ピクシブ百科事典

黒澤翼

くろさわつばさ

龍が如く5の登場人物。
目次[非表示]

登場作品


概要

演:奥田瑛二(声・フェイスキャプチャー共に担当)
近江連合七代目会長。組員に姿を見せないが、重病による危篤状態ということになっている。目的のためなら卑怯な手も辞さない男で、龍が如く5のメインストーリー上で起こる全ての事件の黒幕である。

作中における行動

当初は芹沢和彦(ぜりざわ かずひこ)を名乗り福岡にて桐生一馬と接触。この時、自分を大阪府警の人間と偽り、行動の目的を「極道組織を潰すため」としている。その後も各地を渡り、冴島大河など極道界において重要な人物と接触を図り、情報を与えて行動を操っていた。

その目的は極道界を牛耳った後、その全てを息子(東城会組員の相沢聖人)に継がせることだった。これには、地位に固執して親(組長)殺しなど卑劣な手を使ってのし上がった自分には、そうやって手に入れた地位以外に人に誇れるものがない劣等感と、ガンによる余命の短さから来る焦りがあり、息子に継がせるのも、自分が手に入れた「権力」を遺すことで自分が居た証を残そうとしていたからであった。

また、四次団体の末端組員だった頃に相当な屈辱(上から責任を押し付けられ他人の糞尿を食わされたこともあったと言う)を受けており、同時に桐生などカリスマ性を持つ人物を憎悪しているような発言もあったことから、桐生らをターゲットにしたのは才を持つ者への嫉妬もあったことが伺える。

最終的に極道界のカリスマの殺害は失敗に終わり、用意していた策も破れて桐生たちに敗北した。

近江連合のトップに立ち、一度は地位は手にするという夢を叶えた彼だったが、その間に見失ったものは多く、結果として沢山の人間を翻弄することになってしまった彼もまた、自分の「夢」に惑わされた一人だったのである。

コメント