ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

天保15年(1844年)? - 明治25年(1892年)2月28日

経歴編集

大和国高取藩出身。兄に同じく新撰組隊士尾関弥四郎がいる。

文久3年(1863年)頃に前身である壬生浪士組に入隊。旗役として行軍の先頭に任された。(この他にも伍長なども務めた)

同年8月に起こった八月十八日の政変に参加したが、元治元年(1864年)6月の池田屋事件には参加しなかった。

また、近藤勇に反発した永倉新八原田左之助斎藤一島田魁葛山武八郎と共に建白書を提出している。

慶応4年(1868年)鳥羽・伏見の戦いで敗れ、江戸へ帰還し、土方歳三島田魁相馬主計らと箱館まで戦い降伏、その後薬王院に収容された。

明治25年(1892年)2月28日に故郷の奈良県高取町で死去。享年49。


登場作品編集

大河ドラマ新選組!編集

演:熊面鯉

旗持ちを務める隊士。土方から死んでもこの旗(隊旗)を守れと命じられる。池田屋では屯所の守りについたが論功行賞が行われると、屯所の守備についた隊士は対象外という土方の方針により恩賞はもらえなかった。また永倉の建白書の一件では不本意ながらも永倉らと行動を共にして謹慎させられる。(謹慎中、体がなまらないように部屋で筋トレをしている)また、山南敬助の切腹の際、松原忠司河合耆三郎と共に、彼の助命を嘆願した。鳥羽・伏見の戦いでは銃弾を受けてもなお旗を振り続ける気迫を見せ、永倉率いる抜刀突撃でも先陣を切った。後に宇都宮、函館の戦いにも参戦している。『新選組!! 土方歳三 最期の一日』でも島田と共に最期まで隊に残った。


関連タグ編集

新撰組 旗持ち

関連記事

親記事

新撰組 しんせんぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました