2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ファミコマンドー竜

ふぁみこまんどーりゅう

「最強挙士伝説 ファミコマンドー竜」は、1986年にゲーム雑誌・ファミコミックに掲載された漫画である。
目次[非表示]

概要

1986年当時、「スーパーマリオブラザーズ」によって、ファミリーコンピュータ(ファミコン)が爆発的にブームになったことを受けて作られた作品である。

なお、作品タイトルは「ファミコマンドー竜」だが、主人公の名前は「ファミコマンド竜」となっている。おそらく、ロゴの「ー」が「・」と間違われたと思われる。

作者の安田タツ夫は、ファミコンをプレイしたことがなかったが、頼まれた仕事は断らない主義だったため、このような怪作が出来上がった。

この作品が掲載された雑誌・ファミコミックは、わずか3号で廃刊になってしまったことと、発表から30年が経過したことで、現在は非常に入手困難である。

あらすじ

199X年、核戦争によって、人類は滅亡の危機に瀕していた。
暗く長かった地下での生活は、彼らの社会に新しいルールをもたらしていた。
それは、ファミコンゲームの優劣によって決まる、厳しい身分制度だった!
そんな不条理な社会から弱者を解放するため、この男が立ち上がった!

登場人物

ファミコマンド竜
声:神谷明
世紀末にどこからともなく現れた、筋骨隆々の男。
額に傷があり、肩からファミコンの山を提げている。
ファミ魂殺法を武器に、敵と戦う。

マッド・グロス
声:内海賢二
ファミコンで街を支配していた機械の男。しかし、彼は中ボスに過ぎなかった。

(※上記の担当声優は「トリビアの泉」での紹介映像でのキャスト。「その後」も参照のこと)

その後


2004年に、「トリビアの泉」で本作が取り上げられ、ファミコマンド竜役に神谷明、マッド・グロス役に内海賢二、ナレーター千葉繁をキャスティングするなど、元ネタ?の「北斗の拳」風に紹介された。

作者の安田タツ夫がインタビューに答えていたが、安田は、雑誌が1号で廃刊になったと説明していた。

ファミコマンドー竜は、2度とコンティニュー出来なかった。

関連タグ

ファミリーコンピュータ(ファミコン)
北斗の拳 トリビアの泉

関連記事

親記事

ファミリーコンピュータ ふぁみりーこんぴゅーた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3135

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました