ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

瓦次郎

かわらじろう

ゲーム『龍が如く2』の登場人物。(トップ画像はリメイク前の物を使用)
目次 [非表示]

「刑事をなめるんじゃねぇ」


「こいつの体から 血生臭い匂いがプンプンすんだよ」


CV:寺島進(『極2』ではモデルも兼任)

概要

龍が如く2』に登場する警視庁公安部外事二課の刑事。階級は警部補

通称「鬼瓦」と呼ばれており、また後述の理由により韓国語に精通している。


経歴

かつて捜査一課に所属しており、本編の26年前(1980年)に神室町で起きた韓国マフィア「真拳(ジングォン)派」と東城会直系堂島組との抗争事件を担当した際に、風間新太郎に殺されたボスの妻・鄭秀淵(ジョン・スヨン)とその子供(郷田龍司)を助けて避難させた。


その半年後に龍司を近江連合会長・郷田仁の元へ預け、自身はスヨンと同居し、のちの大阪府警の刑事・狭山薫を授かるが、瓦が香港へ単身赴任中に彼女が真拳派の構成員に殺害されてしまい、その復讐のためや薫の過去を消し去るために、不法入国者達(真拳派の構成員)を手当たり次第に射殺(相手も発砲していたことから、正当防衛で処理される)していく。

これが伊達真が刑事になったばかりの頃に起きたため、彼にとってかなりのトラウマとなっている。


結果として「殺人刑事」と陰口を叩かれるようになった挙句、瓦は一課から外された。


劇中の活躍

神室町のホストクラブ「スターダスト」のオーナー・一輝が、真拳派構成員・康珍羽(ガン・ジンウ)に監禁されるという事件が発生し、一輝と一輝の顔に成形した康が二人並んで見分けがつかなくなった際に、声と嗅覚(本人曰く「血生臭い匂い」)のみで康を偽者だと見抜いた(伊達には「勘で人を撃つのか」と批判された)が、一輝や伊達共々銃で撃たれ、柄本医院にて入院を余儀なくされる。


終盤、警視庁の倉橋渉こと真拳派構成員・池頻敏(ジ・ヨンミン)によって伊達達が人質に取られてしまった際に、薫の義母・狭山民代と共に駆けつける。

実は、倉橋が日本に帰化し警視庁に入った時からずっとマークしており、一課を外されたのも倉橋を監視するために公安へ移動するためだったことが判明する。もし真拳派のことを忘れ真っ当に生きていれば見逃すつもりだったが、組織としての活動を諦めてなかった際には迷わず殺そうと決めていた。しかし、倉橋に薫との親子関係を暴露されたことで動揺し、不意を突かれ倉橋から銃撃され致命傷を負うが、薫と二人で倉橋を射殺した。


最期は薫に、龍司と異父兄妹であること以外の全てを話し、娘に看取られながら息を引き取った。


余談


関連タグ

龍が如く 龍が如く2 警視庁 公安部 刑事

狭山薫 伊達真 郷田龍司 郷田仁 倉橋渉

関連記事

親記事

龍が如く2 りゅうがごとくつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2148

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました