ピクシブ百科事典

概要

cv:西前忠久
五代目近江連合直参千石組組長で、近江四天王の一人。42歳。傍若無人で派手好きであり一見浅薄な印象を与えるが、その裏では戦略的かつ狡猾に事を進め金銭の力で相手を追い詰める戦法が得意で、「金の千石」や「近江の錬金術師」と恐れられている。また、露骨に下品な言動を繰り返したり、行動がかなり大掛かりかつ派手であるために郷田龍司との仲は良くない。
桐生を殺して近江連合のトップに立つために、神室町に大量の金をばら撒いて戸部達に桐生を襲わせたり、千石組の多くの構成員を神室町で行進させた上で混乱に乗じて東城会を新藤に乗っ取らせる事を画策するが、どれも失敗に終わる。
その後、直接打って出る事を決意し、を拉致して大阪の城に桐生を呼び寄せるも、けしかけた部下達を次々に倒され、逆に追い詰められ、ペットである2頭のを放って桐生と戦わせるも倒されたことで失敗に終わり、尚も往生際悪く逃げようとするも、最後はあまりの卑劣な行動に激怒した郷田龍司に斬り裂かれた上に胴体を刀で貫かれ、そのまま天守閣から蹴り落とされて死亡する。

『極2』では、川村が起こした近江連合傘下の三次団体組長を殺害した件について真島に説明責任を求め、それに乗じて東城会との抗争を密かに企ていたことが判明した。

関連タグ

龍が如く 近江連合 金持ち 成金

堂島宗兵敵対組織元幹部だが、外見と性格が非常に似ている

関連記事

親記事

龍が如く2 りゅうがごとくつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「千石虎之介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 626

コメント