ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

生涯に渡り懲役が課せられるもの。つまり刑期満了が死ぬまで来ない。「一生刑務所から出られない終身刑とは異なり、具体的な刑期が定められていないだけの刑罰」としばしば誤解されるケースが見受けられるが、それは不定期刑という全く別の刑である。

日本における無期懲役

日本の場合は、よく15年で実質的には出所できると未だに思われているが、現在では刑期を始めてから30年(有期刑の上限)以上で仮釈放の候補の選択と審査がようやく開始される程度のものであり、ざっくりと言えば下記のほぼ無理な条件と、その他の様々な項目を満たした上でその道が開ける。ちなみにここで不許可が出た場合は次の審査は更に10年後となる。

仮出所に至る大体の条件

  1. 受刑態度がよく、罪を十分に反省しており更生への意欲がある
  2. 再犯の恐れがない、社会全体が加害者を許容している
  3. 身元引き取り人がいる
  4. 被害者遺族が加害者を許しているか
  5. 働けるか(50歳から60歳以上過ぎて)

近年では無期懲役囚2000人弱に対して毎年10人に満たない程度の仮釈放数となっている。
恩赦はどうなの?という質問に対しても応えておく。1984年に発生した、夕張保険金殺人事件(こちらは死刑)で加害者が計画的に当てにしていたケースもあったが、時世が完全に移り変わっており失敗に終わった。現在では天皇が崩御されても絶対にないので当てにしない事。

何故こんな記事書いたのかと言うと、無期懲役を宣告される事が現在ではほぼ人生終了という事を簡単な説明で分かって欲しかったためである。塀の中で悟りを開く人間も少ないながらいるだろうが、そのような服役囚は上記の対象となって仮出所している。

例えとして、30歳に判決を下されたとして、審査が始まる30年後頃には親も高齢か死んでいるかで、身元の引き取りなんて親戚も来ないだろうし、事実引き取りを拒否されるケースがほとんどであり、前述した3番目の条件は詰んでいるのである。

更に再審査を受ける羽目になった場合、70歳、80歳になる頃には身内なんて確実にいなくなるだろう。もうその頃にはどのみち再審査すら受ける事も出来ず、塀の中の生活の方がましというまでの状況になっている。

また先述の通り、無期懲役とは一生涯に渡り刑が続くものであり、万が一に仮釈放が許されたとしても死ぬまで保護観察下に置かれ、そこから逃げ出したり何らかの罪を犯して罰金刑以上が確定したりすれば仮釈放は直ちに取り消されて塀の中の暮らしに逆戻りとなってしまう。これらを踏まえた上で、罪を犯すという事がどれだけ厳しいか今一度よく考えてほしい。

マル特無期

マル特無期についても説明しておく。一言で言えば実質、マル特無期=ほぼ終身刑。
更生の望みがなく、裁判の際に検察側から死刑を求刑された場合にこれがつく確率が大きくなる。仮釈放については特別慎重に審査されるため、通常の無期懲役囚と比べても外界に出る可能性はまずない。無期懲役囚のうち400人弱(5分の1近く)がこれに当たると言われている。

関連項目

司法
死刑 終身刑
刑務所 牢屋

外部リンク

法務省ウェブページ 無期刑受刑者の仮釈放の運用状況等について
※ここに掲載されているPDFを見れば上記内容の根拠をおおよそ把握できる。

pixivに投稿された作品 pixivで「無期懲役」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 862

コメント