ピクシブ百科事典

沢城丈

さわしろじょう

沢城丈とは「龍が如くONLINE」及び「龍が如く7」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

 東城会系荒川組若頭の武闘派極道。義理人情を重んじる荒川真澄とは対照的に、シノギに厳しく、冷酷な性格。春日一番を嫌っている。

経歴(ネタバレ注意)

ONLINE

CV.高橋広樹
 ある時、上部団体である蓮岡組の若頭を殺害してしまう。このことは、春日が沢城の身代わりになったことで事なきを得る。
 その後、「神室町浄化作戦」にて荒川と共に近江連合へ寝返り、組を任される。その後は近江四天王の一人になり、17年後、出所した春日とミレニアムタワー前で再会、余裕で力を見せつけた。その後も組抜けを図ろうとした若衆の安村を春日ごと殺そうとした。決戦当日、神室町にいる近江連合の組員をミレニアムタワーに集結させて春日たちを迎え討ち、四天王やヘリまで用意する周到さを見せる。最上階にある組事務所で、荒川の不在を伝えると共に1人で春日の仲間たちを退け、尚も立ち向かってくる春日の強さに敬意を表して屋上で戦い、激闘の末、敗れた。その後、その場から行方をくらます。

7

CV.堤真一
 7でも同じく荒川真澄と共に近江連合へ寝返り、八代目近江連合若頭補佐 兼 荒川組若頭となる。物語序盤にて、出所してきた春日と再会し、春日の足止めをするために戦うが、敗北する。
 その後、物語後半に再登場。青木遼の命令で春日を殺そうと追い詰めるが失敗する。その後に起こった東城会と近江連合の解散によって、新たに新設された東京近江連合に身を寄せる。またその件で憤った元 東城会の親戚団体らに頭を下げたり、青木からの荒川真澄を殺害しろと命令されたりした。しかし、沢城は荒川真澄殺害だけは断ってしまう。そのことから、青木は沢城を切り捨てるつもりで沢城に、春日と親しくしていた横浜星龍会会長 星野龍平の殺害を命令する。沢城は命令通り、星野を殺害し、駆けつけた春日たちと戦うが、敗北する。
 そして春日たちに、かつて若気の至りで子供ができてしまった際、当時の恋人と共に生まれたばかりの赤ん坊をコインロッカーに遺棄し、その子が荒川の息子と取り違えられたこと、つまり荒川真斗は荒川真澄ではなく自分の息子であり、春日こそが荒川真澄の本当の息子であることを打ち明け、罪を償う決心をする。
 エピローグにて、沢城は終身刑となったことが明かされた。その時獄中の姿が少しだけ見られるのだが息子の死を知った為なのか、本編中とは別人のように草臥れた様であった。

ボスキャラとして

龍が如く7

1戦目

平安樓神室町支店で、会合中の荒川真澄を守っていた。
HPが減るとガラスの欠片を装備したり、カウンターを仕掛けて襲い掛かる。まだチュートリアル中のボスの為難度は甘め。

2戦目

白黒つけようぜ、イチ
横浜星龍会本部にて春日達一行と激突。一番曰く「沢城のカシラは武器を操らせたら最強」「刀は得意中の得意」との事。またステッキ術などというマニアックなものを会得していたことから「どれだけの武術を習得しているのかわからない」とも評された。
序盤は刀を使った範囲攻撃、中盤は杖を使って攻撃してくる。
終盤は杖と刀の二刀流になるのだが、この時から「毎ターンHP1000回復」を行ってくるので、攻撃面を怠っていると泣きを見ることになる。

余談

7の沢城が用いる剣術の流派名は「慚愧流」であるが、「慚愧」という言葉は「自分の言動を恥じ、後悔する」等の意味を持つ。その意を持つ剣術を習得した辺り思うところがあったのだろう。
また、この流派は「龍が如く見参!」に登場しており、主人公である宮本武蔵(桐生一馬之介)も習得することができた。

星龍会本部で用いた刀も過去作とゆかりのある品で、龍が如く維新!に登場した沖田総司の愛刀「菊一文字」と瓜二つ(赤い柄糸と金色の太刀鍔という特徴が一致)である。

関連イラスト

募集中

関連タグ

龍が如く7 荒川真澄 春日一番 青木遼

だいたいこいつのせい:彼が父親としての責務から逃げ、生まれたばかりの息子を遺棄したことが『7』の物語の発端になった。この出来事は息子を消極的に死に追いやろうとした沢城と死に物狂いで息子を救おうとした荒川真澄、そして春日と荒川真斗の境遇の対比を描き出している。この点で言えば荒川真澄と沢城もまたサブタイにある『光と闇』だったのだろう。
なお、沢城自身も息子や多くの人の人生を狂わせた自覚はある模様で、荒川組に入ったり真斗の言いなりになっていたのも彼なりの罪滅ぼしだった。

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

関連記事

親記事

龍が如く7 ひかりとやみのゆくえ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沢城丈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11410

コメント