ピクシブ百科事典

目次[非表示]

声優

森川智之

プロフィール

身長185cm
体重85kg
年齢37歳
登場シリーズ5


概要

『龍が如く5』の主人公の一人で、性風俗分野のルポライターとして口に糊をしている元プロ野球選手。服装は茶色の革ジャケットにエンジニアブーツ、白いタンクトップに青いジーンズと質素な身なりをしている。貧乏な割りには筋肉質で立派な体格をしている。ボサボサ頭や無精髭が目立つように容姿に無頓着かつ不潔で、おまけに金銭面にだらしなくやさぐれた印象を与えるが、飾らない人柄であるため錦栄町の人々からは親しまれている。本人曰く「俺は勉強は苦手な馬鹿だが、人の心は読める」と下記の様に錦栄町の人々の正体を知っても彼らが自分に対して真心を持って接してくれたと断言して手の平を返す様な態度を取らなかった(事実、その通りである)。仕事に関してはパソコンを使わずに手書きで原稿を執筆しており、加えて締め切りにルーズがゆえにその筆致は解読困難なほど悪筆になりがちで、出版社から原稿の内容について再確認を受けることもしばしばである。
野球選手としては、神室西高校卒業後に名古屋ワイバーンズにドラフトで下位指名されてプロ入りした経歴を持つ。その後、4年間のファーム生活を経て一軍に初登録され、代打として登板した初打席でホームランを打ち一躍時の人となるかと思われたが、その試合でサインを盗んで野球賭博に関与したという嫌疑をかけられ、プロ野球界からの永久追放処分を受けた事で事実上の引退となった。しかし、引退した現在でもかつて天才と謳われたバッティングセンスは衰えておらず、また優れた視力・動体視力を持ち、毎日欠かさず行っているトレーニング(素振り5000回、腕立て伏せと腹筋を各1000回)も手伝って、現役時代と遜色のない実力を誇る。
自身の暮らす名古屋の繁華街「錦栄町」で仕事を終えたある日、自宅に帰るとマスクとサングラスで正体を隠した謎の男に自身の関わった野球賭博事件の裏を探る依頼を受け、渋りながらも過去の関係者に話を聞くうちに事件は思わぬ方向に進み、東城会と近江連合の確執に巻き込まれていく。その後は心から信頼していた錦栄町の住民こそが自身の敵とも言える「名古屋組」の正体であることが判明し、自身の信じていたもの全てに裏切られたと絶望して錦栄町を出て行こうとするが、金融屋の高杉が自分のホームランボールを拾った観客で、品田自身のことを気にかけていたことを知って思い留まる。
また、黒幕がワイバーンズ時代の恩師である冨士田だったことを知ると東京ギガンツの澤田との邂逅を経た上でかつて高校の同級生だった堂島大吾(前述の謎の男)の協力を得て神室町へ向かう。その後、神室町で桐生を初めとした熱い男達に心を動かされ、大吾や遥のために立ち上がる事を決意し、日本ドームにて遥の射殺を辞めて逃げようとする馬場を冴島からの伝言を伝えるために打ちのめす。決着後は高杉からの「借金の完済証明が出せないから戻ってこい」という一報により錦栄町の住民が本当は心の底から自身が錦栄町に帰ってくることを待っていた真実を知るや否や堪え切れずに涙した

戦闘

元野球選手の為身体能力も高く追放されたあともトレーニングを続けていた事から、「泥臭く戦う」という独特の戦闘スタイルを持ち、拳のみを使ったスイングやベースを踏む時のようなスライディングを使ったり経験者ならではの技を使う。
野球選手時代からの影響で「道具は大切に扱うもの」とし武器をなるべく壊さずに使う事を得意としている為主人公の中では道具の扱いを得意とするが、野球のバットだけは「人を殴るものじゃない」と言い、地面に置いてしまう。
固有の絶技である「俺流 流星タックル」は胴に組み付くタックルの姿勢で敵を持ち上げながら前方に押し込んでいく強力な技で、この後に様々な技に派生させることができるが、敵によっては崩される、振りほどかれるなど欠点もある。

関連タグ

龍が如く 野球 野球選手 元プロ野球選手

関連記事

親記事

龍が如く りゅうがごとく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「品田辰雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 828194

コメント