあるが「組織をまとめるついでに桐生と戦って勝ちたい」というのが一貫しての目的。

経営者としても辣腕をふるい、スターダストの集客を増加させるため地下で過激な接待を行っているが、本人はこの業態を「下品」と言い捨てている。

裸ジャケットスタイルといい、どこかあの人を彷彿とさせるヤツである。

劇中での活躍

亜細亜街の大火事後に巌見恒雄と結託し、巌見グループの資金力を得て神室町の風俗店を手当たり次第に買収。見返りに恒雄の計画の手助けをしてきた。その最中、達川が遥からハルトを奪う場面を見届け、遥が昏睡状態に陥るきっかけとなった自動車事故を目撃する。

本編開始後は達川の情報を求める桐生達の前に現れ、「自分とスターダストのリングで戦い、勝てば情報を教える」と提示する。桐生が見世物になることを拒んだため、代わりを申し出た宇佐美勇太と戦い、彼を一方的に叩きのめす様を見せつけて桐生をリングにおびき出した。戦いには敗れたものの、約束通り達川に関する情報を伝える。

その後はハルトを奪うために桐生と広瀬一家の前に構成員と共に現れ、桐生に事故の真相を明かして対決するも敗北する。敗北後はジングォン派の撤退を告げた上で桐生に尾道の秘密に関する情報を伝えるが、最後は密かに桐生の後をつけていた広瀬に口封じの為に射殺された。

バトルスタイル

韓国人キャラだからテコンドーだと思ったら大間違い。こいつ根っからのボクサーなのである。
龍が如くには久瀬を始めボクシング使いの敵は多いが、大抵は蹴りなどパンチ以外の攻撃も使う(ケンカなんだから当たり前といえば当たり前だが)。
だがハン様は違った。スポーツマンシップに則るのが好き』などと嘯くだけあって、戦闘で繰り出す攻撃は全てパンチ。掴み技ですら後頭部を掴んでパンチ。例外的に最終戦のQTEでは脚への踏みつけ・サミングローブローという危険な攻撃も行うが、言ってしまえばこれらも「ボクシングの反則」の範疇を出ていない。
おまけに彼とは劇中3度戦うが、全て徒手空拳にてタイマン勝負を挑んでくるという徹底ぶり。シリーズを通してここまで「ボクシング」に拘泥したキャラも珍しく、却って異彩を放っている。

関連タグ

龍が如く6 悪のカリスマ

関連記事

親記事

龍が如く6 きりゅうかずまでんせつさいしゅうしょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハン・ジュンギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16496

コメント