ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

インチキ宗教団体「ムナンチョヘペトナス教」の2代目教祖で、元金庫番。

教団の案内人(CV:宇垣秀成)曰く「28年前国家権力によって失脚に追い込まれたムナンチョ・鈴木から教祖の座を受け継いだ」とされているが実際は教団を乗っ取ったために正式な教祖にはなっていない。

関係者二人とは打って変わってあからさまな悪人面をしており、お布施で支払った金額を公表して信者達の対抗心を煽り立てたり、インチキ呼ばわりされても「偏見」「我々を疑うのは勝手」だと平然と開き直るなどその顔に違わず悪どい人間性をしており、先代からは「一端のペテン師」と揶揄された。

また、截拳道じみた動きで戦うなど、喧嘩の実力も高い。


劇中での動向

『6』のサブストーリー「教祖様のつぐない」に登場。
ムナンチョ・鈴木が逮捕後に金庫番の立場を悪用し、教団の金を隠して警察をも欺いて教祖の座を奪いとり、広島の尾道仁涯町に逃げ込んで教団を再結成して活動を行う。その中で活動を妨害したムナンチョ・鈴木を反逆者とみなして暴力を振るおうとしたが、ムナンチョ・鈴木について来た桐生一馬にボコられて返り討ちに遭い、病院送りレベルの重症を負う。
その後は痛みに喚きながら信者達に救急車の手配を要請するもお約束と言わんばかりに呼びかけをフルシカトして「回復の儀式」と称した祈祷を行うという先代と全く同じく展開を辿る醜態を晒し、その末路をかつて味わった当人に皮肉られるという無様な末路を辿った。教団壊滅後の動向は不明。

余談

  • 後の作品で赤松と思われるキャラが神室町のどこかに登場する。
  • 赤松の格闘スタイルは『3』から登場しており、闘技場のキャラに流用されている。

関連記事

親記事

龍が如く6 りゅうがごとくしっくす

兄弟記事

コメント