ピクシブ百科事典

NintendoPlayStation

にんてんどーぷれいすてーしょん

「スーパーファミコン」の幻の周辺機器。
目次[非表示]

概要

任天堂とソニーが共同開発していた試作機の一つ。SFC用カセットと、スーパーディスクと呼ばれるCD-ROMソフトの両方を扱える互換機になる予定だった。しかし、諸事情(※)で計画が頓挫した事で販売品としては完成しなかった。この時のノウハウからプレイステーションが誕生した。
試作機にはグレーのものと白色のものが存在する。後年発見された後者は幻の「任天堂プレイステーション」として注目されており、実際にスーパーファミコンのソフトが起動できている。この幻のプレイステーションはオークションで競売にかけられ、SCE設立者によって36万ドル(日本円にして約3800万円)で落札された。

互換機である為、SFCのロムカセットはそのまま動くようだがCD-ROMソフト自体は存在しない為CD-ROMドライブは今となってはそれで何かできるワケではないようである。

なお、SFCと接続するタイプのCD-ROMドライブはコンセプトアートや各種雑誌の予想図ぐらいでしか描かれておらず、実際に接続型のプロトタイプが存在したのかは不明。

計画破綻の理由

これは諸説あるが、大きく分けて2種類の背景があるとされている。

CD-ROMドライブの読み込み速度が不十分だった

当時、CD-ROMドライブを採用した家庭用ゲーム機は総じて読み込み速度が遅く、任天堂はこれを問題視していた。その読み込み時間への拘りはニンテンドウ64が90年代後半に登場したゲーム機としてはほぼ唯一カセット採用機であることからも伺える。

スーパーディスクソフトの権利関係に問題があった

当時、CD-ROMを採用した家庭用ゲーム機は前述のロード時間の長さに加え、価格面の不利が足かせとなり普及しているとはいいがたい状態であった。このため、任天堂はCD-ROM(スーパーディスク)のライセンスやロイヤリティを重視しておらず、かなりソニー有利な契約内容(ライセンスはソニーが管理)だったとされている。しかし、アメリカ合衆国におけるCD-ROM市場の動向から、将来的に任天堂の首を絞めかねないとして、米国法人から契約破棄を持ち掛けられたとされている。

また、CD-ROMのコピー問題も恐らくは視野に入っていた可能性もある。この当時はまだ民生用のCD-R並びにCD-Rドライブは普及していなかったが、CD-ROMを扱う同世代のゲーム機のソフトにはプロテクトが存在していなかった。後にCD-Rが普及した頃にソニーのプレイステーションやセガのセガサターンではコピー問題がプロテクトを施しているにも関わらずメーカーを悩ます問題になっていた。

推測

当時の任天堂の山内溥社長が、CD-ROMに対して否定的なコメントを言って、任天堂はこのCD-ROMアダプタとの合体計画を中止したため、ソニーは独自のゲーム機開発に取り掛かったとか。
ただし、任天堂はソニーとの契約を破棄した当初、フィリップスとCD-ROM互換機を共同開発すると発表していた。(こちらも結局頓挫している)

関連タグ

CD-ROM

関連記事

親記事

スーパーファミコン すーぱーふぁみこん

兄弟記事

コメント