ピクシブ百科事典

「もう“堂島の龍”なんて看板、とっくにカビが生えてんですから」

「イカれちまったんですよ。俺は!!」

cv:小栗旬

概要

東城会直系染谷一家総長で、笠原清美の元夫。「逃げるが勝ち」の如く弱まった相手を一気に潰すことで30代の若さで直系組長にのし上がるなど、現在の東城会でも台頭を見せている。「暴力の復権」を歓迎しており、桐生からは「何をしでかすかわからない」とまで評される。その反面で元妻と娘に対する愛情は深い。桐生に対して上記のように「堂島の龍」の肩書きに「とっくにカビが生えている」と嘯いたり、金や利益のみが人を引き付けるとして背中に刺青も入れず、刺青の重要さを語る桐生を嘲笑し、己の野心を隠さずに不遜な態度を見せる。一方で、桐生を「老害」と侮辱した他の組の幹部をワインボトルで殴打するなど、ある種の尊敬の念を抱いている節も見せている。戦闘では打撃中心の総合格闘技に似たスタイルを用い、テイクダウンからの鉄槌連打を得意とする他、最後の対峙では日本刀を使用する。菅井と共に祭汪会の総帥であるロウと手を組み、大吾を嵌めるために亜細亜街の火事を仕組む。その後は真相を知ろうとする桐生と幾度とない接触や対峙を繰り返していくが、桐生への完全な敵対心を持っていない事もあってロウとの対面に向かう途中で桐生と共闘したり、菅井や陽銘連合会に本格的に目を付けられた桐生に身を隠すように忠告するといった動きも見せるなど奇妙な関係性を築く。その後、清美を人質に取られて「桐生とどちらかが死ねば助ける」という戦いを強いられた際は刀を持ち出し、完全なる殺意を向けて桐生に挑むも死闘の末に敗北する。敗北後は桐生にドスを差し出して自分を殺すように嘆願するが、菅井達からの執拗な脅迫を前に清美を救うために自ら腹部を刺して致命傷を負い、最後は残してきた清美との娘の「ヒロミ」のことを南雲に託して息を引き取った。

関連タグ

龍が如く 龍が如く6 東城会

関連記事

親記事

龍が如く6 いのちのうた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「染谷巧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2233

コメント