ピクシブ百科事典

マイティボンジャック

まいてぃぼんじゃっく

テクモが1986年に販売したファミコンゲーム
目次[非表示]

概要

元祖はテクモ(現・コーエーテクモゲームス)がまだテーカン(帝国管財株式会社)であった1984年に販売した業務用アクションゲームボンジャック』で、当ゲームはその続編にあたるテクモのファミリーコンピュータ参入第一弾ソフトである。
主人公キャラの姿はどことなくパーマンに似ている。

操作の基本は業務用版と同じく、コントローラーを上側に入力すれば高くジャンプし、ジャンプした後にコントローラーを上側に入力することによりゆっくりと降下し、逆に下側に入力すれば早く降下するのが特徴。ステージは基本的に横スクロールアクションであるが、ステージ最後の「王家の間」に入ると業務用と同じく一画面ゲームとなり、ルールも同じく爆弾を全て取るとステージクリアとなる。

基本は敵に触れてはならず、また敵の出現箇所が唯一ある足場の上であったり、王家の門の間近であるなど非常にいやらしく難易度は高い。
また、ゲームオーバーになると、プレイ内容に伴った「ゲーム偏差値(GDV {Game Deviation Value})」が表示される。

バーチャルコンソール版が2007年Wii用として、2012年ニンテンドー3DS用として、2014年WiiU用としてそれぞれ配信されている。

余談

製作スタッフの一部は後にNMKに移籍し、この飛行感覚・浮遊感覚を受け継いだアーケードゲーム『サイキック5』、及びそれをファミコン用にアレンジした『エスパ冒険隊』を開発している(共に1987年ジャレコが販売)。
また、マイティボンジャックの続編にあたるアーケードゲーム『ボンジャックツイン』も、1992年にNMKから開発・販売している。

関連タグ

テクモ ファミリーコンピュータ ファミコン

スーパースターフォース:ボンジャック自身は出てこないが、作品を知っているとニヤリとする小ネタが存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「マイティボンジャック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247

コメント