ピクシブ百科事典

よゐこのマイクラでサバイバル生活

よいこのまいくらでさばいばるせいかつ

『よゐこのマイクラでサバイバル生活』とは、Youtubeにて動画として配信されているWEB番組。
目次[非表示]

概要

Youtubeの「Nintendo公式チャンネル」にて2017年から配信されている動画シリーズ。略称は「よゐクラ」。

お笑いコンビ・よゐこ(有野晋哉濱口優)の二人が、サンドボックスゲーム『Minecraft(SWITCH版)』をプレイする。お互いマイクラ初心者ということもあり、慣れない操作や世界観に悪戦苦闘しつつも、公式Twitterにて視聴者からのアドバイスを集いながら、マイクラ世界でサバイバル生活を行う。

レトロゲーマーで知られる有野、サバイバル芸人として活躍する濱口、そして(「GCDX」初回からのコンビ間のちょっとしたdisり合いを踏まえれば、ある意味で呉越同舟とも言えなくもない)両者のイメージを踏襲したマイクラという奇跡的なマッチングも然ることながら、二人の時折発するミラクルプレイなども相まって、配信開始から驚異的な人気を博し、1クールの放送終了から早くも第2シーズン(副題:「まだ見ぬ大地を求めて」)の制作が発表された。

2018年4月開始の第3シーズンからはタイトルを一新し、毎回異なるゲームをあらかじめ決められた目標に向かってプレイする「よゐこの○○で○○生活」となった。 リニューアル後の第1弾は『よゐこのドンキーコングでバナナ生活』(ドンキーコング トロピカルフリーズ)。

有野出演の「GCCX」(CSフジテレビ)、濱口出演の「GCDX」(YouTube・Nintendo公式チャンネル)などのゲーム番組を制作するガスコイン・カンパニーが制作を手掛け(ただし、映像中では実質ノンクレジット扱いではある)、スタッフもほぼ踏襲されているため、両番組の話題が出ることも多い。これに関連するかは定かではないが本番組開始以降「GCCX」「GCDX」共にネット配信における新作の更新が滞っている(前者は「ポケットモンスター 赤・緑」の回、後者は「スーパーマリオオデッセイ」の回以降の新作の配信が行われていない)。

配信リスト

※「よゐこの~」の部分は省略。括弧内は配信回数。

  1. 「マイクラでサバイバル生活」(全12回)
  2. 「マイクラでサバイバル生活~まだ見ぬ大地を求めて~」(全13回) - 「Minecraft: Nintendo Switch Edition」(現在はこちらのバージョンは配信終了しており、Switch版「Minecraft」のダウンロード版が同等の扱いとなっている)をプレイする。
  3. 「ドンキーコングでバナナ生活」(全2回)- 改題後初の回。
  4. 「インディーでお宝探し生活」(全4回)- Switch版ニンテンドーeショップで配信されている様々な「インディーゲーム」作品をプレイする。 
  5. 「キノピオでぐるぐる生活」(全3回) - 「進め!キノピオ隊長」をプレイする。
  6. 「マリパで共同生活」(全3回) -「スーパー マリオパーティ」を新井愛瞳とナイトメアのギタリスト・咲人も加わりプレイする。
  7. 「スマブラで大乱闘生活」 - 以下の4回は「Nintendo Live 2018」内でライブ配信されたため、「Nintendo Live 2018」の副題が付与されている。
  8. 「マリオテニスでかけひき生活」
  9. 「スプラトゥーンでヌリヌリ生活」
  10. 「ARMSでのびーる生活」

主な出演者

有野晋哉

よゐこの「パターン入った!」の方(GCCXの課長)。
マイクラでは男性キャラのSteve(スティーブ)を操作。通称「創造神(濱口命名)」。

当初は操作に慣れず苦戦するも、娘の友達(小学六年生)からマイクラの操作方法などを写した手紙をもらい、クラフトの要領を得てからは本領を発揮。放送4回分収録後に設けられる一ヶ月間の「宿題期間」では、起来の凝り性も相まって土地の開拓・建築に没頭し、毎回驚異的な規模で拠点を発展させる。加速レールの使い方を修得してからは、これまでの各施設をつなぐ線路を開設しインフラ整備まで行うようになった。

iPad使用(Twitterのアクセス)に際して老眼鏡をかけることがあるが、その都度濱口から「駄菓子屋のおっさん」「吉田照美」「生島ヒロシ」呼ばわりされている。

濱口優

よゐこの「獲ったど~!!」の方(GCDXのエグゼクティブディレクター)。
マイクラでは女性キャラのAlex(アレックス)を操作。自称「破壊神」。もしくは「掘り師」「マサルリーダー」「ポンジ先輩」など。

サバイバル生活の熟練者として序盤はリーダーシップをとっていたものの、第2回以降は早くも自由行動に傾倒し、マイクラの世界でも変わらぬ破天荒っぷりを発揮する。ゲーム操作は徐々に慣れつつあった有野とは対称的に中々上達せず、第2シーズンに入ってからも梯子の昇り降りを苦手としている。

しかし、土いじり好きが功を奏し、レッドストーンダイヤモンドなどの鉱石の採掘作業に専念。クラフトの素材収集に大きく貢献する。また、ネザーや集落、洋館といった未知の領域にも臆せず先陣をきって踏み込み、行く手を阻むモンスターにも果敢に挑むなど、探索パートでは逞しい存在。ただ、時にはその矛先が罪もない村人にまで及ぶこともある“生まれついての破壊神”。シーズン2第2話では、トンデモない事件を起こした

管理人

事実上の進行役。映像中ではテロップなど文章のみで登場するため、詳細は不明。

武田祐子

ナレーションの人(ただし本編ではノンクレジット。理由は不明)。
フジテレビ所属のフリーアナウンサー(特定の事務所に移籍していないフリーランス)であり、有野とは『ゲームセンターCX』にて「たまゲー」などのサブコーナー枠でたびたび共演している(フジ退社後は不定期)。ときには辛辣でキレのあるコメントを挟みながらおっさん二人の冒険を見守りつつ、視聴者に向けてゲームのシステムや予備知識の解説をしてくれる。

斉藤あかね

「Nintendo Live 2018 東京大会」のメインステージの総合司会(よゐこ出演のコーナーでも進行を担当)を務めたイベントコンパニオン・ナレーター。「Nintendo Live 2018」関連の回のみに出演。

専門用語

  • おっさん2にんじま。

二人がサバイバル生活を送っているワールドの名称。「有野世界観」「ありのーランド シー」などのボツ案を経て命名。おっさん二人(有野と濱口)しかいないことから名付けられたが、後に村人の集落を発見したことで由来が破綻してしまった。

  • 創造神
有野の異名。アイテムの作成や建物の建築といったものづくりに精通することから濱口に命名されるが、実質便利屋のような扱いをされたりする。しかし、短期間のうちにスイッチや畑、加速レールなどのシステムを理解し、拠点の文化レベルを大幅に底上げしたその手腕から純粋な敬称としても用いられる。

  • 破壊神
濱口の異名。「創造神」である有野とは対をなす意味で濱口が自称する。土を掘り、湖を埋め立て、人間・動物・魔物と目につくものにはとりあえず殴りかかる。創造神の建築物には何処かしら穴を開け、人々の暮らす村では畑の作物を貪り、堅牢な森の洋館では無意識に火を放つ…2児の父たる有野をして「あの子と遊ぶな」と釘を差されるタイプのタチの悪い神である。

  • 有野の塔
有野の初めての建築物にして現在でも頻繁に活用される、土ブロックを縦に重ねて作られる塔。「有野タワー」とも。当初、リスポーンや探索などで迷子になった際の目印として有野が建築。以降も、遠方へ探索に出かけて何かしら発見があった際などその都度建築される。地図を軽視する二人にとっては必須の建造物でもある。

第一拠点で建築された第2号は、ちょうど有野がクラフトの要領を得た頃に作られたもので、梯子や松明でより目立つように工夫されており、更に宿題期間後には上から溶岩を流すことで夜間の照明効果が高められた。

  • 宿題期間
他方面でも活動する二人のスケジュールに憂慮し、4回分収録毎に約1ヶ月の猶予が設けられているが、敢えてその時間を利用し、次回の収録まで二人で一台のニンテンドーSWITCHを貸し借りしながらワールドの開拓に務める宿題期間として活用している。地味になりがちな作業風景が省かれる他、プレイヤー二人の1ヶ月間のブランクを防止する役割を果たしている。創造神・有野の見せ場でもある。

  • 新井ちゃん
女性アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」の新井愛瞳(彼女の名前が挙がる際には宣材写真ではなく、SNSにアップされたと思しき彼女の自撮り写真で紹介される)のこと。マイクラ古参プレイヤーであるらしく、公式Twitterでの有野たちの質問にたびたび回答し助言している。濱口曰く、他番組の現場で会った際に物凄い勢いでマイクラの話題を振られ、新井自身の建築物(実家を再現したもの)を説明されたらしい。
その後の「マリパで共同生活」の際に満を持して咲人(彼も大のマイクラ好きで、それが縁で濱口のエアバンドである「禿夢」に楽曲提供をした)と共に「おっさん2人」と共演する事になった。

  • ブランチマイニング
マイクラプレイヤーたちが活用する採掘を効率化するためのテクニック。レア鉱石の探索に行き詰った濱口が視聴者からのアドバイスで初めてこのワードを耳にして以後活用。実際は、掘りこぼしが無いようにBranch(木の枝)のように坑道を分岐させながら掘り進む採掘方法なのだが、濱口流は「両膝を立てた姿勢で操作すること」と捉えられている。

今現在まで特に訂正されることもなく、採掘のたびに今も膝を立てての作業が続けられているが、姿勢を切り替えただけで本当に目当ての鉱石が発見されたりしている。

  • ポンジ先輩
スポンジを駆使して水のトラブルを解決する濱口の異名。前述の行為を濱口が「ポンジ行く」と名付けたことから有野が命名。ちなみに「ポンジ、アレする」とは「スポンジを乾かす」の意。

関連リンク

Nintendo公式チャンネル プレイリスト|Youtube
よゐこのマイクラでサバイバル生活 (@yoiko_minecraft)|Twitter

※ ニコニコ動画にて投稿されているものは無断転載なので注意。

関連タグ

バラエティ番組 ゲーム 実況プレイ動画
任天堂 Youtube Minecraft ゲームセンターCX
よゐこ 有野晋哉 濱口優

pixivに投稿された作品 pixivで「よゐこのマイクラでサバイバル生活」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2431

コメント