ピクシブ百科事典

スーパーゲームボーイ

すーぱーげーむぼーい

ゲームボーイ用ソフトをスーパーファミコンでプレイできる周辺機器
目次[非表示]

概要

1994年発売。
すべてのゲームボーイ用ソフトをスーパーファミコンでプレイ出来る周辺機器。スーパーファミコンと同じライトグレーのボディカラーをしている。
当時の価格は7000円。

ゲームボーイカラーが発売されるまで、当時モノクロが主流だったゲームボーイソフトをカラーでプレイ出来る唯一の手段だった。ただし、新規に開発されたゲームボーイカラーと異なり、完成されたゲームボーイの構造に手を入れられなかったため、カラー表示能力は大きく劣る。具体的には、背景とスプライトを色分けすることもできず、色分けを背景のスクロールに合わせて動かす事もできない。つまり固定表示のゲームでなければ画面全体で同一の4色を使うしかない。最大色数もゲームボーイカラーの56色に対し13色と少ない。

ゲームボーイカラーに対応したソフトが発売される前後から、本機器で利用できる機能に一部制限が入るソフトも現れ始めた(フレームやカラーが変更できないなど)。

ソフトに合わせてフレームを選ぶことが出来るのも醍醐味。挿入するソフトによってはソフト独自のピクチャーフレーム(メイン画像)で遊ぶ事も可能。
また、任天堂特有のお遊び機能や、この周辺機器で隠しコマンドを入力する事でしか発生しない裏技も多数存在する。
ちなみに専用の周辺機器として「SGBコマンダー」が登場した。

また、ソフトによっては(対戦格闘など)スーパーゲームボーイと、ゲームソフトが1つあれば、2人で対戦プレイ可能というソフトも登場した。
(通常はゲームボーイ2台・ソフト2つ・通信ケーブルが必要となる。)

4年後の1998年1月には通信ケーブルを繋げるコネクタが設けられた改良型の「スーパーゲームボーイ2」が発売。こちらはボディカラーがクリアブルーで、値段も5800円まで値下がりした。

2003年3月にはゲームキューブ用周辺機器として後釜となるゲームボーイプレーヤーが発売。スーパーゲームボーイの歴史は幕を閉じた。

余談

実はスーパーゲームボーイはゲームボーイよりもクロック数が早く、音楽がゲームボーイ本体より少し早いか音が少し高く聞こえる。スーパーゲームボーイ2ではクロック数の修正がされゲームボーイ同等となった。
スーパーゲームボーイタイトルでは通信プレイがスーパーゲームボーイで起動するとロックされているものがある。
エミュレータにおいてスーパーゲームボーイで起動した状態を再現するものがあるが、大抵はスーパーファミコンの機能を使った音関連が再現されていない。

スーパーゲームボーイ2同士で通信プレイもできるが、テレビ・スーパーファミコン・スーパーゲームボーイ2をそれぞれ二台用意しないといけないため非常に大掛かりになってしまう。
ゲームボーイプレーヤーとも接続できるので、ある意味スーパーファミコンとゲームキューブが通信できてしまう事となる。

あくまで周辺機器の一環であるためか、他のスーパーファミコンソフトと異なりバッテリーバックアップ機能が搭載されておらず設定は保持されない。


関連タグ

任天堂 スーパーファミコン ゲームボーイ

外部リンク

スーパーゲームボーイ
スーパーゲームボーイ2

関連記事

親記事

スーパーファミコン すーぱーふぁみこん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーゲームボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100926

コメント